千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2018年08月08日

SUPER STYLUS JAPAN RH889S05_J

rh+logo.jpg

rh+から看板商品である“STYLUS”の新シリーズ“SUPER STYLUS JAPAN”が入荷したので紹介します。
新しいスティルスはレンズのカットが個性的で攻撃的なデザインです。

20180805-1.jpg

SUPER STYLUS JAPAN RH889S05_J サイズ 72□7-130 フレームカラー ブラック×レッド レンズ NXTクリアグレー調光 ¥28,000(税別)

20180805-2.jpg

新しいスティルスは、よりアクティブなスポーツシーンを意識してフレームの構造も新しい形式を採用。
これまでのスティルスシリーズよりも大きめのレンズシェイプを採用し風や光の侵入を抑えます。
またテンプル先にはカラフルな可動式ラバーを採用することで、しっかりとした掛け心地とスポーティーなイメージを実現しました。
軽くしなやかな従来のスティルスシリーズにガッチリとした大きめのスーパースティルスが加わり使用シーンを想定した選択が可能です。

20180805-3.jpg

テンプルはポリッシュドブラックです。

20180804-7.jpg
ノーズパッドを開いた状態(写真のフレームはホワイトです)
20180804-8.jpg
ノーズパッドを閉じた状態(写真のフレームはホワイトです)

ノーズパッドはカチッと開いたり閉じたりと二段階に動かせます。
鼻の高い人低い人にも対応出来ますので安心です。

20180805-4.jpg

紫外線を浴びると色が変わる調光レンズなので、このように変わります。

20180805-5.jpg
20180805-6.jpg

紫外線の当たっていない室内や夜間の時は透過率78%の状態です。
写真を撮り忘れたので紫外線を浴びた状態の紹介が出来ませんでしたが、ご想像下さい。

NXTの調光レンズは割れる心配も要りませんから、自転車通勤の方に是非お勧めです。
朝には眩しい光をカットするために濃くなり、夜はクリアーレンズで風よけや虫よけなど防具として活躍します。
車の跳ねた飛び石や転んだ時の衝撃からも眼を守れるツールとして、是非掛けていただきたいサングラスです。

2018年8月4日現在公式なアナウンスはありませんが、度付も対応できると思いますので、ご希望の方は是非ご相談していただければと思います。
posted by オリオンマン at 12:15| rh+

2018年08月04日

SUPER STYLUS JAPAN RH889S19_J

rh+logo.jpg

rh+から看板商品である“STYLUS”の新シリーズ“SUPER STYLUS JAPAN”が入荷したので紹介します。
新しいスティルスはレンズのカットが個性的で攻撃的なデザインです。

20180804-1.jpg

SUPER STYLUS JAPAN RH889S19_J サイズ 72□7-130 フレームカラー ホワイト×ブラック レンズ NXTクリアグレー調光 ¥28,000(税別)

20180804-2.jpg

新しいスティルスは、よりアクティブなスポーツシーンを意識してフレームの構造も新しい形式を採用。
これまでのスティルスシリーズよりも大きめのレンズシェイプを採用し風や光の侵入を抑えます。
またテンプル先にはカラフルな可動式ラバーを採用することで、しっかりとした掛け心地とスポーティーなイメージを実現しました。
軽くしなやかな従来のスティルスシリーズにガッチリとした大きめのスーパースティルスが加わり使用シーンを想定した選択が可能です。

20180804-3.jpg

テンプルはポリッシュドホワイトです。

20180804-7.jpg
ノーズパッドを開いた状態
20180804-8.jpg
ノーズパッドを閉じた状態

ノーズパッドはカチッと開いたり閉じたりと二段階に動かせます。
鼻の高い人低い人にも対応出来ますので安心です。

20180804-4.jpg

紫外線を浴びると色が変わる調光レンズなので、このように変わります。

20180804-5.jpg
20180804-6.jpg

紫外線の当たっていない室内や夜間の時は透過率78%の状態です。
写真を撮り忘れたので紫外線を浴びた状態の紹介が出来ませんでしたが、ご想像下さい。

NXTの調光レンズは割れる心配も要りませんから、自転車通勤の方に是非お勧めです。
朝には眩しい光をカットするために濃くなり、夜はクリアーレンズで風よけや虫よけなど防具として活躍します。
車の跳ねた飛び石や転んだ時の衝撃からも眼を守れるツールとして、是非掛けていただきたいサングラスです。

2018年8月4日現在公式なアナウンスはありませんが、度付も対応できると思いますので、ご希望の方は是非ご相談していただければと思います。
posted by オリオンマン at 15:46| rh+

2018年07月22日

一眼風偏光度付RADARLOCK OCE

20180722-0.jpg

当店で人気のOAKLEY RADARLOCKの一眼風度付です。
レンズは一眼風度付で一番人気のあるタフエイトではなく、最近多いMAX tremerです。
MAX tremerはOAKLEYやタフエイトで使われるポリカーボネイトという素材も選べますが、眼鏡のレンズと同じ素材のレンズも選べます。
偏光レンズはポリカーボネイトのみの受注なので、今回はポリカーボネイトのレンズです。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180722-1.jpg

RADARLOCK PATH(ASIAN FIT) OCE フレームカラー Matte Black Ink バンドカラー Team Navy Blue アイコンカラー Team Navy Blue ソックカラー Electric Blue レンズカラー Grey 75F ミラー MSG3(Blue)

20180722-2.jpg

OCEというカラーオーダーで作ったRADARLOCKにMAX Tremerの偏光レンズを組み合わせた完全オーダーメイドのサングラスです。
OCEはOAKLEYのホームページでしか受注していないように思われていますが、店頭販売の方が選べる色やモデルが多いので、カラーオーダーするなら是非店頭へ!というサービスです。

全体的に青いカラーで作ろうということで選んだカラーですが、ベースのフレームカラーはMatte Black Inkという落ち着いたカラーでしたこともあり、大人な感じのブルーに染まったRADARLOCKが出来上がった感じです。

20180722-3.jpg

横から見てもレンズ厚が抑えられるレンズ加工をしているのでスッキリしています。

20180722-5.jpg

近視と乱視の合計度数が限界度数でしたが、それなりに薄く仕上がっています。

20180722-4.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180722-6.jpg
20180722-7.jpg

特に接着等はしておりませんが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボではRADARLOCKなどシールドタイプの注文は今日現在受け付けておらず、受付が再開してもくり抜いてレンズを入れるタイプのみなので、自然な仕上がりに見えるRADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付を夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
OCEは毎月オーダー可能なカラーが更新されるので、来月になるとオーダー待ちのカラーがあったりと注意が必要です。
興味のある方は是非ご来店お待ちしております!
posted by オリオンマン at 16:11| 日記

2018年07月18日

OO9161-06 PITBULL(ASIAN FIT)度付紹介

oakley.jpg

OAKLEYのスポーツタイプ以外のカテゴリーで一番人気のあったPITBULLですが、残念ながら生産終了となってかなりの時が経ちました。
以前度のない状態でお使いいただいていたお客様から、度付レンズに交換依頼がありましたので、紹介させていただきます。
強度の遠視があるお客様で、普通に度付で作るとレンズ中心部の厚みが凄いことになり、かなりの重さになることもわかっていたので、極力厚みを抑えて作れるということでMAX tremerのレンズをお選びいただきました。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180718-1.jpg

OO9161-06 PITBULL(ASIAN FIT) カラー Polished Black レンズカラー GY ミラー MSG7(Green Red)

20180718-2.jpg

自動車運転時にご使用ということで偏光レンズをお選びいただきました。
MAX tremerはカラーも豊富ですが、偏光レンズに関して言えばベースカラーはグレーかブラウンの2択です。
しかしミラーは同じように豊富なカラーからお選びいただけます。

20180718-3.jpg

Green Redのカラーはやはりいい色ですね。

20180718-4.jpg

強度の遠視でしたが、その度数の割に薄く仕上がっております。

20180718-5.jpg
20180718-6.jpg

すでに廃盤になったモデルでもほとんどのモデルが度付対応しているので、以前買ったサングラスに度を入れたいなとお考えの方は是非お気軽にご相談いただければと思います。
毎日暑い日が続きますし、日差しは容赦なく降り注いでますので、度付のサングラスで目や目の周りのシミ、シワ対策としてもお使戴くことをお勧めいたします。
posted by オリオンマン at 11:45| 日記

2018年07月11日

WX TIDE WXJ-CCTID04度付紹介

WXWileyx_APP_2014-BLackBG_Redtag.jpg

WILEY Xの人気モデルTIDEはサバイバルゲームだけではなく、釣りやバイクや自動車の運転など日常的に使いやすいデザインなのですが、この度度付でご注文をいただきましたので紹介します。

20180711-1.jpg

WX TIDE WXJ-CCTID04 サイズ 67□18-125 フレームカラー Matte Hickory Brown レンズカラー COP ピンクミラー

20180711-2.jpg

レンズはサバイバルゲームでもお使いになるとのことで、耐衝撃性に優れたタフエイトをお選びいただきました。
レンズのカラーは落ち着いた艶消しヒッコリーカラーのフレームとも相性良く、コントラスト系のカラーCOPで、ピンクミラーも綺麗に一体感を感じます。

t82.jpg

タフエイトのレンズカラーはクリアレンズと、カラーレンズが5色。
そしてミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、ピンクの4色です。

20180711-3.jpg

ピンクミラーは横から見るとゴールドに見えるので正面とは違う良さがありますね。

20180711-4.jpg
ガスケット装着時
20180711-5.jpg
ガスケット未装着時

20180711-6.jpg

ガスケットの分だけレンズの内側はくり抜かれていますが、仕上げは流石に世界最高峰のレンズ加工技術を持つ加藤八舞企画さん、素晴らしいクオリティです。

20180711-7.jpg
20180711-8.jpg

度付だとは思えない自然な仕上がりですね。
思っている以上にフレームカラーとレンズカラーの相性が良く、今後のお勧めの組み合わせになりました。
TIDEはガスケット以外にもT-Pegストラップを使えばゴーグルのようにピタッと顔に密着させられますし、リーシュコードをテンプルエンドに装着させれば首から下げられたりと、付属品も充実しているので、色々なシーンでお使いいただけます。
WILEY Xご持参の方で度付レンズのみのご注文でも喜んでお受けいたしますので、お気軽にご相談いただければと思います!
posted by オリオンマン at 10:07| WILEY X

2018年07月07日

一眼風度付JAWBREAKER OO9290-30

20180707-0.jpg

最近問い合わせの多いOAKLEY JAWBREAKERの一眼風度付です。
レンズは一眼風度付で一番人気のあるタフエイトではなく、MAX tremerです。
MAX tremerはOAKLEYやタフエイトで使われるポリカーボネイトという素材も選べますが、眼鏡のレンズと同じ素材のレンズも選べます。
JAWBREAKERはポリカーボネイトのみの受注なので、今回はポリカーボネイトのレンズです。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180707-1.jpg

OO9290-30 JAWBREAKER カラー Purple Pop Fade レンズカラー SG14 Black 80F ミラー MSG6(Green)

20180707-2.jpg

JAWBREAKERの中でも個性的なカラーで、別名ヱヴァンゲリヲン覚醒カラーとして勝手に呼んでいるカラーです。
そのヱヴァンゲリヲン覚醒カラーにグリーンのレンズを組み合わせることでまた別の派手なカラーのサングラスが出来上がりました。

20180707-3.jpg

横から見てもレンズ厚が抑えられるレンズ加工をしているのでスッキリしています。

20180707-4.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180707-6.jpg
20180707-5.jpg

特に接着等はしておりませんが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形はオリジナルとは少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボではJAWBREAKERやRADARLOCKなどシールドタイプの注文は今日現在受け付けておらず、受付が再開してもくり抜いてレンズを入れるタイプのみなので、自然な仕上がりに見えるRADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付を夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 12:43| 日記

2018年06月22日

一眼風偏光度付RADARLOCK OO9206-03その弐

20180622-0.jpg

前回に引き続き当店で人気のOAKLEY RADARLOCKの一眼風度付です。
レンズは一眼風度付で一番人気のあるタフエイトではなく、MAX tremerです。
MAX tremerはOAKLEYやタフエイトで使われるポリカーボネイトという素材も選べますが、眼鏡のレンズと同じ素材のレンズも選べます。
偏光レンズはポリカーボネイトのみの受注なので、今回はポリカーボネイトのレンズです。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180622-1.jpg

OO9206-03 RADARLOCK PATH(ASIAN FIT) カラー Silver レンズカラー Grey 75F ミラー MSG1(Orange Gold)

20180622-2.jpg

Fire Iridiumに近いレンズカラーをご希望でしたので、Orange Goldで作成させていただきました。
少し青緑がかった感じですが、Fireのように黄色く明るい感じは再現できていると思います。

20180622-3.jpg

横から見てもレンズ厚が抑えられるレンズ加工をしているのでスッキリしています。

20180622-4.jpg

近視の限界度数でしたが、それなりに薄く仕上がっています。

20180622-5.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180622-6.jpg
20180622-7.jpg

特に接着等はしておりませんが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボではRADARLOCKなどシールドタイプの注文は今日現在受け付けておらず、受付が再開してもくり抜いてレンズを入れるタイプのみなので、自然な仕上がりに見えるRADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付を夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 12:18| 日記

2018年06月19日

一眼風度付RADARLOCK OO9206-06

20180619-0.jpg

当店で人気のOAKLEY RADARLOCKの一眼風度付です。
レンズは一眼風度付で一番人気のあるタフエイトではなく、MAX tremerです。
MAX tremerはOAKLEYやタフエイトで使われるポリカーボネイトという素材も選べますが、眼鏡のレンズと同じ素材のレンズも選べます。
メリットとしては眼鏡のレンズと同じ素材の方がポリカーボネイトと比べて光学性能が優れているのと、お値段として一万円(税別)ほどお安いことです。
デメリットとしてはポリカーボネイトのような強靭な素材ではないので、大きな衝撃に対して割れや欠けがないとは言い切れないということです。
ですからサバイバルゲームなどで使いたいという方にはお勧めしておりません。
サバゲーでお使いの方はポリカーボネイトをお選びいただいております。

maxtremer-mirror.jpg
MAX tremerの一番の魅力はミラーの種類の豊富さだと思います。
OAKLEYの純正を除けば他社のミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、レッド(ピンク)の4色が一般的です。
しかしMAX tremerのミラーは11色と飛びぬけて多いので、ご希望のカラーで作れる可能性が高くなります。

20180619-1.jpg

OO9206-06 RADARLOCK PATH(ASIAN FIT) カラー Matte Black Ink レンズカラー SG14(Black 80F) ミラー MSG5(Red)

20180619-2.jpg

純正では+Red Iridiumなのですが、マックストリマーのレッドミラーは+Redが少し紫寄りなのに比べて、ややオレンジ寄りのミラーで、どちらかと言えばRuby Iridiumに近いかもしれませんね。
中央にレンズの切れ目は入りますが、ほとんど気にならないと思います。

20180619-3.jpg

横から見てもレンズ厚が抑えられるレンズ加工をしているのでスッキリしています。

20180619-4.jpg

度数が強くなかったせいもありますが、とても薄く仕上がっています。

20180619-5.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180619-6.jpg
20180619-7.jpg

特に接着等はしておりませんが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボではRADARLOCKなどシールドタイプの注文は今日現在受け付けておらず、受付が再開してもくり抜いてレンズを入れるタイプのみなので、自然な仕上がりに見えるRADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付を夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 12:26| 日記

2018年06月18日

ヤンヤンとロッタンと那須川天心選手

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
前回に引き続き非常に日本人好みのデザインなので人気が出そうなyoung yangの紹介です。

young_yang-7.jpg

young yang サイズ 52□15-145 カラー gun metal ¥46,000(税抜)

young_yang-5.jpg

ヤンヤンというパンダみたいな名前の付いたモデルですが、非常にカッコいいです。
曲線の中にも所々エッジが効いており、いい塩梅のシャープさがありスッキリ見えます。

young_yang-8.jpg

テンプルはすっきり細めの6mm幅のタイプです。

young_yang-9.jpg
young_yang-10.jpg
young_yang-11.jpg
young_yang-12.jpg

男女問わずに掛けられますし、遠近両用もちゃんと納まる天地幅もあります。
カラーはガンメタなので少しギラギラしてこれまたカッコいいです。

さて、ヤンヤンという名前の割にカッコいいつながりで頭に浮かんだのですが、昨日可愛い名前のムエタイ選手が試合をしました。
名前はロッタン。
ロッタンなんて聞くと可愛らしいキャラを想像しがちですが、ムエタイファン、キックボクシングファンは可愛いとは真逆のそれはそれは恐ろしい化け物を想像します。
私も昨日Gyaoで無料配信されていたキックボクシングイベントRISE125を観てそう思った一人です。
ロッタン…恐ろしいほど強いし怖いんです。
殴られても膝を入れられても全然効いてる素振りを見せずに挑発しながらグイグイ前に出てきてミドルキックとパンチをバシバシ打ってくるんです。
普通の選手のパンチをカウンターで受けても効きそうなのに、そのパンチを繰り出している対戦相手は神童と呼ばれるプロデビュー以来31戦無敗の那須川天心選手なのです。
那須川天心選手は私が好きな総合格闘技の試合にも挑戦する、今最も客を呼べ、熱狂させることが出来る選手だと思います。
今までもとんでもない強敵相手に立ち向かい、ボクシングで井岡一翔を倒した選手をパンチでKOしたり、漫画の様なありえない大技で一撃KOしたりとただ負けてないだけでも凄いんですが、勝ち方も勝っている相手も凄い選手で、まぁ本当に神童なんです。
その那須川天心選手相手にグイグイ来るロッタン選手、カウンターでKO級のパンチが何発も入っているのに全然効いてないように前に前にと詰めて来るあの恐怖…ロッタン可愛いのは名前だけで本当に恐怖のロッタンでした。
そのロッタン相手に那須川天心選手も3Rで生命線の左手を負傷しながらも5R戦って判定でドロー、延長で的確にロッタンを捉えたことが決め手になったのか3-0で勝ちました。
那須川天心選手本人も試合後のインタビューで「試合に勝って勝負に負けた」というように壮絶な試合でした。

那須川天心選手は私の地元千葉県松戸市出身で、現在も松戸市内のジムで練習しています。
一昨年の年末に那須川選手が総合格闘技に挑戦することになり、同じ松戸市で総合格闘技のジムを開いている縁で、パラエストラ松戸という息子が通うブラジリアン柔術の道場へ練習に来ていて、私も借りている駐車場からマンションまでの通り道ということもあり、毎週のように那須川選手が練習している姿を横目で見たりしてました。
そして先月道場に別の用事がありお邪魔したのですが、丁度その日那須川選手も練習後で道場に居て、息子がお世話になっているパラエストラ松戸の鶴屋代表が「天心のサイン欲しくないですか?」と聞いて下さり、総合の練習用グローブに那須川選手を呼んでサインしていただき、それを頂いて写真も撮ってもらいました。
鶴屋代表ありがとうございます!!
那須川選手は小柄な私より少し大きいかな?くらいですが、ポケモンで言えばミューツーとニャースぐらいの差があり、戦ったら絶対に瞬殺されます。
次の週にもう一度道場にお邪魔した際、「写真をお店のブログに載せても大丈夫ですか?」という許可を得ようと座っている那須川選手に近づいて話しかけた際にも、わざわざ立って挨拶して下さり、写真の件も笑顔で快諾していただき、とても礼儀正しい方でした。
これからも強敵相手にKOの山を築き上げる姿を応援し続けたいと思います。
那須川選手ありがとうございました!そして昨日の勝利おめでとうございました!!
01237ee661ce908c8c43e734f14f0154d368b508ed.jpg
posted by オリオンマン at 13:55| ic!berlin

2018年06月17日

young yang

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
非常に日本人好みのデザインなので人気が出そうです。

young_yang-3.jpg

young yang サイズ 52□15-145 カラー aubergine ¥46,000(税抜)

young_yang-1.jpg

ヤンヤンというパンダみたいな名前の付いたモデルですが、非常にカッコいいです。
曲線の中にも所々エッジが効いており、いい塩梅のシャープさがありスッキリ見えます。

young_yang-4.jpg

テンプルはすっきり細めの6mm幅のタイプです。

young_yang-5.1.jpg
young_yang-6.1.jpg
young_yang-7.1.jpg
young_yang-8.1.jpg

男女問わずに掛けられますし、遠近両用もちゃんと納まる天地幅もあります。
カラーは茄子色なのでやや女性向けかな?という感じです。
次回もヤンヤンの色違いを紹介する予定です。
posted by オリオンマン at 15:27| ic!berlin