千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2013年12月01日

Style Shades 5090 03

1201-01.jpg

今日もSilhouetteから届いた前掛けサングラスを紹介します。

1201-3.jpg

Style Shade 5090 03 ¥9,450(税込)

スタイルシェイズ は、UV-A波、UV-B波 及びUV-C波を100%カットし、87% の有害な青色光をもカットする事ができます。
偏光フィルタを通して、太陽光が平面に照射して起きる、水またはアスファルト等の反射や眩しさも除去します。
大きめにデザインされたスタイルシェイズのレンズ は、側面から照射する太陽光の侵入を妨げ目を保護します。
重量5.1gの スタイルシェイズは、掛けている事を忘れてします程の軽さです。
シルエットのチタンミニマルアートは、レンズの重量を入れて約 10 gであり、スタイルシェイズを加えても総重量わずか15.1gです。

1201-2.jpg
TNGに付けるとこんな感じです。

1128-2.jpg
1128-7.jpg
1128-8.jpg
↑SPX Art+着用の戸塚君

1129-1.jpg
1129-6.jpg
1129-7.jpg
↑ミニマルアート着用の柏原さん

今回紹介する5090 03はStyle Shadesの中でも一番人気はこの型かな?という感じがします。
しかし柏原さんの写真をよく見ていただければ分かるのですが、眼鏡のレンズ上部がサングラスよりも突き出ています。
ブリッジの位置や眼鏡レンズの形によっては、こんな感じではみ出てしまうこともあります。
ですから、ご自分が着用されるシルエットの眼鏡にどのStyle Shadesが合うかは、店頭にあるサンプルで合わせていただくか、お問い合わせいただければ当店スタッフが調べますので、気軽にご相談していたければと思います。
ちなみに今回紹介した5090 03は日本で常時在庫される一本です。
posted by オリオンマン at 13:32| Silhouette

2013年11月30日

Style Shades 5090 02

1130-1.jpg

今日もSilhouetteから届いた前掛けサングラスを紹介します。
写真右の男性が掛けているのが今回紹介するStyle Shade 5090 02です。

1130-3.jpg

Style Shade 5090 02 ¥9,450(税込)

スタイルシェイズ は、UV-A波、UV-B波 及びUV-C波を100%カットし、87% の有害な青色光をもカットする事ができます。
偏光フィルタを通して、太陽光が平面に照射して起きる、水またはアスファルト等の反射や眩しさも除去します。
大きめにデザインされたスタイルシェイズのレンズ は、側面から照射する太陽光の侵入を妨げ目を保護します。
重量5.1gの スタイルシェイズは、掛けている事を忘れてします程の軽さです。
シルエットのチタンミニマルアートは、レンズの重量を入れて約 10 gであり、スタイルシェイズを加えても総重量わずか15.1gです。

1130-2.jpg
↑TMA ICONに付けるとこんな感じです。

1128-2.jpg
1128-5.jpg
1128-6.jpg
↑SPX Art+着用の戸塚君

1129-1.jpg
1129-4.jpg
1129-5.jpg
↑ミニマルアート着用の柏原さん

前回紹介した5090 01と同じようにツーブリッジタイプです。
ティアドロップのように丸みはなく、四角い感じです。
スタイルシェイズでは5型の中で一番大きいタイプになります。
こちらはオーストリアからの取り寄せになると思いますので、当店に在庫がなければお時間を少々頂くことになるとは思います。
これだけ大きくても重さはまるで感じさせないのがスタイルシェイズのいい所ですので、シルエットの眼鏡をお使いの方は是非ご検討いただければと思います。
posted by オリオンマン at 11:13| Silhouette

2013年11月29日

Style Shades 5090 01

509001-4.jpg

今日はSilhouetteから届いた前掛けサングラスを紹介します。
5型あるので、5回に分けて紹介していきます。

以前からSilhouetteのフレームには前掛けサングラスが別売りでありましたが、レンズの玉型にピッタリ合うタイプを在庫するのは不可能で、日本でも在庫を持つことは殆どありませんでした。
ですから前掛けサングラスのご注文を頂いてから早くて2週間、遅くなると2ヶ月以上掛かることが当たり前でした。
今回のStyle Shadesは玉型を5型に限定し、その中で選んで頂こうというコンセプトの前掛けサングラスです。
5型のうち2型は日本で在庫するということなので、その2型であれば1週間以内にお渡し出来ると思います。

509001.jpg

Syle Shade 5090 01 ¥9,450(税込)

スタイルシェイズ は、UV-A波、UV-B波 及びUV-C波を100%カットし、87% の有害な青色光をもカットする事ができます。
偏光フィルタを通して、太陽光が平面に照射して起きる、水またはアスファルト等の反射や眩しさも除去します。
大きめにデザインされたスタイルシェイズのレンズ は、側面から照射する太陽光の侵入を妨げ目を保護します。
重量5.1gの スタイルシェイズは、掛けている事を忘れてします程の軽さです。
シルエットのチタンミニマルアートは、レンズの重量を入れて約 10 gであり、スタイルシェイズを加えても総重量わずか15.1gです。

509001-1.jpg
↑SPX Artに取り付けるとこんな感じです。

509001-2.jpg
↑内側から見るとこんな感じです。
眼鏡のレンズと大きさが異なりますが、外から見るとスタイルシェイズは程よくミラーがかかっているのでそれほど気にならないと思います。

1128-2.jpg
1128-3.jpg
1128-4.jpg

↑SPX Art+着用の戸塚君

1129-1.jpg
1129-2.jpg
1129-3.jpg

↑ミニマルアート着用の柏原さん

Syle Shade 5090 01は定番のティアドロップ型です。
西部警察の大門サングラスと言われること間違いなしですが、モデルさんのようにカッコよく掛けられれば本当にお勧めです。
目尻までスッポリ覆ってくれるので、目尻のシワやシミに対しては抜群の効果を発揮する形なんですが、少しハードルは高いと言えます。
この5090 01は日本で常時在庫される一本になります。

ブリッジの部分がSPXという樹脂を使ったタイプのモデルは今回紹介しているスタイルシェイズは取り付け出来ませんが、従来のタイプでお作りすることは可能です。
ブリッジの部分がチタンのモデルであれば、ほぼスタイルシェイズは使用可能だと思いますので、今シルエットの商品をお使いの方で、自分が使っているタイプのモデルが使用可能かどうか知りたい方は、お気軽にご相談していただければと思います。
posted by オリオンマン at 13:52| Silhouette

2013年10月25日

SPX Art+ 4393

SPX Art+_Still.jpg

今日でシルエットの新シリーズSPX Art+の紹介は最後です。

1023-1.jpg

SPX Art+ 4393 サイズ 52□17-150 カラー 6204 ¥32,550(税込)

1023-2.jpg

ブリッジはピンクとパープルの中間といった感じの色です。

1023-3.jpg

テンプルも同系の明るいカラーです。
SPX Art+を一本だけ仕入れるとしたら間違いなくこの6204カラーだと思います。

1023-4.jpg
1023-5.jpg

SPX Art+の中では一番リピートオーダーをするであろう6204カラーですが、女性には安心してお勧め出来る綺麗なカラーです。

SPX Art+の紹介は今回が最後ですが、派手な色から落ち着いた色までバリエーションが豊富ですし、洗練されたデザインと軽さを両立したSilhouetteらしいモデルですので、様々な方に自信を持ってお勧め出来るフレームです。
posted by オリオンマン at 10:42| Silhouette

2013年10月23日

SPX Art+ 4391

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1022-1.jpg

SPX Art+ 4391 サイズ 53□17-150 カラー 6211 ¥32,550(税込)

1022-2.jpg

ブリッジはシャイニーグレイです。

1022-3.jpg

テンプルのカラーはプラムとでもいいましょうか、紫色っぽい落ち着いた色です。

1022-4.jpg
1022-5.jpg

紫色が落ち着いた中にも凛とした感じに見えます。
着物とかでも相性よさそうです。
落ち着いた大人の女性に是非お勧めの6211カラーです。
posted by オリオンマン at 13:07| Silhouette

2013年10月22日

SPX Art+ 4390

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1020-1.jpg

SPX Art+ 4390 サイズ 52□17-150 カラー 6209 ¥32,550(税込)

1020-2.jpg

ブリッジはシルバーマットです。
玉型は少しバタフライっぽいソフトな玉型です。

1020-3.jpg

とても綺麗なターコイズブルーとホワイトの組み合わせ。
今回のSPX Art+でも一番綺麗で目立つカラーです。

1020-4.jpg
1020-5.jpg

8月末にSilhouetteのテクニカル セミナーというシルエットのフレーム全般の調整や取り外しなどのセミナーへ行ったのをこのブログでも書きましたが、その時のペトラさんという女性の講師が掛けていたのがこのSPX Art+の今日紹介した6201カラーでした。
白人の白い肌にターコイズが綺麗に映えていたのが印象的でした。
しかし白人ではなくてもターコイズは褐色にも合いますのでお勧めです。

さて、日曜日は格闘技を観に後楽園ホールへ行って来ました。
仲良くしていただいてる選手にチケットを手配してもらったのでとても観やすいイイ席で観戦出来ました。
長南亮選手というPRIDEやUFCといったメジャー団体で活躍した選手の引退試合ということで超満員。
私の周りも長南選手応援団ばかりで、メインイベントの前には黒い紙テープを渡され、長南選手のコールに合わせて紙テープを投げることも出来ました。
後楽園ホールはプロレスやボクシングなど格闘技の聖地的な場所でもあるので、小さい頃からTVでプロレスを観ていた私にとって、リングに紙テープを投げるというのは一つの憧れでした。
例えるのなら東北の阪神ファンがいつか甲子園へ行って風船飛ばしてみたいという感覚に近いと思います。
私の投げた紙テープはトップロープに当たりリングインしませんでしたが、満足感は高かったです。
そして試合開始。
野太い声の「長南頑張れぇぇ!!」「長南さん頑張れぇぇ!!」という声に混じり可愛くも大きな声で「パパ頑張って!」という声援。
長南選手は私と同じくらいの年齢ですし、子供の年齢も同じくらいなのをブログで知っていたので、その声援を聞いて勝手に泣きそうになってしまいましたが、会場中の応援もあり長南選手は素晴らしいファイトをみせてくれました。
見応えのある3Rを戦い抜き、見事判定で勝利!!
長南選手現役生活本当にお疲れ様でした。
今年はこれで会場観戦は最後かなと思いますが、やはり会場で観るのは最高だなとしみじみ思いました。
posted by オリオンマン at 12:08| Silhouette

2013年10月19日

SPX Art+ 5347

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1019-1.jpg

SPX Art+ 5347 サイズ 54□17-150 カラー 6209 ¥32,550(税込)

1019-2.jpg

ブリッジはツヤのあるブラックです。
玉型は少しサイドに特徴のある形です。

1019-3.jpg

ブラック×レッドという相性のいい組み合わせです。

1019-4.jpg
1019-5.jpg

鮮烈なレッドです。
個人的に黒×赤は好きな色です。
男女問わず選んでいただける色だと思います。

さて、昨日このブログで勝利を願った青木真也選手は無事に勝ちました。
1R開始直後、金的に強烈な膝蹴りを喰らい5分間インターバルがあったものの完全に回復するわけも無く、非常に苦しい状況の中相手に何もさせずに完勝。
階級を落としたフェザー級で5分3ラウンドを戦い抜けたのは、とても大きな収穫だったと思いますし自信になったのだと思います。
いやぁ良かった良かった。

実はわたくし明日10月20日(日)に後楽園ホールで格闘技の試合を観に行ってきますので、午後から早退させていただきます。
遊びに出掛けることをよくもブログで堂々と言えるなとお叱りを受けるかもしれませんが、どうぞご理解下さい。
おそらく今年最後の格闘技観戦を楽しんで参ります!
posted by オリオンマン at 11:38| Silhouette

2013年10月18日

SPX Art+ 5352

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1018-1.jpg

SPX Art+ 5352 サイズ 54□17-150 カラー 6210 ¥32,550(税込)

1018-2.jpg

ブリッジはマットブラックです。
玉型は割と大きめで一般的な紳士枠を使われていた方には抵抗ない形だと思います。

1018-3.jpg

眩しくはないですが綺麗なブルーです。

1018-4.jpg
1018-5.jpg

ここまで綺麗なブルーだと少し目を惹きますね。

さて、先週は眼鏡業界としては一年で一番賑やかな展示会ウィークでした。
今日紹介したSilhouetteを始め、ic! berlinやMYKITAなどのドイツブランドを始め色々仕入れてきました。
毎回写真を沢山撮ろうと意気込んで行くのですが、結局は眼鏡選びに夢中になり全然写真撮れずに終わるといういつものパターンの繰り返しで、今年もそんな感じでした。
Silhouetteに限ってお話すると、前掛けのサングラスが一番のニュースかもしれません。
ブリッジがチタンのタイプに付けられる前掛けのサングラスが発売されます。
Style Shadesというこの前掛け用サングラスは5種類の玉型があり、好みによってお選びいただけます。
詳しくはこちらのSilhouetteオフィサルサイトをご覧ください。
当店では5種類全てご覧いただき、試していただけるように手配しておりますので、入荷まで今しばらくお待ち下さいませ。
また入荷次第このブログにて紹介させていただきます。

久しぶりに格闘技の話題を。
本日10月18日(金)は私が以前から応援するプロアスリート青木真也選手の試合がシンガポールで行われます。
世界的に有名な格闘技の選手である青木選手は去年からシンガポールに本拠地を置くONE FCという団体に活動の場を移し、今年は見事ライト級のベルトを巻きました。
そして今回はライト級から1階級軽いフェザー級への挑戦になります。
普段から摂生している青木選手にとってはフェザー級は決して無謀な挑戦ではなく、世界的に見るとライト級のファイターは青木選手よりも大きな選手ばかりなので、未来を見据えた大きな挑戦であることは確かです。
今日はしっかり完勝してもらって、お祝いしたいところです。
posted by オリオンマン at 11:34| Silhouette

2013年10月16日

SPX Art+ 5351

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1016-1.jpg

SPX Art+ 5351 サイズ 51□17-150 カラー 6212 ¥32,550(税込)

1016-2.jpg

ブリッジはグレーマットです。
玉型は角の取れたスクエアといった感じです。
当たり障りのない玉型です。

1016-3.jpg

かなり明るいオレンジです。

1016-4.jpg
1016-5.jpg

正面から見てもビビッドなオレンジが眩しく光って見えます。
SPX Art+は明るい色が何色かありますが、一番目立つのはこの6212カラーのオレンジだと思います。
やはり明るく元気に見せたいのであればこういうビタミンカラーが一番だと思います。
全部このオレンジだと酷いことになるとおもいますが、これくらいの分量であれば調度良く色の効果を使えると思いますので、元気に見せたい方は是非お試しいただければと思います。
posted by オリオンマン at 13:06| Silhouette

2013年10月15日

SPX Art+ 5350

SPX Art+_Still.jpg

今日もシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。

1015-1.jpg

SPX Art+ 5350 サイズ 54□17-150 カラー 6205 ¥32,550(税込)

1015-2.jpg

ブリッジはSilhouetteではよくあるライトブルーです。
玉型は結構大きめのスクエアです。

1015-3.jpg

男女問わず掛けられる涼しげなブルーです。

1015-4.jpg
1015-5.jpg

玉型が大きかったので戸塚君に掛けてもらいました。
はい、なかなかイイと思います。
勿論玉型は変更出来ますので、女性の方にもお勧めです。
posted by オリオンマン at 13:38| Silhouette

2013年10月13日

SPX Art+ 5349

SPX Art+_Still.jpg

今日はシルエットの新シリーズSPX Art+を紹介します。
全部で8色なので、いつものように小出しに紹介して行きます。

SPX Art+はその名の通りにSPX Artに+したシリーズです。
SPX Artよりもシンプルなカラーリングですが、淡い色からポップな色まで様々です。

10131.jpg

SPX Art+ 5349 サイズ 51□17-150 カラー 6200 ¥32,550(税込)

1013-2.jpg

6300カラーはブリッジがポリッシュド シルバーで、テンプル、モダンともにホワイトです。
SPX ArtでもPure Whiteというカラーがありますが、SPX Artではマットだった表面がSPX Art+ではツヤのある表面に変わっています。

1013-3.jpg

解かり難くてすみませんが、綺麗なホワイトであることはお解かりいただけると思います。
涼しげで清潔感溢れる純白です。

1013-4.jpg
1013-5.jpg

戸塚君だけに掛けてもらいましたが、勿論女子にもお勧めのカラーです。
白い眼鏡を掛けてみたいけど、掛けてみると眼鏡が浮いてしまうので断念する方は多いと思います。
SPX Art+のホワイトであればホワイトの分量が少ないので、程良くアクセントをつけることが出来ますのでとてもお勧めです。
posted by オリオンマン at 15:50| Silhouette

2013年09月20日

MODERN SHADES 5245

9.15-0.jpg

今日もSilhouetteのMODERN SHADESを紹介します。

9.19-1.jpg

MODERN SHADES 5245 カラー 6053(Teal-brown Look) サイズ 54□17-140 ¥31,500(税込)

9.19-2.jpg

Tealというのは青緑のことらしいです。
かなり明るいネオンカラーですが、フロントとヨロイのチタン部分はブラウンマットです。
テンプルは明るい青緑に白く縁取りされたグレーがプリントされています。
玉型はオーソドックスなスクエアです。

9.19-3.jpg
9.19-4.jpg
9.19-5.jpg
9.19-6.jpg

男女問わずに掛けられるカラーと玉型だと思います。
綺麗な青緑色は好き嫌い分かれるかもしれませんが、明るい色の分量も調度いいと思いますので是非お勧めです。

今日でSilhouette MODERN SHADESの紹介は終了です。
他にも綺麗なカラーが沢山ありますので、興味のある方はSilhouetteのホームページで確認していただければと思います。
Silhouetteのホームページは日本語表記に出来て見やすいですし、日本では採用されていないカラーとかモデルとかも見れて非常に充実しています。
気になるモデルやカラーなどがあれば取り寄せも出来ますので、是非よろしくお願いします。
posted by オリオンマン at 12:08| Silhouette

2013年09月18日

MODERN SHADES 4292

9.15-0.jpg

今日もSilhouetteのMODERN SHADESを紹介します。

9.18-1.jpg

MODERN SHADES 4292 カラー 6051(White-gold Sunlight) サイズ 54□17-140 ¥31,500(税込)

9.18-2.jpg

フロントとヨロイはゴールドに輝いております。
テンプルはマットホワイトに何色と表現しにくいのですがサンドベージュのようなカラーを黒で縁取りしたカラーがプリントされています。
玉型はやはり女性向きのデザインで、全体的に優しいラインです。
角を引き立たせたスクエアの玉型でキリッとさせると男性でもカッコ良く掛けられると思います。

9.18-3.jpg
9.18-4.jpg
9.18-5.jpg
9.18-6.jpg

優しく見せる玉型なので戸塚君も少し温和な感じに見えます。
カラーもカラーなので、これだけ優しいラインだと少しオネエっぽく見えてしまうので、やはりキリッとした角の立った玉型で掛けた方が戸塚君はイイかなと思いました。
ホワイト×ゴールドというシルエットが得意な組み合わせを是非試していただきたいなと思います。
posted by オリオンマン at 12:56| Silhouette

2013年09月17日

MODERN SHADES 4291

9.15-0.jpg

今日もSilhouetteのMODERN SHADESを紹介します。

9.17-1.jpg

MODERN SHADES 4291 カラー 6055(Red-ivory Pearl) サイズ 51□17-140 ¥31,500(税込)

9.17-2.jpg

テンプルはクリアのアイボリーにパールカラーを赤で縁取りしたカラーがプリントされています。
玉型は女性向きのデザインで、遠近両用にも対応し易い玉型だと思います。
男性向きの玉型で作れば勿論男性でも掛けられるカラーだと思いますので、赤が好きな男性の方にも是非お勧めです。

9.17-3.jpg
9.17-4.jpg
9.17-5.jpg
9.17-6.jpg

赤にパールカラーを合わせると本当にモダンな印象になります。
あえてアイボリーに赤とパールを乗せているところがヨーロッパ的という感じです。
posted by オリオンマン at 13:43| Silhouette

2013年09月15日

MODERN SHADES 4290

9.15-0.jpg

しばらくブログ更新していませんでしたが元気です。
今日は今まで紹介していなかったシルエットのコレクションを紹介したいと思います。
MODERN SHADESというコレクションで、確かにモダンなカラーリングです。

9.15-1.jpg

MODERN SHADES 4290 カラー 6060(Green-yellow Spirit) サイズ 55□17-140 ¥31,500(税込)

9.15-2.jpg

シルエットらしい黄緑が眩しいカラーです。
テンプルはクリアの黄緑色にグレーを明るい色で縁取りしたカラーがプリントされています。
玉型はかなり天地幅があり、サイドはスパッと切り落とされたようなデザインです。
勿論この玉型のまま作ることも出来ますが、違う玉型で作ることも出来ますのでご安心を。

9.15-3.jpg
9.15-4.jpg
9.15-5.jpg
9.15-6.jpg

男女問わず選んでいただける色だと思います。
結構目を引く色だと思いますので、ありきたりの色には満足出来ない方には選んでいただきたい色です。
センスの感じられる色の組み合わせが印象的なSilhouette Modern Shadesはお値段も抑えていますのでお勧めです。
posted by オリオンマン at 14:32| Silhouette

2013年09月04日

デッドストック紹介その弐

今日は久しぶりにデッドストックの紹介をしたいと思います。
今回紹介するのはシルエットの珍品で、10年以上前に展示会にて購入した記憶があります。

9.4-1.jpg

Silhouette SPX 3171 カラー 6090 ¥32,760(税込)

9.4-2.jpg

確か10数年前の展示会でミニマルXのサングラスバージョンみたいのが展示してあり、ヨーロッパ仕様でしたが6色くらいあったような気がします。
その中でこれサングラスなの?というのが一本あり、“面白いな”というだけで購入しました。
展示会だけの注文だったみたいですし、なかなか購入したお店も限られると思うので今となってはかなり珍しいモデルだと思います。
ミニマルXでも透明のカラーが無い時代にフロントはクリアで、テンプルは中央のみ艶消しになっていて、こんな透明のミニマルXが出たら売れるだろうなと思いました。
その数ヵ月後か一年後かにミニマルXでクリアが登場し、やはり売れましたし今も売れ続けているカラーです。
さて、このサングラスの最大の特徴はレンズです。
レンズの上下が完全にサンドブラストされて艶消しになっています。
これで見え難くないの?と思いますけど、上下に視野は少し狭くなりますが大丈夫です。
設計の悪い遠近両用レンズよりもちゃんと見えるはずです。

9.4-3.jpg
9.4-4.jpg
9.4-5.jpg
9.4-6.jpg

どうでしょう?結構インパクトあると思います。
レンズはクリアに見えますが、ミラーが施されていて可視光線透過率は85%なので、15%ほど色が入っています。
クリングスという鼻パッドの足がヨーロッパ仕様なのでミニマルXとかと比べると短いです。
MOMA永久展示みたいにオリオンメガネ永久展示になりそうなサングラスですが、Silhouetteの商品を沢山扱っている当店であれば、いいディスプレイとして飾っておくのも悪くないと思っています。
当店はSilhouetteをお探しの方が遠方より来られるので、Silhouetteを探しに来たついでにSNS用でこのサングラスを掛けて写真でも撮っていただければ幸せだと思います。
普通の眼鏡でも中央をマスキングしてサンドブラストすればこういう感じに出来ますが、恐らく誰もやらないでしょうね…
前回紹介したゴルチエのサングラスみたいに、いざ売れてしまうと少し寂しくなりそうですが、気にっていただけるお客様がいらっしゃればそっちの方が幸せですから、ご来店お問い合わせお待ちしております!
posted by オリオンマン at 12:00| Silhouette

2013年07月13日

TMA ICON その陸

TMA_5300_50_6058_Still.jpg

今日もSilhouetteの新作TMA Iconの紹介の続きです。

7.13-1.jpg

TMA ICON 7577 サイズ 51□17-150 カラー 6050 Brown Terracotta ¥33,600(税込)

7.13-2.jpg

ブラウン・テラコッタという名前の色ですが、チタンの部分は完全にポリッシュド・ゴールドです。
ゴールドは日本人の肌に近い色なので合わせやすいです。

7.13-3.jpg

モダンの先もゴールドのパーツが使われています。

7.13-4.jpg

外側はブラウン、内側がテラコッタという色で間違いないと思います。
内側のテラコッタ部分は滑り難い仕様になっています。

7.13-5.jpg
7.13-6.jpg
7.13-7.jpg
7.13-8.jpg

玉型は横幅、天地幅ともに小さめです。
今は遠近両用レンズの設計がいいので、こういう小さめの玉型でも満足度の高い遠近両用の眼鏡が出来ます。
若い男性だとこのゴールドはなかなか選び難いと思いますが、18金の極太ネックレスなどされている方にはお勧めです。
posted by オリオンマン at 16:26| Silhouette

2013年07月12日

TMA ICON その伍

TMA_5300_50_6058_Still.jpg

今日は以前紹介したSilhouetteの新作TMA Iconの紹介の続きです。

7.12-1.jpg

TMA ICON 4341 サイズ 54□17-150 カラー 6057 Violet-purple Emotions ¥33,600(税込)

7.12-2.jpg

カタログではもう少し薄い色でしたが、実物は少し濃い目の色でした。
ヴァイオレットパープルというよりはラベンダーに近い色だと思います。
レンズの天地幅は37mmとかなり大きいですが、勿論このフレームを使ってレンズの形は別の形で作ることが出来ますので、フレームは良いけど形は…という方はご安心ください。

7.12-3.jpg

光が当たらないとかなり濃く見えます。

7.12-4.jpg

モダンの部分は内側がラベンダーカラーで、外側は黒っぽいですが非常に濃い紫色です。

7.12-5.jpg
7.12-6.jpg
7.12-7.jpg
7.12-8.jpg

男子である戸塚君が掛けても全然問題ない少し涼しめのカラーです。
玉型が大きくて少し違和感があるかもしれませんが、色白の柏原さんが掛けるととても綺麗に映えます。
posted by オリオンマン at 12:47| Silhouette

2013年07月08日

TITAN RAYS

Titan_Rays_5240_60_6060_Still.jpg

今日は新商品でもないのですが、紹介し忘れていたSilhouetteのTITAN RAYSを紹介します。

7.8-1.jpg

TITAN RAYS 4310 サイズ 52□17-145 カラー 7053 Pink plum Look ¥37,800(税込)

7.8-2.jpg

TITAN RAYSはチタンのテンプルをシルエットが誇る樹脂素材SPXに埋め込ませたモデルです。
シルエットには珍しいストレートテンプルなのも特徴です。
Pink plum Lookというカラーもマットで綺麗な色です。

7.8-3.jpg

SPXにチタンが埋め込まれているテンプルですが、お腹が空いてるせいなのか私の大好きなブルボンのお菓子“チョコリエール”の形状に似てると思います。

7.8-4.jpg
7.8-5.jpg
7.8-6.jpg
7.8-7.jpg

チタン・レイズはストレートテンプルですが、掛け心地はフィッティング次第で変わると思います。
ストレートテンプルのフィッティングはic! berlinやMYKITA、OAKLEYを扱っているお店としては得意分野でもあるので、自身を持ってフィッティングさせていただきます。
今までたためるタイプのストレートテンプルというのはシルエットでも無かったと思うので、興味のある方は是非。
posted by オリオンマン at 15:32| Silhouette

2013年06月18日

TMA ICON その四

5.22.22.jpg

今日は以前紹介したSilhouetteの新作TMA Iconの紹介の続きです。

6.18-1.jpg

TMA ICON 5300 サイズ 52□16-150 カラー 6058 ¥33,600(税込)

6.18-2.jpg

黒×赤というシルエットでは良く採用される色の組み合わせです。
チタンの部分はマットブラックです。
レンズはかなり天地幅がありますが、勿論このフレームを使ってレンズの形は別の形で作ることが出来ますので、フレームは良いけど形は…という方はご安心ください。

6.18-3.jpg

基本外側は黒です。
モダンの内側部分のみ赤が使われていますが、他は全て黒です。

6.18-4.jpg

赤い部分のみ滑り難いような仕上げになっています。

6.18-4.jpg
6.18-5.jpg

レンズの形が紳士向きの形だったので戸塚君のみですが、黒×赤は女性にも人気のカラーです。

最近シルエットの真似をして作られたメガネを見る機会がよくあります。
しかしやはりオリジナルを超えることは難しいし、そんな努力をして作られた訳ではないんだなとも思います。
同じように蝶番が無くてもシルエットのように滑らかなバネ性ではなくてギシギシなるように硬かったり、洗練されたデザインではなくただ細いだけだったり、オリジナルのようにデザイナーや技術者が何年も努力や改良をしてようやく生み出された商品と、その生み出された商品を一部分だけ変えてあたかも私たちが作り上げましたと売り出される商品とでは、同じ品質でもなければデザインもチープに見えますし実際チープです。
コピーするのであればオリジナルを超えるような何かがなければ、所詮偽物でしかないと思います。

“私は本物を掛けたい”
そういうお客様に是非掛けていただきたいシルエットのTMA ICONです。
posted by オリオンマン at 11:09| Silhouette