千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2010年08月31日

神永昭夫

8.28-5.jpg

今回は前回に引き続きローデンストックのキッズ用フレームを紹介します。
R2104はおもいっきりスクエア型で、カラーリングもブルーメタリックにフロントのみガンメタ、テンプルは2色のグレーという感じで、男の子向けになっております。

8.28-6.jpg

フロントのリム部分のみカラーがガンメタになって少し落ち着いた印象です。

8.28-7.jpg
8.28-8.jpg

もちろん大人の方でも掛けられますが、顔の大きさが一般的ですとこめかみを圧迫されると思いますので、あまりお勧めできません。
価格は¥16,170(税込)です。

さて、前回アントン・ヘーシンクがいかに素晴らしい柔道家だったかを少しご紹介しましたが、ヘーシンクと東京オリンピック決勝で対戦した神永昭夫氏も素晴らしい柔道家でした。
神永氏は東京オリンピック直前に膝の靭帯を断裂しますが、そのことを周囲には洩らさず、同じ柔道部の仲間や後輩にも堅く口止めしていました。
そして決勝で袈裟固めによって破れます。
柔道の最重量級というのは、絶対に勝たなければいけないという使命があり、日本国中の期待があったので、試合後はしばらく神永は仕事に復帰しないだろうと周囲は思ったそうです。
しかし神永氏は何もなかった様にいつも通りに出社して仕事をしていたそうです。
非常に面倒見がよく、プロレスへ行ってしまい柔道界からは裏切り者的に見られていた坂口征二氏にも、大学の同窓会で気さくに話しかける温かい心のある人だったそうです。
オリンピック柔道最重量級の金メダルは日本の悲願でしたが、神永の教え子である上村春樹(現、第5代講道館館長、全日本柔道連盟会長)がモントリオール五輪で金メダルを獲得し、悲願は達成されました。
posted by オリオンマン at 18:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月28日

アントン・ヘーシンク

8.28-1.jpg

前回に引き続き今回も子供用フレームの紹介です。
今回紹介するのはRODENSTOCKです。
R2102というこの子供用フレームはパープルとピンクのカラーリングは昔の紳士用ローデンストックしか知らない方々はビックリするくらい派手なカラーですが、子供用ですし渋くないのもいいと思います。
テンプルは2色のピンクがカワイイラバー素材で滑り難くなってます。
サイズは43□17-125です。
価格は¥16,170(税込)です。

8.28-2.jpg

フロント正面のリムだけピンクになっています。

8.28-3.jpg
8.28-4.jpg

子供用ですが顔の小さい戸塚夫人には掛けられなくない大きさです。

さて、今日東京オリンピックの柔道無差別級金メダリストであるアントン・ヘーシンク(オランダ)が亡くなったというのをニュースで知りました。
ヘーシンクは立ち技だけではなく、寝技も物凄く強かったそうです。
決勝で神永昭夫氏と対戦し袈裟固めで一本勝ちしますが、勝利直後に喜びのあまり駆け寄ろうとして畳に上がろうとしたオランダのコーチ陣を「礼が終わってない。」と手で制した話は、ヘーシンクが身体の大きさと力だけで勝利を重ねてきたアスリートではないことがよくわかる逸話です。
ヘーシンクは日本の柔道家に柔道を教え込まれた立派な柔道家だったのです。

アントン・ヘーシンクは20歳の時にオランダで日本人の柔道家である道上伯氏に見出され、日本へ武者修行にやってきた時はその後東京オリンピックで柔道日本代表監督に就く松本安市氏にスパルタで鍛えられます。
松本安市氏のスパルタで鍛え抜かれて帰国したヘーシンク。
師である道上伯氏が、弱気で劣等感の塊だったヘーシンクが、自信に満ちあふれ貫禄すら備わっているように劇的に変わったと感じたほどの変わりようだったようです。
その後世界柔道選手権大会で、日本人以外では初の優勝を手にし、オリンピックでも金メダルを獲得します。
恩師である松本安市氏が日本の監督だったので、金メダル獲得後松本安市に駆け寄り最初に発した言葉は、「先生、すみません。」だったそうです。
東京オリンピックの4階級のうち3階級を制したのは日本だったのですが、ヘーシンクは自身の金メダルを「日本の4つ目の金メダル」と言っていたそうです。
素晴らしい柔道家であったヘーシンク氏のご冥福をお祈りします。
posted by オリオンマン at 16:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月21日

PLAIN TEA

8.20-5.jpg

今日は昨日に引き続きAMIPARISの子供用petitからPS-006の紹介です。
サイズは46□16-130で、カラーはマットグリーンです。

8.20-6.jpg

テンプルは黄色や緑のタータン・チェックです。
日本ではタータン・チェックといいますが、発祥の地であるスコットランドでは、単にタータンというらしいです。

8.20-7.jpg
8.20-8.jpg

ピンボケしてしまいましたが、戸塚婦人にはピッタリの大きさです。
昨日のPS-005よりもサイズが大きいので、私でも無理なく掛けられます。
男の子でも女の子でも、男性でも女性でも、顔の大きくない方であれば無理なく掛けていただける一本です。

さて、かなり前にこのブログで無糖の紅茶について書きました。
なぜ砂糖入りの甘い紅茶しか日本にはないのか?と。
コーヒーはブラックが普通に市民権を得ているのに、なぜ紅茶は甘くて当たり前なのか?
色々不満がありました。
が、この夏紅茶と言えば午後の紅茶が無糖プレーンティーを販売し、CMでも宣伝していたので、遂に本気で売り出すんだなと感無量で、コンビニでドリンクを買うときは何の迷いもなく購入して応援していました。
スーパーでは2Lのプレーンティーがあれば喜んで購入しました。
が、一ヶ月も経たないうちによく行くセブンイレブンから姿を消し、スーパーからも2Lが無くなりました。
思ったよりも売れすぎて販売店から姿を消したのかもしれないと、現実を受け入れられずにいましたが、未だにコンビニのコーナーにはレモンティー、ミルクティー各種、そして甘ったるい偽ストレートティーばかり。
おそらく売れ行きが良くなかったのでしょう。
もしくは売れ行きは良かったけど、チキンタツタの様に売れてもレギュラー化しないような秘密の商品だったのか何なのか、何だか残念な夏になってしまいました。
しかしお店でアイスティーを飲みたいので、amazonで2L×6本を度々注文してます。
まぁ一番美味しいのはUCCのBLACK TEAなんですけどね。
posted by オリオンマン at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年08月20日

仮面ライダー

8.20-1.jpg

お盆休み明けの今日は子供用フレームを紹介します。
今回紹介するのはAMIPARISの子供用フレームpetitからPS-005です。
サイズは44□16-130で、カラーはマットブルーです。

8.20-2.jpg

テンプルは白と青のチェック柄です。
男の子でも女の子でも掛けていただける可愛いフレームです。

8.20-3.jpg
8.20-4.jpg

顔の小さい戸塚婦人は全く違和感なく掛けられます。
値段も子供用価格の\18,900(税込み)と国産チタンの割にはリーズナブルでお得だと思います。

さて、お盆休みは皆さん何処かへ出かけたりしたのでしょうか?
私は息子や甥っ子姪っ子を連れて仮面ライダーの映画に行ってきました。
私が子供の頃観ていた仮面ライダーはスカイライダーやスーパーワンでしたが、今の仮面ライダーと比べてもスーパーワンってカッコよかったなぁと思います。
スカイライダーはバッタのまんまという感じですが、スーパーワンはシルバーでカッコよかった気がします。
息子は仮面ライダーディケイドというのから観だしたのですが、ディケイドの斬新過ぎるデザインは私には全く受け入れられませんでした。
しかも変身はカードで変身ということで、上手いこと商売に結びつけるなぁと関心したものです。
今回観た映画の仮面ライダーは仮面ライダーWという2人で変身みたいな、ウルトラマンで言うところのウルトラマン・エースのようなかんじでした。
変身方法もUSBメモリの様なものをベルトに挿して変身という感じで、なるほどって感じでした。
そして次回の仮面ライダーが劇中に少し出てくるのですが、次回の仮面ライダーはコインというのかメダルというのかよくわかりませんが、それで変身してました。
コイン(メダル)で何か新しい流行は生み出せるのか?まぁそれにしても仮面ライダーは何時の時代も子供達の心を掴んでいるのだからスゴイなぁと思いました。
posted by オリオンマン at 14:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月10日

第二便

4.10-1.jpg

マイスドロー・トーキョーから第2便が届いたので、今回もマイスドロー・トーキョーの商品を紹介します。

4.10-2.jpg

JD-711 G22 ¥19,950
デミアンバーにシルバーのラメが入ったカラーです。

4.10-3.jpg

ラメが入ることで一見落ち着いたこのフレームの雰囲気が、また別の印象を与えてくれます。

4.10-4.jpg

JD-711 G30 ¥19,950
クリアーのブラックマーブルカラーです。

4.10-5.jpg

海兵隊の迷彩服みたいな模様に見えますが、黒、グレー、クリアーの重なり合う模様がとても綺麗です。

4.10-6.jpg

JD-703 G15 ¥19,950
何色といえばいいのか・・・ローズパールマーブル?よくわかりません。

4.10-7.jpg

とても綺麗だということは確かです。
幅広い世代の女性に掛けていただけると思います。

さて、今週はic! berlinの追加注文分も届き、来週はSlit2010というヨーロッパの眼鏡ブランドが集結した展示会があります。
追加注文分の中に黒い手提げの袋が入っていて、どうやらこの手提げを持ってic! berlinのブースに行けば、何やらお土産がもらえるそうなので、行ってこようと思います。
posted by オリオンマン at 17:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月26日

明日のフィギュア

3.26-1.jpg

今日は久々のブログですが、このブログでは初めて紹介するDiorです。
Christian DiorなのかDiorのみなのか最近よくわからなくなっていますが、Diorです。
CD7712Jという品番のフレームになります。
ディオールのロゴとカナージュと呼ばれる模様が控えめにワンポイント入っている大人しめのデザインになっています。

3.26-2.jpg

よく見ると爪切りのヤスリみたいにギザギザが刻まれていますが、コーティングされているので爪は研げません。

3.26-3.jpg

このフレームで一番特徴的なのは先セルです。
3枚のセル生地を重ねて、2枚目の派手なピンクが美しい形に削り出され、とても綺麗なコントラストを演出しています。
隠れたオシャレというものですね。

3.26-4.jpg

3.26-5.jpg

久しぶりに登場の戸塚婦人。
戸塚婦人の髪型では綺麗な先セルは見えないので、外した時に「オッ。」という感じに見られるはずです。

今朝行われたフィギュアスケートの世界選手権で、高橋大輔選手が優勝したというのをニュースで知りました。
さっそくYOU TUBEで検索したら親切な方が映像をアップしていたので見ることが出来ました。
決まっていれば史上初の4回転フリップは回転不足で認定はされなかったようですが、転ばずに耐えたのはお見事だったと思います。
この試合には金、銀メダリストは出場していませんでしたが、あの2人が滑っていても結果は同じだったと思います。
結局今期世界最高得点をマークしての優勝は、本当に素晴らしかったと思います。
因縁のトリノであの滑りが出来たのは本当に良かったと思います。
女子の演技も気になりますが、明日はボクシングの亀田戦とK-1MAXがあるので、見ることはないと思います。
今の私にとってはフィギュアスケートよりも、格闘技の方が順位は上なので。
posted by オリオンマン at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月10日

Home&Office

h&o.jpg

今日はレンズの紹介をしたいと思います。
眼鏡屋なのですから、レンズは車のエンジン並に大事な所です。
今までこのブログではフレームばかり紹介してきましたが、たまにはレンズのことも紹介しなくてはいけません。
さて、今日紹介するレンズはNikonから去年の12月より発売が開始されたホーム&オフィス(H&O)というレンズです。
一般的に言われるところの中近といわれるレンズです。
中近とはいわゆる近くとその辺が見えるレンズのことです。
老眼鏡を掛けたまま顔を上げてTVなどを見るとぼやけて見えませんが、中近ではTVくらいの距離まではピントがあうようになっています。

h&o2.jpg

一日の80%を室内で過ごしているというデータがあるように、確かに主婦であれば主に家の中で家事をしてますし、仕事をしている方もパソコンなどのデスクワークや会議などオフィスで過ごすことがほとんどです。

h&o3.jpg

遠近両用は上の写真のように窓の外など遠くの風景にもピントがあいますし、手元の手帳の文字にもピントがあいます。
しかしレンズ全体の割合で見ると、上の図のように1/3以上は遠くが占めています。
中間や手元は範囲も狭く、長い時間本を読んだり書類を書いたりするにはやや不向きともいえます。

中近は遠近両用ほど遠くは見えませんが、手元や中間距離の見える範囲が広いので、遠近両用と比べて手元の作業がラクに行えます。

近用ワイドというのは手元から少し先までの広い視野が自然な視線で見渡せるというレンズです。
室内でも数メートル先になるとぼやけるようになるので、手元に特化したレンズといえます。

そしてこの度Nikonから発売されたH&Oは初めての方でも慣れ易く、度数配分の工夫によって従来の中近レンズよりも少し先まで見えますし、比較的小さいフレームにも対応しているという特徴があります。
室内をメインに考えられて設計されたこのH&Oは、ただの老眼鏡をお使いで掛け外しをわずらわしく感じている方や、遠近両用で長時間手元の作業をされている方にお勧めしたいレンズです。

例えば我がオリオンメガネと関わりの深い学校の先生であれば、通勤や集会、体育の授業は遠近両用や遠方用のメガネを掛けていただき、教室での授業や職員室での仕事や会議、そして帰宅後自宅で過ごす時にはH&Oを掛けていただくと「読む」「見る」「動く」がラクになるはずです。
posted by オリオンマン at 14:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年03月09日

イルカ

3.9-1.jpg

今日は新しく始めたMARC BY MARC JACOBS を紹介します。
前はサングラスのみでしたが、メガネフレームも始めました。
マーク・バイ・マーク・ジェイコブスはマーク・ジェイコブスのセカンドラインです。
お値段もマーク・ジェイコブスと比べると半額くらいの設定になっており、写真のモデルは全て\16,800(税込み)です。
全てのフレームにはロールケーキのような筒型ケースと、2枚のメガネクロスが付属しております。

3.9-2.jpg

3.9-3.jpg

ロールケーキのようなケースですが、割と大きいので持ち運びには残念ながら不向きかもしれませんね。
ただ節分の時に恵方巻きを入れとして使うには適しています。

3.9-4.jpg

3.9-5.jpg

3.9-6.jpg

3.9-7.jpg

テンプルのデザインはMARC BY MARC JACOBS と彫られたものや、marcとシンプルなもの、そして漫画みたいな絵が描かれたものなど多様です。

さて、昨日はアカデミー賞授賞式があり、「アバター」と「ハート・ロッカー」が話題になりましたが、日本ではイルカ漁を隠し撮りした長編ドキュメンタリーの「ザ・コーヴ」が話題になりました。
和歌山県太地町の方々はこの受賞をきっかけにイルカ漁をやめたりせずに、誇りを持ってイルカ漁を続け、胸を張って生活していって欲しいです。
私は別にイルカが憎いわけでもなく、嫌いでもありません。
鯨から貴重なたんぱく質を摂って育ったわけでもありませんが、捕鯨には賛成です。
イルカやクジラは見るものであって食べるものじゃないと米や豪の多くの人は批判します。
イルカやクジラは同じ哺乳類で、賢いから殺すことに抵抗があるようです。
イルカやクジラの頭がいいという話はいつの頃からか聞いているけど、科学的根拠は何もなく、超音波でコミュニケーションをとるくらいなものだと思う。
大体そんなに賢いのであればなぜ年に何頭も浅瀬から出られなくなり浜に打ち上げられたりするのか疑問です。
それに同じ哺乳類で賢いとか言うならば、牛や豚や羊だって完全に駄目だと思う。
牛や豚や羊の方が同じ陸地で生活をして、足だって生えてるし、肺で呼吸までしているから、海の中でエラ呼吸してヒレで泳いでる哺乳類よりよっぽど親近感が沸く。
賢いから食べちゃ駄目ではなく、見た目が可愛く、自分達にとっては魅力的な食材じゃないから言っているだけだと思います。

もしも食べるものがなくなれば、アメリカ人が真っ先にクジラ捕って食べるというのは断言できます。
posted by オリオンマン at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年01月05日

2010

2010.jpg

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。
去年でこういうメガネは終了かと思われていましたが、
無理矢理って感じですが存在していました。

さて、2009年の大晦日はDynamite!!をTVで観戦しました。
私が一番楽しみにしていた青木信也VS廣田瑞穂は青木選手の完勝。
完勝という言葉以上の試合内容で、恐ろしいほど完璧な内容でした。
が、勝利と同時に廣田選手を挑発する行動をして、物議を醸してしまいました。
青木信也ファンの私としては、「あーあ、また何かやっちゃったよぉ。」という感じでしたが、よっぽど頭にきてたんだなぁとも思いました。
その後本人も「まったくもって子どもな自分に我ながら呆れるというか自分に残念。本当に深く反省しています。」と反省のコメントをしていました。
まぁ興奮していたとはいえやってしまったことはしょうがない。
本人がこれから背負っていくことですし、ファンとしてはそんなことをしてしまった青木選手をこれからも変わらず応援し続けることしか出来ません。
今年も青木信也選手の試合を楽しみに一年間過ごしたいと思います。
posted by オリオンマン at 12:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月26日

泡立ち

12.26-1.jpg

今日紹介するのはO&Xの新作OT-8005Jです。
フロントが2重構造になっていて、昨日紹介したJSPIRITと同じように開閉時の負荷がレンズにかからないようになっています。
フロントのアーチがそのまま程よいバネ性をもっているので、掛け心地も素晴らしくイイです。

12.26-2.jpg

レンズが宙に浮いているように見えるフローティングデザインになっています。

12.26-3.jpg

12.26-4.jpg

12.26-5.jpg

12.26-6.jpg

見る角度によっては立体的に感じるこのフレームは24,150円です。

さて、今日は炭酸飲料について少し書きたいと思います。
私は子供の頃からcokeを飲んでいます。
ペプシでは育っていないので、やはりcokeが一番です。
しかし最近カロリーも気になる年頃なので、今はコカ・コーラ・ゼロを良く飲んでいます。
マクドへ行ったりしてもゼロを注文します。
ドリンク・バーなんかでもゼロがあればゼロにします。
が、最近あることに気がつきました。
それは泡立ち方です。
ゼロやダイエットなどはグラスに氷を入れて注ぐと、200%以上の泡立ちがあるのです。
いくら そぉーっと注いでも、シュワシュワシュワワァァァッァーー!!っと勢い良く泡立ち、泡が消えるのもとてもゆっくりです。
ノーマルのcokeはそんなに泡立たないので、とても不満でした。
そんな時、三ツ矢サイダー オールゼロを買ってみて家で同じように注いだところ、ノーマルcokeのように程よい泡立ち方。
しかもカロリーはゼロなので、ここ2週間くらいはずっと三ツ矢サイダー オールゼロを購入しています。
缶で買う分にはコカ・コーラ・ゼロを買いますが、家では三ツ矢サイダー オールゼロです。
それにしてもあの泡立ちは何なんだろう?
コカ・コーラ社の甘味料が犯人なんだろうとは思うけど、そう考えるとアサヒ飲料さんの甘味料はとても素晴らしいと思う。
アサヒ飲料さんのガンバリを私はとても評価しています。
これからもがんばってくださいな。
posted by オリオンマン at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月25日

ライト級王者対決

12.25-1.jpg

今日紹介するのはJSPIRITというAMIPARISが手掛けるこだわりのブランドです。
Jスピリットというくらいですから勿論MADE IN JAPANです。
JS-512というこのモデルは、フロントが二重構造になっており、フレームの掛けはずし時におこるレンズへの負担がかからなくなっている設計です。

12.25-3.jpg

フロントは色の違う二枚のチタンが中央でネジによって重なっており、とても立体的になっています。

12.25-4.jpg

二本のネジを外して分解してみました。

12.25-2.jpg

フロントのカラーリングと同じ配色のグラデーションになっているテンプルは、JSPIRITおなじみの超弾性樹脂素材になっております。

12.25-5.jpg

12.25-6.jpg

12.25-7.jpg

12.25-8.jpg

機能性とデザイン性が両立されているJS-512は27,300円です。

さて、いよいよ来週はもう2010年です。
しかしその前に大晦日だよDynamite!!があります。
今日最後の対戦カードが決まり、桜庭選手は完全に欠場するようです。
まぁ怪我してでも出ていた昔が異常なわけで、今回はしっかり休んでいただければと思います。
私の注目はやはりDREMAライト級王者の青木選手VS戦極ライト級王者の廣田選手ですね。
まぁ青木選手が圧倒して勝ってくれると思いますが、絶対はないのでドキドキを楽しみたいと思います。
吉田選手VS石井選手は石井選手が判定かKOかはわかりませんが勝つと思います。
これから大晦日までは格闘技雑誌を読み耽るつもりです。
posted by オリオンマン at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年12月16日

フェザー級

12.16-1.jpg

今日は前回予告した通りに可愛いフレームを紹介します。
新しく我がオリオンメガネで扱うことになったMAX&Co.のM&CO.-4508Jというモデルです。

MAX&Co.はMax Maraの安い価格帯の商品ですので、メガネも16,800円とお手ごろ価格になっております。

12.16-2.jpg

このモデルはチタンの芯の部分に穴を開けたりと、かなり凝ったつくりになっています。

12.16-3.jpg

12.16-4.jpg

女性向けの商品なので、婦人のみの撮影です。
サイドから見ると、チラッと飾った部分が見えるのがイイと思います。

さて、大晦日の格闘技イベントDynamite!!の話ですが、昨日ようやく7つのカードが発表されました。
DREAM VS 戦極 の対抗戦なので、お互いイベントを背負って戦うというのはとてもイイと思います。
昨日発表された7カードのうち3試合がフェザー級という最も軽い階級のカードだったのですが、少し????と思ったことがありました。
DREAMのフェザー級というのは63kgで、戦極のフェザー級は65kgです。
他の階級は両団体ともに同じ重さなのですが、フェザー級だけは2kg違います。
何故かといえば、DREAMには山本KID選手が居るのですが、彼が戦いやすいように配慮された結果だと言われています。
KID選手にとっては63kgでも重く感じているようですが、他のフェザー級の選手にとってはこの2kgの違いというのはやはり大きいと思います。
そしてそれは今回の対戦相手 戦極フェザー級初代チャンピオンの金原正徳選手にとっては、もの凄いハンデになるのではと思います。
金原選手は普段70kg以上の体重でしょうから、残り2kgの減量はとても辛いものになると思います。
試合前に辛い減量を乗り越えなければいけないので、精神的にも肉体的にもそうとう無理がかかると予想されます。
私が???と思ったのは、このKID VS 金原 以外のフェザー級2試合は、65と63の間をとって64kgで行われるからなのです。
じゃー何故KID選手の試合だけ63kgの特別体重で行われるのでしょうか?
それはやはり主催者側の都合なのでしょう。
看板選手にはやはり勝ってもらいたいのでしょう。
でもまぁそんな主催者側の思惑は、金原選手の勝利で滅茶苦茶になることを祈っています。
posted by オリオンマン at 15:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年11月03日

山本紗衣さん

11.3-1.jpg

久しぶりの更新になります。
パソコンの調子が悪くて、ホームページ・ビルダーが動かなくなってしまったので、ホームページのほうはもう少しかかりそうですが、ブログのほうはこれからまた更新していこうと思っております。
さて、今日ご紹介するフレームはフルラの新型で、VU4696Jというモデルです。

11.3-2.jpg

テンプルはラメの入ったクロコダイル模様になっています。
左テンプルのみFURLAのロゴが控えめに刻印されていますが、右テンプルは何も彫られていません。
派手目な外側とは違い、内側は控えめに乳白色です。

11.3-3.jpg

11.3-4.jpg

戸塚君にかけさせてみたけど、やはり女性向けのブランドなので戸塚君では役不足ですね。
まぁアリかナシで言えばアリだとは思うけど。

さて、更新できない間にIOFTというアジアで一番大きな眼鏡の展示会に今年も行ってきました。
眼鏡のベストドレッサー賞授賞式と同じ日だったので、有名人も2人ほど間近で見ました。
一人はユニクロの柳井社長。
もう一人はタレントのスザンヌさん。
スザンヌさんはTVで見ている印象よりも背が高く感じて、顔も小さいし肌も綺麗で芸能人オーラを感じました。
でも携帯電話でピロピロ撮るのもかっこ悪かったのでチラチラ見るだけにしておきました。

目的は眼鏡の買い付けだったので、ちゃんと仕事もしました。
新しいブランドもひとつ決めました。
そのうち発表します。

楽しみだったic! berlinのブースは、ic! berlinのオフィスを再現と招待状に書いてあったとおり、事務机などが並んだブースでした。
しかしアポイントを取ったのが前日だったので、ドイツ人と通訳さんを交えた商談になり最初は緊張して遠慮がちにしてました。
そのうち緊張もほぐれて、遠慮なく色々聞いたり出来たので大きな問題はありませんでした。
ic! berlinは今回アジアンモデルというのを発表して、鼻パッドである現行のエラストマー素材を鼻の低いアジア人用に改良した物がついていました。
ある程度までは眼鏡屋の技術で私のように鼻の低い人にも無理なくかけていただくレベルには持っていってましたけど、今回のアジアンノーズパッドで完全に解決した感じです。
新色も青とナスとチョコレート以外にグラファイトという色がありました。
簡単に言うとつや消しの灰色という感じだった気がします。
早ければ来週にも届くということなので、今から楽しみです。
posted by オリオンマン at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月11日

展示会

10.11-1.jpg

今日はグッチのデッドストックのサングラスを紹介します。
勿論販売もしていますので、気に入った方は是非。
ちなみに値段は\39,900です。
さて、このGG1292SBというサングラスなんですが、ティアドロップ型のレンズにGUCCIのモノグラムマークというのでしょうか、GGマークがプリント?されています。
光の具合で目立ったり、隠れたりするのですが、掛けてみると全然マークは気になりません。
試しにお店の方へお越しの際には是非掛けてみてください。

10.11-2.jpg

10.11-3.jpg

戸塚君も悪そうでいいですねぇ。
これでピッタリしたスーツでも着てれば田舎の成金ホストみたいで完璧なんですけどね。

さて、今月末にアジアで最大のメガネ展示会が東京ビックサイトで開催されるのですが、今年は初めてic! berlin のブースで商談ができるので楽しみです。
ic! berlin のブースは毎年他のブースと比べて、かなり変わっていたので外から見てヘェーっ見ていました。
畳をひいて座って商談したり、ダンボールでブースを作ったりと、見ていて面白いブースを毎年つくっているのです。
招待状には「今年のブースは私達のオフィスを再現。」と書いてあるので、今年はオフィス風なんでしょうね。
でもic!berlin の担当だった方が突然会社を去ることになってしまい、本当に残念で悲しい気持ちでいっぱいです。

展示会といえばメガネとはまるで関係ないCEATEC JAPAN 2009という展示会に行ってきました。
CEATEC JAPAN 2009というのは最先端IT・エレクトロニクス総合展のことなんですが、3Dテレビとかを体験したいなぁと思い、仕事の合間に行ってきたのです。
3Dテレビはアクティブシャッターメガネというものや、偏光メガネを掛けて体験するのですが、凄かったです。
3Dテレビはもう10年もすれば一家に一台3Dテレビみたいになりそうな感じでしたし、各社恐ろしいほど力を入れてるなと思いました。
3Dテレビの時代がくれば、家族分の偏光メガネが必要になるでしょうから、メガネ屋としてもとても楽しみです。
posted by オリオンマン at 17:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年10月03日

リオ

10.3-1.jpg

今日は前々回に引き続きヨージ・ヤマモトがデザインした奇抜なサングラス第二弾で、ヘビです。
これだけ見るとアレですけど、猫が隣にあると猫よりも掛けやすいですし、巳年の方にはピッタリなんではないかと。
お店でも巳年の時にはいいディスプレイになります。
蛇グッズを集めている方、ご来店お待ちしております。

10.3-2.jpg

10.3-3.jpg

戸塚君も猫より似合っているというより、悪い人みたいに見えますね。
この髪型にこのサングラスでは、白い粉とかパンツの中に隠していても不思議ではありません。

さて、今日は雨が降ったり止んだりする天気だったのですが、子供の通っている保育園で運動会がありました。
結局雨が強くなって、グラウンドに水たまりが出来て中止になってしまいましたが、それなりに子供の活躍が見えたのでよかったです。

4年に一度の大運動会ともいえるオリンピックですが、やはりというかリオに決まりましたね。
東京が地球温暖化防止の流れで行くかもとも思いましたが、やはり南米大陸初ということもあり、リオが勝ちました。
シカゴが落ちた時に「やったー!!」って盛り上がっている会場がありましたが、あれを見た時に
東京が勝ったわけでもないのに何でそこまで喜べるのかなとともいましたが、正直シカゴに決まっていたらまたアメリカ?って思う人は多かったと思います。
オバマとミッシェル夫人のスピーチもどこか上から目線みたいに聞こえたし、そう考えるとシカゴの最下位は「やったー!!」だったのかもしれませんね。
私はオリンピックをTVで見るのが大好きなので、リオに決まったことでTVの時間帯が一番気になりました。
リオで午前10時の競技ですと、日本では午後10時。
リオで午後7時の競技ですと、日本では午前7時。
レスリングや柔道のように午前中に予選で夕方から準決勝だと、準決勝に残ったのをリアルタイムで観戦して、そして勝ち残れば早起きして、予選敗退だったらいつものように起きるということができそうでいいかもしれません。
リオは治安で不安があるみたいですが、サッカーのW杯は今世界一治安の悪いと言われている南アフリカで行われる予定なので、それよりは数倍マシでしょう。
posted by オリオンマン at 14:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月25日

連休

DSC_0342.JPG

今日はエンポリオ・アルマーニの新作が入荷したのでご紹介させていただきます。
EA-1107Jというこのフレームは、くせのないスクエア型なので掛けやすいと思います。
ヨロイからテンプルにかけてベージュのラインがつながっていて、途中でワンポイント鷲のマークが入っています。

DSC_0345.JPG


DSC_0346.JPG

戸塚君も無難に掛けこなしております。
素材はフロントがチタンで、テンプルは樹脂です。
色は牛タンみたいな色です。

牛タンといえば、連休はいかがお過ごしだったでしょうか?
私は予定通りに結婚式出席のために新幹線に乗り仙台まで行ってきました。
ただ、楽しみにしていた牛タン屋がどこも混んでいて、子連れでベビーカーまで持ち込もうものなら迷惑がかかるということで、牛タン弁当を買って帰りの新幹線で食べただけになってしまいました。
あんなに楽しみだった仙台の牛タンをちゃんと食べられず、その反動で自宅用お土産で生の牛タンやレトルトの牛タンカレーや牛タンシチューなど買いまくって帰ってきました。
お店のようにちゃんと焼けるとは思っていませんが、美味しく食べられるといいなと思っています。
子供がもう少し大きくなったらまた仙台へ行って牛タン屋に行きたいなと思います。
posted by オリオンマン at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月13日

猫と牛

DSC_0328.JPG

今日はほとんどディスプレーと化したメガネを紹介します。
猫好きでも後ずさりするこのサングラス。
発売当時も今も素人が簡単に手を出せないこのデザイン。
デザインと言うかもう一つの作品でしょうね。
この作品はあのパリコレなどで今も昔も大活躍してる日本を代表するデザイナー“ヨウジ・ヤマモト”のサングラスなんです。
猫がレンズを抱えて寝ているこのデザイン。
思いつくのは自由だけど商品化するとは...と思いつつ、我がオリオンメガネで引き取ることになり、10数年近くウチで面倒を見ています。
とっくに猫の寿命を過ぎていますが、まだまだスヤスヤ寝続けそうです。

DSC_0331.JPG

DSC_0332.JPG

戸塚君の顔の前でも気にすることなく寝続けてます。

さて、来週はシルバーウィークとかいう連休がありますが、親戚の結婚式に呼ばれている私は仙台に行く予定があります。
車で行くことも考えましたが、ETCも付けていないし渋滞地獄は嫌なので、新幹線で行く予定です。
仙台の楽しみはやはり牛タンです。
私はカルビよりも牛タンの方が好きです。
一泊二日ですが、食事は全部牛タンでもいいくらいです。
結婚式も海老とか要らないから牛タンに交換して欲しいくらいです。
引き出物も牛タン詰め合わせとかにして欲しいです。
帰りの新幹線も牛タン弁当を買うつもりです。
posted by オリオンマン at 16:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月06日

ハリーポッター

9.6-1.jpg

今日紹介するフレームは AMIPARIS Classic のAC-1882という、一山の丸メガネです。

9.6-2.jpg

一山(いちやま)という鼻パッドがなく、鼻に直接乗せるタイプです。

9.6-3.jpg

9.6-4.jpg

キリリとした戸塚君も、このメガネをかけるとどこかコミカルというか、柔らかい印象になります。
ジョン・レノンやハリーポッターが愛するこの形は、メガネという道具がある限り、なくならないでしょう。

ちなみに私はハリーポッターを読んだこともなければ、映画で観たことすらありません。
私の兄が全巻持っているのですが、英語でかかれたやつなので私には読めませんし、映画は全部公開されてから観ようかなぁという感じで、ハリーポッターにはこれからもしばらくかかわる気はありません。
でもハリーポッターを読んだ人は必ず読んだ方がいいと薦めてくれますし、映画も面白いという話をよく聞きます。
自分が面白いと思ったものは人にも薦めたくなる気持ちはよくわかります。
私は今「24」のシーズン6を毎日子供が寝てから嫁さんと観てるのですが、いやぁやはり面白いです。
あと2時間で終わるので今夜観たら終わるんですけど、どうなるか楽しみです。
これを見終わったら「LOST」のシーズン3が控えているので、夜更かしは終わりそうにありません。
「24」や「LOST」を観たことがなく、夜更かしの覚悟がある方には是非お薦めします。
posted by オリオンマン at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月09日

戸塚君

manekin.jpg

今日からこのブログに新しい相棒を迎え入れることを発表します。
裏に製造担当者の名前が戸塚と書いてあったので、戸塚君と呼ぶことにします。

police4.jpg

さて、紹介するフレームはPOLICEのV8440Jという新商品で、MADE IN JAPANです。

police3.jpg

上の写真のようにテンプルが一枚のチタンを曲げてバネ性をだしているので、フレームにかかる無理な力もバネで吸収して、広がり難くなっています。

police5.jpg

さらに上の写真のようにバネの部分をYシャツのポケットに引っかけたりも出来ますので、掛け外しの多い老眼鏡にもお勧めです。(落ちても責任は負えませんのであしからず。)

police2.jpg
police1.jpg

少し髪がボサボサな戸塚君もカッコよく掛けこなしているこのPOLICEの新作はとてもお勧めです。
価格は¥19,950です。
posted by オリオンマン at 15:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月05日

丁度

DSC_0208.JPG

今日はヴァレンチノのVAL-5562Jを紹介します。
サイドにこれでもかっ!という程のスワロフスキーのクリスタルを散りばめたフレームです。
人によっては派手過ぎるといいますし、人によってはもう少しギラギラしてないと駄目だとか、丁度いいというのはなかなか難しいんですよね。

丁度いいといえば、ロスに転勤していた兄が先月帰ってきたのですが、成田に着いて むし暑いなぁ と思ったみたいです。
ロスは気温は高くてもカラッとしているらしく、むし暑くは感じないみたいなんです。
それを聞いて、うーんやはり日本の夏は嫌なものだなぁと改めて思いました。
しかし今日メーカーの営業さんが香港の出張から帰ってきた話を聞いていて、日本の夏はまだマシだなと思いました。
香港の夏は日本の数倍むし暑く、しかも街の汚さが臭いとなり、むし臭いみたいな感じだったようです。
ホテルはエアコン設定温度18℃並みの寒さらしく、外と中の温度差が激しいみたいです。
香港よりもマシというのは何の慰めにもならないかもしれませんが、エアコン設定温度27℃の室内で働けているからいいかなと思っています。
posted by オリオンマン at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記