千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2015年11月14日

KT-439J

KY_Logo.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。
KIO YAMATOは純粋さ、清らかさ、日本ならではの心の”機微”をデザインの中に活かすことを意味する「KIO」と鉄器類等の高度な文明を持ち、著しい技術革新を成し遂げた「大和王朝」に思いを馳せる「YAMATO」。
EYEWEARの品質と加工技術を追求することをテーマとしています。

20151103-1.jpg

KT-439J サイズ 55□18-140 カラー 3 ¥42,000(税別)

20151103-2.jpg

エッジの効いたフロントがシャープな印象を与えるKT-439J。
最大の特徴はヒンジ部分です。

20151103-4.jpg

“の”の字のように曲げられたヒンジ部分がバネのクッションとなり、余計な力がかかっても逃がす働きを持っています。

20151103-3.jpg

カラーはグレーマットのフロントと、笹模様のグレーマットのアセテートが高級感を感じさせるテンプルです。

20151103-5.jpg

まさに機能美という言葉がピッタリの“の”の字ヒンジ部分です。

20151103-6.jpg
20151103-7.jpg

サイズも55mmとやや広めなので、顔の幅がやや広めの方には是非お勧めのサイズ感です。

スタイリッシュで高級感のあるKT-439Jはナイロールのタイプですが、遠視の方などレンズの中央部分に厚みのある方はフルリムタイプのKT-438Jの方がレンズを薄く作れると思われますので、フルリムタイプをお勧めしいます。
posted by オリオンマン at 13:14| KIO YAMATO

2015年11月13日

KT-438J

KY_Logo.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。
KIO YAMATOは純粋さ、清らかさ、日本ならではの心の”機微”をデザインの中に活かすことを意味する「KIO」と鉄器類等の高度な文明を持ち、著しい技術革新を成し遂げた「大和王朝」に思いを馳せる「YAMATO」。
EYEWEARの品質と加工技術を追求することをテーマとしています。

20151102-1.jpg

KT-438J サイズ 56□17-140 カラー 3 ¥42,000(税別)

20151102-2.jpg

エッジの効いたフロントがシャープな印象を与えるKT-438J。
最大の特徴はヒンジ部分です。

20151102-4.jpg

“の”の字のように曲げられたヒンジ部分がバネのクッションとなり、余計な力がかかっても逃がす働きを持っています。

20151102-3.jpg

カラーはブラウンマットのフロントと、笹模様の茶色いアセテートが高級感を感じさせるテンプルです。

20151102-5.jpg

まさに機能美という言葉がピッタリのヒンジ部分です。

20151102-6.jpg
20151102-7.jpg

サイズも56mmとやや広めなので、顔の幅がやや広めの方には是非お勧めのサイズ感です。
スタイリッシュで高級感のあるKT-438Jはフルリムですが、ナイロールのタイプもありますので、次回紹介したいと思います。
posted by オリオンマン at 13:51| KIO YAMATO

2014年12月12日

KP-J16

今日は久しぶりにKIO YAMATOを紹介します。

20141210-1.jpg

KP-J16 サイズ 53□16-145 カラー 05 ¥23,000(税別)

20141210-2.jpg

赤×黒のマーブル模様がとても綺麗なモデルです。

20141210-3.jpg

真っ赤な部分とマーブルの切り替えのラインがピタッと合っています。

20141210-4.jpg

妖しげにも見えるカラーです。

20141210-5.jpg

いやぁ惚れ惚れするくらいのいいカラーです。
テンプルは板バネになっているのでフィット感もイイですし、フレームの開きもし難い作りになっています。

20141210-6.jpg
20141210-7.jpg

ビビッドな赤いラインが効いててセンスの良さが光りますね。
柏原さんの持つ知的な面が引き立つ眼鏡です。
posted by オリオンマン at 11:19| KIO YAMATO

2013年06月25日

KT-276J1

KY_Logo.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。

6.25-1.jpg

KT-276J1 サイズ 55□18-138 カラー 04 ブラッシュドシルバー×マットブラック ¥39,900(税込)

6.25-2.jpg

KIO YAMATOのベストセラーモデル“グライダー”の新色です。
メタル部分はマットブラックで、正面の一段のみブラッシュドシルバーになっています。

6.25-3.jpg

立体的なチタン製ブローバーが相変わらずカッコイイです。

6.25-4.jpg

初代の“グライダー”とマイナーチェンジした箇所が板バネになった所です。
初代はバネ蝶番だったのですが、今は板バネと言われる仕様に変わっています。

6.25-5.jpg
6.25-6.jpg
6.25-7.jpg
6.25-8.jpg

男性は勿論ですが、女性にもお勧めの“グライダー”です。
かなり仕事できる感じに見えますし、カッコイイ女子になれると思います。

ロングセラーとなっている“グライダー”ですが、今回のフルリムタイプではなく、ナイロールタイプも人気です。
今回の色はダークな感じですが、鮮やかな色も多いので興味のある方は是非お問い合わせ下さい。
posted by オリオンマン at 12:11| KIO YAMATO

2013年05月15日

KT-383J

KY_Logo.jpg

今日もKIO YAMATOの新作を紹介します。

5.15-1.jpg

KT-383J サイズ 54□18-135 カラー 1 Matte Silver ¥37,800(税込)

5.15-4.jpg

前回紹介したKT-382Jのナイロールタイプです。
マットシルバーですが存在感が物凄いです。
ザ・金属という感じの、金属加工業に興味のある方は大好きなフレームだと思います。

5.15-2.jpg

テンプルは外側がホワイトで、内側は綺麗な茶ですが、オレンジ色っぽく見えます。

5.15-3.jpg

蝶番部分はショックを吸収する構造になっています。

5.15-5.jpg
5.15-6.jpg

夏に向けてとても爽やかな感じです。
テンプルの内側がアイスティーのように見えるくらい爽やかです。
いやぁこのフレームは自分で是非掛けたいなと考えてます。
誰にも見向きもされず残ったら自分で掛けようと思います。
ですが、私よりもこの爽やかフレームが似合う方をただ今募集してます。
興味のある方は是非お待ちしております。

posted by オリオンマン at 11:57| KIO YAMATO

2013年05月14日

KT-382J

KY_Logo.jpg

今日紹介するのはKIO YAMATOの新作です。

5.14-1.jpg

KT-382J サイズ 55□17-135 カラー 1 Black ¥37,800(税込)

5.14-2.jpg

スタイリッシュなブロータイプのメガネという印象のKT-382Jですが、実は普通のブローとは全く違うのです。
普通のブローは金属のパーツにプラスチックを乗せていますが、このKT-382Jは金属の上にプラスチックのように見せかけた金属を乗せているのです。
もっとも、プラスチックに見えるのカラーはCol.1のBlackだけで、他のカラーは金属という感じですが…
一見プラスチックに見えますが、紛れもなく金属ですし、チタンの削り出しなのでとても頑丈です。

5.14-3.jpg

テンプルはプラスチックです。

5.14-4.jpg

蝶番部分はショックを吸収する構造になっています。

5.14-5.jpg
5.14-6.jpg

戸塚君が掛けたほうがブローのチタン部分がプラスチックっぽく見える気がします。
実物は店頭に並べた数時間後に素敵な紳士のお客様に購入していただき、今店頭にはありませんが、また発注しようかなと思っています。
次回はKT-382Jの色違いでナイロールタイプを紹介予定です。
posted by オリオンマン at 10:56| KIO YAMATO

2013年02月05日

KT-332

今日もKIO YAMATOの紹介です。

1.19-40.jpg

KT-332 サイズ 54□18-137 カラー 82 ¥40,950(税込)

1.19-41.jpg

ブローラインがフラットなヨーロピアンデザインです。
天地幅も十分ありますから遠近両用世代の方には是非お勧めです。
ブリッジの太さが印象的ですが、掛けると不自然な感じはまるでありません。
カラーはヘアーライン加工された艶のある濃い目のネイビーです。
テンプルも太いアセテートで重厚感があります。

1.19-42.jpg
1.19-43.jpg

戸塚君もしっかりした感じに見えます。
大事な仕事を任せても安心な感じです。
posted by オリオンマン at 10:48| KIO YAMATO

2013年02月04日

KT-378J

今日はKIO YAMATOの新作を紹介します。

1.19-33.jpg

KT-378J サイズ 54□17-140 カラー 1 ¥39,900(税込)

1.19-34.jpg

フロントはマットブラックでKIO YAMATOらしい極厚チタンかと思いきや、なんとジュラルミンです。
ジュラルミンといえばジュラルミンケースでお馴染みですが、その厚さ8mmのジュラルミンを立体的に削りだして作られています。
そのボリューム感と造形美は素晴らしいの一言です。
テンプルは厚みのあるアセテートで、バネ製のあるチタンで美しく繋がっています。

1.19-35.jpg
↑上から見るとこんな感じになっています。

1.19-36.jpg
1.19-37.jpg
1.19-38.jpg
1.19-39.jpg

正面から見るよりも、やはり角度のついたところから見たほうがKT-378Jの良さが出ます。
シックなカラーですから男女共に掛けていただけると思います。
スーツを着て真面目な顔をしてこのKT-378Jを掛ければ、大抵の大人は仕事出来そうな人に見えると思います。
メガネの力は凄いんです。

posted by オリオンマン at 11:06| KIO YAMATO

2011年08月05日

KT-350J

8.4-1.jpg

今日はKIO YAMATOの KT-350J というモデルを紹介します。

サイズは53□17-133 ¥40,950(税込)です。

このモデルはデザインは勿論のですが、カラーが気に入りました。
写真ではこのカラーの魅力をお伝えしきれないのですが、素晴らしいです。
フロントはブルーマットを粗めの紙ヤスリで陰影を出したような深い青が印象的で、
テンプルは外側をマットに仕上げたこれまた深い海のような青とも緑もといえる色が素晴らしく綺麗です。

8.4-2.jpg
↑外側は艶消しです。
8.4-3.jpg
↑内側は艶ありです。
8.4-4.jpg
↑ショックを吸収する構造になっております。

しっかり作られたKIO YAMATOらしさが詰まったこのモデルは男女共にお勧めです。

8.4-5.jpg
8.4-6.jpg
8.4-7.jpg
8.4-8.jpg

こういう青とも緑ともいえるカラーは意外に探している方がいるので、青っぽいとか緑っぽいフレームないかしら?という方には本当にお勧めです。
posted by オリオンマン at 17:03| KIO YAMATO

2010年09月08日

海外ドラマ

8.31-6.jpg

今回もKIO YAMATOのフレームを紹介します。
KT-326A サイズ 54□18-142です。

8.31-8.jpg

カラーはフロントがマットブラックで、テンプルは緑や茶と黒を寄木細工の様に組み合わせた模様の様な感じで、同じくマットです。

8.31-7.jpg

ヨロイ部分は前回のKT-323と同じ構造になっています。

8.31-9.jpg
8.31-10.jpg

戸塚君も似合っているので特に言うことはありません。

さて、最近海外ドラマを観るのが習慣になっています。
今観ているのは「LOST」のシーズン5です。
「LOST」のシーズン1を見始めた頃は子供も生まれていなかったはずなので、随分長いこと楽しめてるなぁと思ってます。
「24」は独身時代から見始めていますが、今シーズン7を自宅のHDDに貯め込んでいる状態です。
おそらく今観ている「LOST」のシーズン5が終わったら「24」のシーズン7を観始めると思います。
HDDには同じく海外ドラマの「HEROES」のシーズン3が入っているので、早く全て観終わって、HDDにゆとりを持たせたいと思ってます。
海外ドラマは観始めると習慣になるんですけど、観始めるまでは夜更かしの覚悟をしなければならないので、今回はそのままの勢いで「24」を観て、「HEROES」も観てしまえればいいなと思います。
posted by オリオンマン at 12:22| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2010年09月04日

IKEA

8.31-1.jpg

今日はKIO YAMATOのフレームを紹介します。
KT-323というこのフレームはKIO YAMATOには珍しくツーブリッジです。
ツーブリッジといってもオジサンっぽいかんじのツーブリッジではなく、一見太めのブリッジに見える洗練されたスマートなかんじのツーブリッジです。

8.31-2.jpg

ヨロイといわれるフレームの角部分は、釣り針のような部品でテンプルと繋がれています。
テンプルを開閉する際の衝撃がこの釣り針のような部品で吸収される仕組みです。

8.31-3.jpg

フロントは艶消しのブラウンですが、テンプルは艶のある濃いべっ甲色です。

8.31-4.jpg
8.31-5.jpg

戸塚君も少しスマートに見えます。
このフレームはツーブリッジの方が頑丈そうだけど、オジサンっぽいのはもう卒業したいというツーブリッジを愛用していたオジサマに是非掛けていただきたい一本です。

さて、最近IKEAによく行きます。
子供を連れていくと子供もそれなりに楽しくしているように見えます。
展示してるベッドで寝てみたり、引き出しを片っ端から開けてみたり、兄妹で走り回ったりして私に怒られたり、楽しそうです。
IKEAは定員も話しかけてきませんし、家具は図のみの簡単な説明書を見て、自力で組み立てなければなりません。
それが自分にとてもピッタリなので、船橋に出来た時からたまに行っていました。
最近は新三郷の方が近いので、新三郷のIKEAによく行きます。
壁面収納を購入した時は朝からIKEAへ行き、IKEAで昼ごはん食べて扉の大きさや種類などの組み合わせや照明を考え、6時間くらいIKEAに居たこともあります。
次は2段ベッドを購入しようと思ってます。
子供が落ちたらどうしよう?みたいな不安を嫁さんは口にしますが、落ちたら刃物が突き出しているキン肉マンのリングじゃあるまいし、子供の柔らかさを私は信じているので大丈夫だろうと思ってます。
しかし欲しい2段ベッドは欠品中なので、購入は来月になりそうです。
さすがに2段ベッドを一人で組み立てるのはしんどいかなぁと思ってますが、家に一人しか居なければ一人でやってしまうだろうなぁ。
posted by オリオンマン at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2010年08月05日

最近のニュース

8.5-1.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。
KT-317AというこのフレームはKIO YAMATOのコレクションでも一番新しい物だと思います。
レンズを中央のパーツに穴一つで留めるワンポイントという方法で留めるフレームです。

8.5-2.jpg

上から見るとレンズが宙に浮いている感じになり、掛け外しなどの時にかかるレンズへの負荷がまるでかかりません。

8.5-3.jpg

フロントからの流れるようなフォルムがとてもカッコいいです。

8.5-4.jpg
8.5-5.jpg

戸塚君もエグゼクティブな気分を味わえていることでしょう。
男が上がった感じに見えます。

さて、最近100歳以上の方が何十人も生存不明というニュースをよく見ます。
息子が全然働かずに親の年金を頼りに暮らしているのだとすると、親が死んだのを隠して年金をもらい続けるケースが多いのも不思議じゃありません。
例えば80歳過ぎて病院への利用履歴が3年以上ないだけで、少し疑われても仕方ないと思います。
どこまで行政が踏み込んで調べられるかというのが問題なんでしょうけど、常識で考えてこの家族はおかしいなとか怪しいなと思えば、本人に面会なり何なり出来ない場合は年金の一時停止とかそういう措置が出来ればいいのかなと思ったりします。
同じく最近児童相談所の非積極的な判断が問題になっています。
児童相談所は職員1人あたりの相談件数もかなり多くて負担がかかっているとTVでやっていました。
だからといって子供の命がかかっている切迫した状況のものが全てではないでしょうし、今の世の中他人が通報するというのはよっぽどのことだと思います。
そういう状況を考えると今回のケースは全力でどうにかして欲しかったなと思います。
児童相談所が頑張れば、裁判所の了承を得て強制的に部屋に入ることは可能だった事件です。
それを家に行ったけど連絡が取れずに不在でしたと報告することで仕事をした気になっていた職員の方は反省すべきだと思います。
連絡が取れるまで何度も頑張る佐川やヤマトの宅配便ドライバーを見習って欲しいものです。
あと、そろそろ児童相談所ではなく、虐待相談所を設立して業務を分けてしまった方がいいと思います。
もちろん逮捕された人が一番悪いのですが、職員の方が頑張っていれば防げたのではないかと強く思うので、批判されてしまいますよね。
それにしても悲しい事件です。
posted by オリオンマン at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年12月11日

ウルトラ銀河伝説

12.11-1.jpg

今日はKIO YAMATOのKT-308を紹介します。
程よい厚みのあるチタンのフロントに、鋭い形のヨロイとテンプルが特徴です。

12.11-2.jpg

50%くらい折りたたんだ状態を上から撮ってみました。

12.11-3.jpg

斜め上からも撮ってみました。

12.11-4.jpg

下側からも撮ってみました。
下から見るとフロントとヨロイがこの写真では逆さまですが、アルファベットのJの形をしたチタンで繋がれているのがわかります。
これによって程よいバネ性が得られます。

12-11-5.jpg

12-11-6.jpg

今回は女性に是非かけてもらいたいなぁと思い、婦人のみの撮影になりました。
こういう直線が多く、工業製品や建築物みたいなゴツゴツっとした可愛くないフレームを女性にかけて頂ければ嬉しいです。
次回は逆に可愛いフレームを紹介します。

さて、明日からウルトラマンの映画が公開されます。
息子と観に行く約束もして、親子ペアチケットまで買ってあります。
ウルトラマンは息子が3歳になったと同時くらいに「ウルトラマーン」と騒ぎ出し、アンパンマンはもう過去の人に。
映画デビューは2歳の夏にアンパンマンを観に行き、大人しく観ていたので不安はありません。
しかしその後ポニョを観に行った時には、上映が終わって劇場が明るくなるとすぐに「ねー、もう一回」と言い出しました。
レコーダー文化で育った子供は繰り返し観ることが当たり前になっているんでしょうね。
勿論もう一度観るわけもなく、そそくさと劇場を後にしましたけどね。
今回は観る前に散々一度きりだぞ!ということを言い続けて劇場に入ろうと思います。
posted by オリオンマン at 14:14| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年12月02日

観客席

12.2-1.jpg

今日はKIO YAMATOのKT-276Uを紹介します。
別名グライダーと呼ばれるフレームです。
最大の特徴は極太チタンのブローラインです。

12.2-2.jpg

上から見るとこんなに分厚いのです。
とても高度なプレス技術なくしては、これだけ厚みのあるチタンをこの形にすることは不可能なのです。
ちなみにバネ丁番になってます。

12.2-3.jpg

12.2-4.jpg

12.2-5.jpg

12.2-6.jpg

男性はもちろん、女性が掛けてもかなりいいですねぇ。

前回BOXINGの内藤VS亀田の話をしましたが、大差の判定勝ちは良かったと思います。
亀田選手も試合後に内藤選手をねぎらったり感謝の気持ちを伝えてましたし、スポーツマンであることもアピール出来たと思います。
敗れた内藤選手は、やはり判定負けすると納得いく人ってあまりいないんですかね、判定に対して余り納得いった感じではありませんでしたが、チャンピオンを称えていたのはスポーツマンでした。

さて、最近TVがハイビジョンになってから格闘技を見ているとよく思うことがあります。
それは観客までよく見えるということです。
昔のTVでは全然気にならなかったのに、今では試合中にもかかわらず観客席の有名人に目がいくことがあります。
今回でいえばドン・キホーテの社長さんやDREAMの所英男選手など。
芸人さんは格闘技好きな人が多いから、大晦日TBSで放送されるDynamite!!でも目に入ってくるんだろうなぁ。

posted by オリオンマン at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年11月29日

白と黒

11.29-1.jpg

今日は前回に引き続きKIO YAMATOからKP-058Aを紹介します。
前回ご紹介したKP-059Aのフルリム版です。
カラーは黒と白です。

11.29-2.jpg


バックが白なのでよくわからなくなってしまっていますが、とても綺麗な白と黒のコントラストです。

11.29-3.jpg

11.29-4.jpg

11.29-5.jpg

11.29-6.jpg

さて、今夜はBOXINGの内藤VS亀田が行われます。
とても楽しみですし、はっきり言ってどちらが勝ってもいいと思っています。
10年以上前に辰吉VS薬師寺があった時は、ちょうど大阪に住んでいたので、辰吉選手を応援してラウンドごとに採点をつけてみてました。
私の採点では辰吉選手がかろうじて勝っていたのですが、結果は薬師寺選手の勝ちでした。
今回は内藤選手が勝ったら勝ったでいいような気もしますし、亀田選手が勝ったら勝ったでいいと思っています。
KO決着は難しいと思いますが、微妙な判定決着は遺恨を残しそうなので、判定でも圧倒的な判定勝ちをして、白黒はっきりしてほしいです。

posted by オリオンマン at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年11月27日

MOSS

11.27-1.jpg

さて、今日は KIO YAMATO のKP-059Aというセルのナイロールを紹介します。
このフレームは何といってもカラーリングでしょう。
モスグリーンと朱色っぽい赤とが、フロントとテンプルとでキレイに交わり、素晴らしいのひと言です。

11.27-2.jpg

うーんこのコントラストが素晴らしい。この図柄を合わせる技術はとても難しいはずです。

11.27-3.jpg

11.27-4.jpg

11.27-5.jpg

11.27-6.jpg

今回は顔の小さい婦人にもぴったりです。
このカラーリングは中国共産党っぽいですが、世界に誇るMADE IN JAPANです。
このモスグリーン個人的に懐かしい感じだなぁと思っていたのですが、まずモスグリーンという言葉が懐かしく、子供のころよく作ったガンダムのプラモデルのカラーを思い出しました。
わかる人にはわかるし、わからない人にはまるで謎でしょうが、モスグリーンって結構使った色だった気がするんですよね。
まず頭に浮かんだのは旧ザク。
あとは普通のザクや量産型ゲルググなんかもモスグリーンだったよなぁ。
考えてみれば戦車とか兵器の色って大体モスグリーンなんですよね。
自分が幼稚園の頃にはすでにプラモデルを作って遊んでいたけど、自分の長男があと1、2年でプラモデルに色塗ったりセメダインでくっつけて作ったりしているのは想像できないなぁ。
それだけ今の子供は手先を器用に使えなくなっているのか、あの頃の自分がただ器用だっただけなのか、少し不安に思ってしまう今日この頃でした。
posted by オリオンマン at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年11月13日

阪神の呪い

11.13-1.jpg

今日はKIO YAMATOのKT-272を紹介します。
とてもバランスのいい形で、フロントはO&Xにも言えることですが一枚のチタンをプレスして作られているので、すこぶる丈夫です。

11.13-2.jpg

フロントとテンプルを繋ぐ部分は衝撃を吸収する構造になっています。


11.13-4.jpg

11.13-3.jpg

戸塚君も気に入っているように見えます。

さて、今日は大晦日にTBSで放送される格闘技番組について少し書きたいと思います。
今年は魔娑斗選手の引退試合があるということで、主役は間違いなく魔娑斗選手です。
相手はものすごい強さで先月の大会を優勝したペトロシアン選手になる予定でしたが、ペトロシアン選手の骨折ということで、魔娑斗選手が希望していたアンディ・サワー選手に決まりました。
サワー選手はこの試合で、K-1MAXでは禁止されているロングスパッツ着用を希望しています。
ロングスパッツは昔OKだったのですが、何故か最近禁止になっていました。
サワー選手はロングスパッツに強いこだわりがあり、私もサワー選手のロングスパッツがとても好きだったので、ぜひロングスパッツで対戦してほしいです。
サワー選手のロングスパッツはベッカム選手が履いていたことで世界的にも有名になったEVISジーンズのものです。
EVISジーンズは大阪のブランドで、ペンキで書いたカモメマークが目印のアメカジブランドです。
魔娑斗選手は顔を殴ってKOするからとロングスパッツに対して容認するような発言をしているので、サワー選手がEVISのロングスパッツを履くのは間違いなさそうです。
ロングスパッツといえば私が応援し続けている総合格闘技DREAMのライト級チャンピオン青木信也選手もロングスパッツを履いています。
デザインは毎試合変わるのですが、ニューバランスのデザイナーがデザインするロングスパッツは毎回テーマがあり、とてもカッコいいです。
大阪で試合あった時は食い倒れ太郎モチーフや、阪神タイガースモチーフなどがあったのですが、阪神の時には負けてしまいました。
総合格闘技で阪神タイガースを取り入れると負けるというのはよくあります。
桜庭選手も阪神の帽子をかぶって入場して負けたし、ヴァンダレイ・シウバ選手も阪神帽で入場したら負けました。
もしかしたら総合格闘技において阪神タイガースは呪われているのかもしれませんね。
posted by オリオンマン at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO

2009年11月10日

KIO YAMATO

11.10-1.jpg

写真は先日のIOFTで取り扱いを始めたブランド“KIO YAMATO”です。
今日商品が届いたのでディスプレイと一緒に撮ってみました。
詳しくは一本ずつ戸塚君に掛けさせて紹介していきたいと思いますので、どうぞ楽しみにお待ちください。
KIO YAMATOは当店で扱っているO&X NEWYORKのお兄さんブランドで、O&Xよりも値段は高いですが、値段以上のクオリティがあると思います。

さて、今ニュース速報で市橋容疑者が大阪で捕まったと知りました。
福岡から大阪に戻っていたのですね。
うーんこれでリンゼイさんのご家族の方は少し安心できたかもしれませんが、これからまた色々な事が明らかになり、とても長く苦しむことになると思うとお気の毒です。
もちろん犯人が捕まったのはとても喜ばしいことですけどね。
市橋容疑者の通っていた大学と、松戸の女子大生が殺されてマンションが燃えた事件の被害者は同じ千葉園芸大ですけど、誰もそのことについて触れませんね。
松戸に住んでいる私としては、早く女子大生の事件も解決してもらいたいものです。
posted by オリオンマン at 19:59| Comment(0) | TrackBack(0) | KIO YAMATO