千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2021年04月27日

KAZU その弐

mykita-s.jpg

久々にMYKITAの紹介です。
今回紹介するのはMYKITAの中でもベストセラーの呼び声高いKAZUOというモデルがあったのですが、KAZUOは何度かLimited Editionとかいう形で復活を遂げていたのですが、今回はKAZUという名前で戻ってきました。
勿論戻ってきたと言っても継続的に販売されるわけではなく、決まった数を作っておしまいという感じです。

kazu-6.jpg

KAZU サイズ 54□17-140 カラー 078 Shiny Silver/Terra ¥59,400(税込)

kazu-5.jpg

今回のKAZUはKAZUOでもレギュラーカラーとしてあったテラとシャイニーシルバーです。
前回はオフホワイトでかなり派手だったのですが、今回のカラーはその反対ですね。

kazu-7.jpg

テンプルは5mm厚と細いタイプで、長さは140mmです。

kazu-8.jpg

普段使いしやすいカラーのKAZUもいいですね。

kazu-9.1.jpg
kazu-9.2.jpg
kazu-9.3.jpg
kazu-9.4.jpg

まぁ間違いないカラーとデザインですね。
眼鏡を一本しか使わないと決めている方でしたら、こういう無難なカラーで毎日使っていただくのもイイと思います。
毎日同じ靴で同じカバンを使うという人もいらっしゃれば、洋服に合わせて靴やカバンを変えて楽しんでいる人もいらっしゃいます。
意外にそういう人でも眼鏡は同じ眼鏡を掛けているということもありますが、眼鏡こそ顔の中心で一番目立つアイテムですから、色々なカラーや形を試していただくのが眼鏡屋としては嬉しいなと思います。
まぁ今回紹介しているカラーは一本で済ませる人用のカラーっぽいですけどね…。
次回もKAZUの別カラーを紹介する予定です。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 09:47| MYKITA

2021年04月25日

KAZU その壱

mykita-s.jpg

久々にMYKITAの紹介です。
今回紹介するのはMYKITAの中でもベストセラーの呼び声高いKAZUOというモデルがあったのですが、KAZUOは何度かLimited Editionとかいう形で復活を遂げていたのですが、今回はKAZUという名前で戻ってきました。
勿論戻ってきたと言っても継続的に販売されるわけではなく、決まった数を作っておしまいという感じです。

kazu-2.jpg

KAZU サイズ 54□17-140 カラー 054 Shiny Silver/Off White ¥59,400(税込)

kazu-1.jpg

今回のKAZUは派手にオフホワイトカラーで戻ってきましたね。
白いフレームって少なからず需要はあって、何か掛けてみたくなるんですよね。
KAZUみたいに洗練されたモデルならこういうカラーもサラッと掛けられそうなので挑戦してみてほしいです。

kazu-3.jpg

テンプルは5mm厚と細いタイプで、長さは140mmです。

kazu-4.jpg

艶のないオフホワイトカラーは最近のMYKITAでは全く見ない珍しいカラーです。

kazu-5.1.jpg
kazu-5.2.jpg
kazu-7.1.jpg
kazu-8.1.jpg

いかがでしょうか?思ったよりもサラッと戸塚君も掛けこなしていますね。
女性の方にも是非お勧めです。
KAZUはKAZUOと同じようにフロントの下半分はShiny Silverになっているのですが、上が白だと分かり難いかもしれませんね。
あまり見ない白いフレームをお探しの方にも是非お勧めです。
次回もKAZUの別カラーを紹介する予定です。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:50| MYKITA

2021年04月23日

八雲

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。

yakumo-2.jpg

八雲 サイズ 55□18-145 カラー C.2(ブラック×サイケ柄/メタル:シルバー) ¥20,900(税込)

yakumo-1.jpg

MonkeyFlipが得意とする「ボリューム感」・「重量感」を贅沢に詰め込んだ「これぞまさに!」と思えるモデルです。
八雲は「ゴツさ」「イカツさ」を兼ね備えた唯一無二のビッグフレームです。
またフロントに打ち込まれたピンが程良く引き締まった印象も与えてくれます。

yakumo-3.jpg

テンプルもドドーンと極太です。

yakumo-4.jpg

内側を見るととんでもなく毒々しいようなサイケ柄です。
こんな蛙いますよね。

yakumo-5.jpg
yakumo-6.jpg

テンプル内側も同じようにサイケ柄です。

yakumo-7.jpg

前回の蒼龍と同じように穴が空いております。
ツンと立った角がいいですね。

yakumo-8.jpg
yakumo-9.jpg

MonkeyFlipらしさ全開の八雲です。
なおモデルの名前は、戦艦(正確には「八雲」は装甲巡洋艦)から拝借した(これまでボリュームのあるデザインは戦闘機から名前を拝借していたが、ついに限界が来たので、今回から海に力を借りることにしたとのことです)。
存在感抜群の八雲はMonkeyFlipらしさ全開のボリューム満点モデルです。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:18| MonkeyFlip

2021年04月21日

蒼龍

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。

souryu-2.jpg

蒼龍 サイズ 55□18-145 カラー C.4(ブラック×マーブルブルー/メタル:シルバー) ¥20,900(税込)

souryu-1.jpg

MonkeyFlipが得意とする「ボリューム感」・「重量感」を贅沢に詰め込んだ「これぞまさに!」と思えるモデルです。
蒼龍はすっきりとしたスクエアタイプながらも、肉厚で幅の広い生地を使用する事でより印象深い一本になっています。
またフロントに打ち込まれたピンが程良く引き締まった印象も与えてくれます。

souryu-3.jpg

テンプルは左テンプルと右テンプルのカラーが違います。
左テンプルはブラック、マーブルブルー、ゴールドが混ざった面白いカラーです。

souryu-4.jpg
souryu-5.jpg

右テンプルはシンプルにブラックで、左テンプルは内側も混ざったカラーです。

souryu-6.jpg

とても厚みのあるフロントに穴が空いているのですが、穴が空いていることによって生地の厚みがより伝わりますね。

souryu-7.jpg
souryu-8.jpg
souryu-9.jpg

MonkeyFlipらしさ全開の蒼龍です。
なおモデルの名前は、戦艦(正確には「蒼龍」は航空母艦)から拝借した(これまでボリュームのあるデザインは戦闘機から名前を拝借していたが、ついに限界が来たので、今回から海に力を借りることにしたとのことです)。
次回は装甲巡洋艦「八雲」を紹介する予定です。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 09:51| MonkeyFlip

2021年04月20日

STROVO

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。
今回紹介するモデルはMonkeyFlip Screechという2019年よりスタートさせたコンセプトブランドのモデルです。
「Screech=ケタタマシイ」をテーマに掲げ、トレンドを取り入れながらも決して落ち着くことのないフレームデザイン。それぞれのフレームごとに明確なコンセプトがあり、コレクションに比べポップなデザインも多くMonkeyFlipの入門編としてもオススメです

strovo-2.jpg

STROVO サイズ 52□20-145 カラー c.1 black/yellow line ¥16,500(税込)

strovo-1.jpg

テンプルとフロントエンドに特殊な蓄光塗料を採用し、世界的にも希有な暗闇で光るアイウェアが誕生しました。
シャープな印象のスクエアフロントと流れるようなテンプルが特徴的なモデル「ストロボ」。
シンプルなフォルムですが、遊びの効いたカラーリングや、少し角を立たせた面で、バランス良く仕上がっております。

strovo-3.jpg

色の付いているパーツが暗闇だと蓄光されていると光るという訳です。

P9272186-1024x768.jpg

こんな感じになるということです。

strovo-4.jpg
strovo-5.jpg

カッチリとしたデザインで掛けやすいですね。
これがブラックライトで照らされるとボワンと妖しく光るわけです。
STROVOはなるべくオーソドックスなシルエットにして、未来のオタクがかけていそうな感じに仕立ているとのことなのですが、まさにその通りの眼鏡って感じです。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 09:51| MonkeyFlip

2021年04月19日

ホルス

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。
今回紹介するモデルはMonkeyFlip Screechという2019年よりスタートさせたコンセプトブランドのモデルです。
「Screech=ケタタマシイ」をテーマに掲げ、トレンドを取り入れながらも決して落ち着くことのないフレームデザイン。それぞれのフレームごとに明確なコンセプトがあり、コレクションに比べポップなデザインも多くMonkeyFlipの入門編としてもオススメです

horus-2.jpg

ホルス サイズ 53□17-145 カラー C.4(クリアパープル × メタルブラック) ¥16,500(税込)

horus-1.jpg

エジプト神話における天空の神「ホルス」。
フロントはシンプルなスクエアタイプのながらも「エッジ」を効かせ、
両テンプルにはホルスの「目」「翼」「爪」をイメージして細部にデザインをちりばめられています。
一見するとシンプルなデザインの印象ですが、ところどころに垣間見える「MonkeyFlipらしさ」が魅力的な一本です。

horus-3.jpg

綺麗な生地ですね。
テンプルはわかり難いですが、段落ちで翼をイメージしており、先セルには爪のデザインを模ったメタルパーツを埋め込まれています。

horus-4.jpg

両テンプルにホルスの「目」がレーザープリントされております。

horus-5.jpg
horus-6.jpg
horus-7.jpg
horus-8.jpg

美しく削がれた感じのデザインが綺麗なホルスです。
カラーも綺麗なので、女性の方に是非掛けていただきたいモデルですね。
ホルスは隼の頭を持つ人間として表現されるエジプト神話における天空の神様のようですが、大ホルス、小ホルスと何やら1つじゃないみたいですね。
詳しく調べてみたいのですが、最近色々と忙しいので個人的にいつか調べてみたいと思います。
詳しい人にサラッと教えてもらえると一番いいかなとも思っています。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 12:55| MonkeyFlip

2021年04月18日

偃月(えんげつ)

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。
今回紹介するモデルはMonkeyFlip Screechという2019年よりスタートさせたコンセプトブランドのモデルです。
「Screech=ケタタマシイ」をテーマに掲げ、トレンドを取り入れながらも決して落ち着くことのないフレームデザイン。それぞれのフレームごとに明確なコンセプトがあり、コレクションに比べポップなデザインも多くMonkeyFlipの入門編としてもオススメです

engetsu-2.jpg

偃月(えんげつ) サイズ 53□19-142 カラー C.5 品緑 ブルーグリーンデミ ¥16,500(税込)

engetsu-1.jpg

中華刀剣の一種、偃月刀という刀身が大きく三日月に見立てた大刀をイメージしたモデルです。
フロントは広めのスクエアラインで、絶妙なサイズ感がかける方を選ばない万能デザイン。
それと反比例するように刀身に見立てたテンプルが掛けた時のインパクトを十二分に発揮してくれます。
テンプルの2段落ちで作られた模様や、刀による切り合った際の傷をイメージしたフロントの段落ちなど細かなデザインが目を惹きます。

engetsu-3.jpg

何といってもこのボリューム感と躍動感のあるテンプル!


engetsu-4.jpg

これだけ尖ったテンプルはなかなかお目にかかれないですね。
先端恐怖症の人には少し嫌な印象を持たれるかもしれませんね。

engetsu-5.jpg
engetsu-6.jpg
engetsu-7.jpg
engetsu-8.jpg

このデザインにこの色を合わせるとこんな感じになりますよね。
インパクトは絶大で遊び心満載なモデルです。
唯一無二という存在感抜群の偃月の紹介でした。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 09:47| MonkeyFlip

2021年04月17日

BERその弐

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。

ber-6.jpg

BER サイズ 54□17-145 カラー BLACK(錆・黒) ¥20,900(税込)

ber-5.jpg

BER(ベロ)はMonkeyFlipらしいウエリントン型です。
どなたにでも馴染みやすいフォルムながら顔の印象を深くするデザインです。

ber-7.jpg

やや太目にデザインされたテンプルです。

ber-8.jpg

立体型のドローイングという技術が可能にしたこの錆。
実際の錆をそのままデザインとして取り込んでいるので、触ってみると錆の凹凸を感じられます。
実際に錆びてたら問題ですがデザインですのでご安心を。

ber-9.1.jpg
ber-10.1.jpg

アシンメトリーはMonkeyFlipではこれまでも良くみられるデザインですが、今回のBER(ベロ)は錆とクリアよりも錆とBlackの方がインパクトは弱めになりますね。
でもそれでも十分インパクトあるデザインですから、こういうインパクトのある眼鏡をお探しの人には是非!!という感じです。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 14:31| MonkeyFlip

2021年04月16日

BERその壱

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。

ber-2.jpg

BER サイズ 54□17-145 カラー CLEAR(錆・黒) ¥20,900(税込)

ber-1.jpg

BER(ベロ)はMonkeyFlipらしいウエリントン型です。
どなたにでも馴染みやすいフォルムながら顔の印象を深くするデザインです。

ber-3.jpg

テンプルは芯がゴールドで綺麗に見えるのは透明ならではですね。

ber-4.jpg

立体型のドローイングという技術が可能にしたこの錆。
実際の錆をそのままデザインとして取り込んでいるので、触ってみると錆の凹凸を感じられます。
実際に錆びてたら問題ですがデザインですのでご安心を。

ber-5.1.jpg
ber-6.1.jpg

アシンメトリーはMonkeyFlipではこれまでも良くみられるデザインですが、今回のBER(ベロ)は錆とクリアの対比もあり、かなりのインパクトがありますね。
モデル名のBER(ベロ)は…そう、あの妖怪人間のチビッ子の名前ですね。
前回まで紹介していたバビル2世とは違い、妖怪人間ベムは私もかなり見たことがあります。
あのオープニングと主題歌は子供の私には衝撃的だったのか、歌の途中に「早く人間になりたい!」と言うセリフ、あの♪ズンチャ♪ズンチャ♪と軽快な音楽が懐かしいです。
ベムは青い髪で白目が黄色く一瞬肝臓の悪い小学生っぽくは見えるんですが、やはり人間の子供とは思うように仲良しにはなれません。
とても可哀そうに思えるんですが、何か気味悪がって去って行く子供に対して「おいら怪しいもんじゃないんだ!」と手を伸ばして引き留めようとするんですが、その爪は鋭く指の本数は完全に3本!!子供心にもそりゃ無理でしょって思ってました。
今のご時世では色々な団体からクレームがあって地上波で最終回まで放送できなそうではありますが、まぁいい時代でした。
妖怪人間ベムはメッセージ性も強く、人間の差別意識や傲慢さのようなものを考えさせられるアニメであったことは間違いないので、こういうアニメは今の子供達にも是非見て色々なことを感じてもらえればいいのになと思います。
数年前に実写化してましたが、あえて注文を付けるのであればベラ役の杏さんも良かったのですが、イメージとしては小池栄子さんがドンピシャだったなぁと言うことです。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:15| MonkeyFlip

2021年04月14日

Pdn

monkeyflip.jpg

MonkeyFlipの在庫が枯渇してきたので色々なモデルを含めてドサッと注文していたのが届いたのでご紹介させていただきます。

pdn-2.jpg

Pdn-ポセイドン- サイズ 55□18-145 カラー C11 ブラック / スタッズ:SILVER ¥20,900(税込)

pdn-1.jpg

あの・・・【巨大なロボット】らしくメタルパーツを取り付け機械的なイメージになっております。
スッキリとした生地厚ながらも、メタルパーツが重厚感を醸し出す一本に仕上げられております。

pdn-3.jpg

テンプルはシンプルですが、フロントはハードですね。

pdn-4.jpg

スタッズは巨大ロボットをイメージして付けられているのですが、バビル2世のロボットであるポセイドンは割とツルっとしていてスタッズは見当たらないんですよね。
でもロボットといえば鉄人28号。
28号にはスタッズがビシッと付いているので、巨大ロボット=スタッズというのは全く違和感ありません。
むしろスタッズが仏像の螺髪(らほつ)に見えなくもないです。

pdn-5.jpg

こっちのスタッズはメタルバンドみたいでこれまたイイですね。

pdn-6.jpg
pdn-7.jpg

♪ポセ〜イドンはぁ海をゆけぇロデム変身っ地ぃをかぁけ〜ろぉ〜〜♪
と主題歌でもポセイドン出てきますが、バビル2世には3つのしもべがいます。
怪鳥型ロボットのロプロスと巨人ロボットのポセイドン、そして変身能力のある黒豹ロデムです。
ですから本当はロプロスというモデルとロデムというモデルもあり、更には敵であるヨミというモデルもあったのですが、色々仕入れの事情から私が勝手にバビルとポセイドンを選んで入荷となった次第です。
バビル2世を知らない人にも螺髪が好きな人にもヘビーメタルが好きな人にもお勧めのPdn-ポセイドン-の紹介でした。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:10| MonkeyFlip