千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2018年06月18日

ヤンヤンとロッタンと那須川天心選手

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
前回に引き続き非常に日本人好みのデザインなので人気が出そうなyoung yangの紹介です。

young_yang-7.jpg

young yang サイズ 52□15-145 カラー gun metal ¥46,000(税抜)

young_yang-5.jpg

ヤンヤンというパンダみたいな名前の付いたモデルですが、非常にカッコいいです。
曲線の中にも所々エッジが効いており、いい塩梅のシャープさがありスッキリ見えます。

young_yang-8.jpg

テンプルはすっきり細めの6mm幅のタイプです。

young_yang-9.jpg
young_yang-10.jpg
young_yang-11.jpg
young_yang-12.jpg

男女問わずに掛けられますし、遠近両用もちゃんと納まる天地幅もあります。
カラーはガンメタなので少しギラギラしてこれまたカッコいいです。

さて、ヤンヤンという名前の割にカッコいいつながりで頭に浮かんだのですが、昨日可愛い名前のムエタイ選手が試合をしました。
名前はロッタン。
ロッタンなんて聞くと可愛らしいキャラを想像しがちですが、ムエタイファン、キックボクシングファンは可愛いとは真逆のそれはそれは恐ろしい化け物を想像します。
私も昨日Gyaoで無料配信されていたキックボクシングイベントRISE125を観てそう思った一人です。
ロッタン…恐ろしいほど強いし怖いんです。
殴られても膝を入れられても全然効いてる素振りを見せずに挑発しながらグイグイ前に出てきてミドルキックとパンチをバシバシ打ってくるんです。
普通の選手のパンチをカウンターで受けても効きそうなのに、そのパンチを繰り出している対戦相手は神童と呼ばれるプロデビュー以来31戦無敗の那須川天心選手なのです。
那須川天心選手は私が好きな総合格闘技の試合にも挑戦する、今最も客を呼べ、熱狂させることが出来る選手だと思います。
今までもとんでもない強敵相手に立ち向かい、ボクシングで井岡一翔を倒した選手をパンチでKOしたり、漫画の様なありえない大技で一撃KOしたりとただ負けてないだけでも凄いんですが、勝ち方も勝っている相手も凄い選手で、まぁ本当に神童なんです。
その那須川天心選手相手にグイグイ来るロッタン選手、カウンターでKO級のパンチが何発も入っているのに全然効いてないように前に前にと詰めて来るあの恐怖…ロッタン可愛いのは名前だけで本当に恐怖のロッタンでした。
そのロッタン相手に那須川天心選手も3Rで生命線の左手を負傷しながらも5R戦って判定でドロー、延長で的確にロッタンを捉えたことが決め手になったのか3-0で勝ちました。
那須川天心選手本人も試合後のインタビューで「試合に勝って勝負に負けた」というように壮絶な試合でした。

那須川天心選手は私の地元千葉県松戸市出身で、現在も松戸市内のジムで練習しています。
一昨年の年末に那須川選手が総合格闘技に挑戦することになり、同じ松戸市で総合格闘技のジムを開いている縁で、パラエストラ松戸という息子が通うブラジリアン柔術の道場へ練習に来ていて、私も借りている駐車場からマンションまでの通り道ということもあり、毎週のように那須川選手が練習している姿を横目で見たりしてました。
そして先月道場に別の用事がありお邪魔したのですが、丁度その日那須川選手も練習後で道場に居て、息子がお世話になっているパラエストラ松戸の鶴屋代表が「天心のサイン欲しくないですか?」と聞いて下さり、総合の練習用グローブに那須川選手を呼んでサインしていただき、それを頂いて写真も撮ってもらいました。
鶴屋代表ありがとうございます!!
那須川選手は小柄な私より少し大きいかな?くらいですが、ポケモンで言えばミューツーとニャースぐらいの差があり、戦ったら絶対に瞬殺されます。
次の週にもう一度道場にお邪魔した際、「写真をお店のブログに載せても大丈夫ですか?」という許可を得ようと座っている那須川選手に近づいて話しかけた際にも、わざわざ立って挨拶して下さり、写真の件も笑顔で快諾していただき、とても礼儀正しい方でした。
これからも強敵相手にKOの山を築き上げる姿を応援し続けたいと思います。
那須川選手ありがとうございました!そして昨日の勝利おめでとうございました!!
01237ee661ce908c8c43e734f14f0154d368b508ed.jpg
posted by オリオンマン at 13:55| ic!berlin

2018年06月17日

young yang

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
非常に日本人好みのデザインなので人気が出そうです。

young_yang-3.jpg

young yang サイズ 52□15-145 カラー aubergine ¥46,000(税抜)

young_yang-1.jpg

ヤンヤンというパンダみたいな名前の付いたモデルですが、非常にカッコいいです。
曲線の中にも所々エッジが効いており、いい塩梅のシャープさがありスッキリ見えます。

young_yang-4.jpg

テンプルはすっきり細めの6mm幅のタイプです。

young_yang-5.1.jpg
young_yang-6.1.jpg
young_yang-7.1.jpg
young_yang-8.1.jpg

男女問わずに掛けられますし、遠近両用もちゃんと納まる天地幅もあります。
カラーは茄子色なのでやや女性向けかな?という感じです。
次回もヤンヤンの色違いを紹介する予定です。
posted by オリオンマン at 15:27| ic!berlin

2018年06月09日

peter c. waved

ic! logo.jpg

peter_c_750x530px.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
前回紹介したgilbert t.と同じようにwaved加工されたpeter c.を今回は紹介します。
peter c.もgilbert t.も未だにic! berlinのカタログに載っている現行モデルなので、wavedではない普通のカラーもまだまだ絶賛発売中です。

peter c.-8.jpg

peter c. waved サイズ 53□16-145 カラー black ¥46,000(税抜)

peter c.-6.jpg

peter c.はリムの太さもしっかりとあり、エッジの効いたスクエア型です。

peter c.-9.jpg

テンプルは太目の10mm幅のタイプで、木目調をアピールするにはイイ太さです。

rast-11.jpg

木目調はペイントではなく、手で触るとしっかりと溝が刻まれています。
おそらくエッチングという手法で施されたと思うのですが、まぁ見事なものです。

peter c.-10.jpg
peter c.-11.jpg

木目調は派手な感じが一切なく、落ち着いた中にもこだわりを見せられます。
天地幅は十分にありますので遠近両用でお使いの方にも強くお勧めしたいモデルです。
posted by オリオンマン at 12:30| ic!berlin

2018年06月08日

gilbert t. waved

ic! logo.jpg

gilbert_t._oli_catalog_FW2D2599_750x530px.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
ビール会社のCMで福山雅治さんが掛けていたことで狭い眼鏡業界では話題になった“gilbert t.”のwavedという木目バージョンが入荷したので紹介します。

gilbert t.-6.jpg

gilbert t. waved サイズ 55□18-145 カラー black ¥46,000(税抜)

gilbert t.-4.jpg

gilbert t.はMALAYSIA SPECIALSというアジアのユーザーに向けて登場したマレーシアコレクションのモデルです。
やや大ぶりのスクエア型で、福山雅治さんが掛けていたこともあってかとても人気のモデルです。

gilbert t.-7.jpg

テンプルは太目の10mm幅のタイプで、木目調をアピールするにはイイ太さです。

rast-11.jpg

木目調はペイントではなく、手で触るとしっかりと溝が刻まれています。
おそらくエッチングという手法で施されたと思うのですが、まぁ見事なものです。

gilbert t.-8.jpg
gilbert t.-9.jpg

木目調は派手な感じが一切なく、落ち着いた中にもこだわりを見せられます。
天地幅は十分にありますので遠近両用でお使いの方にも強くお勧めしたいモデルです。
次回も同じようにウェーブド加工されたモデルを紹介する予定です。
posted by オリオンマン at 10:52| ic!berlin

2018年06月05日

auf dem flusse bordeaux/pearl

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
ic! berlinの中でも数少ない日本在庫しているモデルの“auf dem flusse”の新色紹介です。

2.29-26.jpg

auf_dem_flusse-6.jpg

auf dem flusse サイズ 50□19-145 カラー bordeaux/pearl ¥46,000(税別)

auf_dem_flusse-4.jpg

2017年の秋に出た新色ボルドーです。
auf dem flusseは2012年ごろにシューベルトのオペラ「winterreise」の楽章名がモデル名になったコレクションのモデルで、“川の上で”という意味だそうです。
サイズは小ぶりで男女問わずに掛けやすいモデルでしたが、ブリッジが少し太めなのが印象的なモデルです。

auf_dem_flusse-7.jpg

フロントはボルドーですが、テンプルはパールです。

auf_dem_flusse-8.jpg
auf_dem_flusse-9.jpg
auf_dem_flusse-10.jpg
auf_dem_flusse-11.jpg

すでにic! berlinのホームページからは消えてしまったモデルですが、丁度いいサイズ感やデザインが人気だったモデルなので、日本限定とはいえ新色が出てオーダー出来る柔軟さがic! berlinのいい所ですね。
posted by オリオンマン at 10:23| ic!berlin

2018年06月03日

FIELD JACKET OO9402-0264

oakley.jpg

OAKLEYから新しいスポーツサングラスが入荷しました。
以前紹介したFLIGHT JACKETのフルリム版FIELD JACKETです。

20180603-1.jpg

FIELD JACKET OO9402-0264 カラー Matte White レンズカラー Prizm Ruby ¥31,000(税別)

20180603-2.jpg

トレイルランニングからマウンテンバイクのダウンヒル、路上ライディングまで、このアイウェアならあらゆる野外エクスカーションで最高のパフォーマンスを発揮します。
Field Jacketは、エアフローを瞬時に開放してくもりや過熱に対処するイノベーションのAdvancer技術で最適化されています。
サイドの輪郭はこのRx互換のデザインで視界視界を最大化し、ヘルメットによく合うアクセサリースタイルのテンプルに交換することができます。

20180603-3.jpg

エッジの効いたデザインがカッコいいですね。

20180603-4.jpg
↑通常の状態

20180603-5.jpg
↑ノーズブリッジを上げた状態

FIELD JACKET一番の特徴はAdvancer Nose Bridgeが光を遮る位置にフレームを固定、またエアフローを開放してくもりや過熱に対応することです。
慣れればサングラスを着用したままカチッと上げたり下げたり出来ると思います。

20180603-6.jpg
20180603-7.jpg

Field JacketとFlight Jacketの違いは一枚レンズか二枚レンズかということが一番の違いだと思います。
二枚になることで度付での対応が可能になります。
まぁそのうちもしかするとFlight Jacketも他社が度付対応するかもしれませんが、OAKLEY純正では無理かと思います。
ただ、今のところField JacketもOAKLEYから度付対応のアナウンスはないので、すぐに度付で作りたいとなると、他社メーカーのレンズを使ってやることになると思います。
posted by オリオンマン at 14:08| OAKLEY

2018年06月02日

FIELD JACKET OO9402-0164

oakley.jpg

OAKLEYから新しいスポーツサングラスが入荷しました。
以前紹介したFLIGHT JACKETのフルリム版FIELD JACKETです。

20180602-1.jpg

FIELD JACKET OO9402-0164 カラー Polished Black レンズカラー Prizm Road ¥31,000(税別)

20180602-2.jpg

トレイルランニングからマウンテンバイクのダウンヒル、路上ライディングまで、このアイウェアならあらゆる野外エクスカーションで最高のパフォーマンスを発揮します。
Field Jacketは、エアフローを瞬時に開放してくもりや過熱に対処するイノベーションのAdvancer技術で最適化されています。
サイドの輪郭はこのRx互換のデザインで視界視界を最大化し、ヘルメットによく合うアクセサリースタイルのテンプルに交換することができます。

20180602-3.jpg

エッジの効いたデザインがカッコいいですね。

20180602-4.jpg
↑通常の状態

20180602-5.jpg
↑ノーズブリッジを上げた状態

FIELD JACKET一番の特徴はAdvancer Nose Bridgeが光を遮る位置にフレームを固定、またエアフローを開放してくもりや過熱に対応することです。
慣れればサングラスを着用したままカチッと上げたり下げたり出来ると思います。

20180602-6.jpg
20180602-7.jpg

Field JacketとFlight Jacketの違いは一枚レンズか二枚レンズかということが一番の違いだと思います。
二枚になることで度付での対応が可能になります。
まぁそのうちもしかするとFlight Jacketも他社が度付対応するかもしれませんが、OAKLEY純正では無理かと思います。
次回は色違いを紹介したいと思います。
posted by オリオンマン at 11:26| OAKLEY

2018年06月01日

一眼風度付RADARLOCK OO9206-05

20180601-1.jpg

当店で人気のOAKLEY RADARLOCKの一眼風度付です。
レンズは一眼風度付で一番人気のあるタフエイトではなく、MAX tremerです。
MAX tremerはOAKLEYやタフエイトで使われるポリカーボネイトという素材も選べますが、眼鏡のレンズと同じ素材のレンズも選べます。
メリットとしては眼鏡のレンズと同じ素材の方がポリカーボネイトと比べて光学性能が優れているのと、お値段として一万円(税別)ほどお安いことです。
デメリットとしてはポリカーボネイトのような強靭な素材ではないので、大きな衝撃に対して割れや欠けがないとは言い切れないということです。
ですからサバイバルゲームなどで使いたいという方にはお勧めしておりません。
サバゲーでお使いの方はポリカーボネイトをお選びいただいております。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180601-2.jpg

OO9206-05 RADARLOCK PATH(ASIAN FIT) カラー Polished White レンズカラー SG1(Grey 75) ミラー MSG7(Green Red)

20180601-3.jpg

OAKLEYのジェイドイリジウムを再現できるSG1とMSG7の組み合わせはマックストリマーならではという感じです。
中央にレンズの切れ目は入りますが、ほとんど気にならないと思います。

20180601-4.jpg

横から見てもレンズ厚が抑えられるレンズ加工をしているのでスッキリしています。

20180601-5.jpg

度数が強くなかったせいもありますが、とても薄く仕上がっています。

20180601-6.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180601-7.jpg
20180601-8.jpg

特に接着等はしておりませんが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボではRADARLOCKなどシールドタイプの注文は今日現在受け付けておらず、受付が再開してもくり抜いてレンズを入れるタイプのみなので、自然な仕上がりに見えるRADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付を夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 14:41| 日記

2018年05月23日

FLAK2.0 OO9271-09 NXT レギュラーカーブ 度付紹介

nxt.jpg

OAKLEYのFLAK2.0(A)で数々の度付紹介をしてきましたが、今回ほど強度の近視度数で作ったことはありませんでした。
理論的には出来るだろうけど出来上がりのイメージをお客様にも説明し難く、正直出来上がってみないとわからないという極めて異例の事例でした。
レンズは勿論OAKLEYの純正レンズではなく、NXTという最高峰のレンズ素材です。

20180429-1.jpg

OO9271-09 サイズ 61□12-133 カラー Polished Black レンズカラー ICRX NXT 396/15 フラッシュ・シルバーミラー

20180429-2.jpg

普段のFLAK2.0(A)であれば8カーブのレンズで製作しますが、度数が強い方の場合は製作範囲の関係で6カーブで製作することもあります。
ですが、今回のお客様の度数は6カーブの範囲も大きく超えているため、レギュラーカーブというほぼ非球面のレンズで製作することになりました。
度数の詳細は控えますが、NXTで作れる限界がS-10.00なので、その限界に限りなく近い度数です。

20180429-3.jpg

さすがに横から見るとレンズの厚みは出ます。
ただ厚みによって内側はカーブを描きますので、紫外線が入りにくいという利点があります。

20180429-5.jpg

上の角度からよく見てみるとレンズがフレームよりも前面に少し飛び出しているのがわかります。
これはスマート加工という方法で加工したのですが、それにはレンズカーブとフレームカーブが違うということが関係しているのです。
フレームカーブが8なのにほぼフラットなレンズを入れるので、前面に出てしまうのは当然のことですが、しっかりと納まっています。
しかしただ前面に出たというだけではなく、その分 分厚いレンズが内側に来なくなるので、顔にも当たり難くなるというメリットもしっかりあるのです。

20180429-4.jpg

下から見るとレンズがいかにフラットかというのと、前面に飛び出している部分はそれほどないことがわかります。
対して内側はフレームの厚みと同じくらいで納まっています。

20180429-6.jpg

レンズの分厚い内側が半透明に見えますが、これはレンズ表面0.9mm厚にカラー染料を練り込んでいるためで、これにより左右で厚みが違う場合でも色ムラがなく、色抜けを防ぐことが出来ます。

20180429-7.jpg
20180429-8.jpg
20180429-9.jpg

強度の近視ということでOAKLEYをはじめとするスポーツタイプのサングラスを諦めている方は多いと思いますが、今回のこのブログを見ていただければ、おそらく99%以上の方はカーブの違いはあれど製作することが出来ると思いますので、是非ご相談お待ちしております!
posted by オリオンマン at 11:09| 日記

2018年05月15日

ADIZERO a171 S 01度付紹介

adidas-logo.jpg

adidasの度付紹介は初めてになりますが、度付も可能なんです。
レンズはタフエイトというレンズで、素材はOAKLEYと同じくポリカーボネートなので強度も安心です。

t82.jpg

レンズカラーはクリアレンズと、カラーレンズが5色。
そしてミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、ピンクの4色です。

20180508-1.jpg

ADIZERO a171 S 01 サイズ 66□10-125 カラー 6059 バイオレットメタリック レンズカラー COP シルバーミラー

20180508-2.jpg

フレームカラーはバイオレットメタリックという女性にお勧めのカラーです。
レンズカラーは純正ではLSTアクティブSという高い光線吸収率にもかかわらず明るく見えるレンズを使っておりますが、同じようにコントラスト系のレンズであるCOPにシルバーミラーを施し、純正のイメージをそのままに度付対応させていただきました。

20180508-3.jpg

テンプルはエルゴノミカリー シェイプド テンプルという長い名前ついております。
エルゴノミクスということなので、人間工学に基づいた形のテンプルってことですね。
工学的にデザインされたトラクション グリップは、キャップやサンバイザーをかぶっても違和感なく快適です。
トラクション グリップはホワイトで内側は段々になっていて滑り止め効果があります。

a165-01-6066-66-10-125S-4.jpg
↑寝かせた状態
a165-01-6066-66-10-125S-5.jpg
↑立たせた状態

ダブルスナップ ノーズブリッジは柔らかいシリコンで出来ています。
ダブルスナップということで、カチッと2ポジションに変更可能です。
立てた状態であればどれだけ頬っぺたが盛り上がっている方でもレンズに当たらないと思われます。
クニュクニュして柔らかいノーズブリッジはフィット感も抜群です。

adidas.gif

トリフィットテンプルという3段階にテンプル角度が調整できる機能もあります。
耳の位置が高い方や低い方、人それぞれに異なる顔の形に完璧フィットします。

他にもクイックチェンジレンズシステムというレンズを簡単に交換できる仕組みや、衝撃を受けた際に損傷せずにはずれるクイックリリースヒンジという安全設計などがあります。

20180508-4.jpg

レンズの外側表面に米粒ほどの窪みを作ることで留める加工もしっかりと再現しているので、純正と変わらず安心して使っていただけます。

20180508-5.jpg
20180508-6.jpg

OAKLEYではスポーツタイプで女性向けというカラーやデザインはなかなか作っていないので、男性向けのモデルを掛けることが当たり前ですが、adidasであれば女性向けのカラーやデザインの物も豊富なのでお勧めです。
アディダスの度付は今回のようにそのままレンズを削って入れる方法もありますし、アダプターを使用して度付のレンズを入れる方法と二通りあります。
アダプターを使う方法であればアディダスのカラーに準拠したレンズカラーを選べるので、カラーに拘りがある方はアダプタータイプをお勧めします。
興味のある方は是非ご来店お待ちしております!
posted by オリオンマン at 12:17| adidas