千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2017年07月05日

WX VALOR WXJ-CHVAL01J

WXWileyx_APP_2014-BLackBG_Redtag.jpg

今回もWILEY Xの商品を紹介していきます。
前回の“WX SAINT”と同じハーフリムタイプの“WX VALOR”です。

wxj-chval01j-1.jpg

WX VALOR WXJ-CHVAL01J サイズ 70□18-120 フレームカラー Matte Black レンズカラー Smoke Grey ¥12,000(税別)

wxj-chval01j-2.jpg

WX VALORはアメリカ合衆国陸軍のAuthorized Protective Eyewear List (APEL)によって、戦闘時の兵士の眼を保護するアイプロテクションとして、着用が推奨されている軍用アイウェアです。
従来型の軍用アイウェアであれば、ミルスペックMIL-PRF-32432(GL)に準拠するためにフルリム・フレームで最低レンズ厚2.2mm以上、ハーフリム・フレームでれば最低レンズ厚は2.4mm以上の極厚レンズを使用しています。
したがって、プリズムによる視界の歪み等による光学性能の低さとアイウェア自体の重量増加による大きなデメリットがありました。
WX VALORは前回紹介させていただいたWX SAINT同様に、高性能光学SELENITEレンズによって、レンズ厚を光学的に優位な2.0mmに抑え、しかも軽量なハーフリム・フレームでありながらもミルスペックをクリアする驚異的な性能を実現しています。

レンズカラーのSmoke Greyは色彩を歪めずに不快なグレア光を最大限に減少させるスタンダード仕様です。

wxj-chval01j-3.jpg

Matte Blackのフレームカラーにポリッシュド・ブラックのWXアイコンが控えめながらも主張してます。
ノーズとテンプルの部分はノンスリップ・ラバーが配置されていますので、ズレ難くなっております。

wxj-chval01j-4.jpg

ワイリーエックス全般に言えることですが、付属品がしっかり充実しております。
WX VALORの場合前回紹介させていただいたWX SAINTと同様に収納ケース、リーシュコード、WXクリーニングクロスが付属しております。
リーシュコードはラバーグリップにテンプルの先を差し込んで首に引っ掛けることにより脱落防止出来る便利なアクセサリーです。

wxj-chval01j-5.jpg
wxj-chval01j-6.jpg

前回のダブルエックス・セイントがワイリーエックスの中でも個人的に1番目か2番目にカッコいいモデルだと書きましたが、その1番か2番で悩んだのが今回のダブルエックス・ヴァローです。
パッと見ると同じようなサングラスに見えますが、よく見ると全然違うんです。
レンズのサイズで比べるとヴァローの方がセイントよりも横幅があり、縦幅はないということで、ヴァローの方が少しですが横長なんです。
テンプルのデザインやブリッジのエッジなど違う所ばかりなんですが、個人的にはフォルムに曲線の多いセイントの方が優しい印象で、随所にエッジが効いているヴァローの方が攻撃的な印象です。
そもそもVALORってどういう意味なのか調べたら、(特に戦場などにおける)勇気、武勇、剛勇という意味だそうです。
ラテン語の“力”が語源だそうで、確かに英語知らなくてもVALORってアルファベットで見てもヴァローって聞いても何だか強そうな感じですもんね。
ブラジリアン柔術の試合に挑む息子に“with valor”(勇気を持って)なんて言ったところで「んっ??」って言われて終わりでしょうけど何となく言ってみたくなるセリフです。

さて、ノーズパッドはセイントと同じく特別アジアンフィットになっているわけではないので、鼻の低い私にはこのままでは掛けられないわけではありませんが、掛けにくいモデルになっております。
しかし私のように鼻の低い人の為、ワイリーエックスはエスケープパッドというシリコンのノーズパッドを用意しております。
このエスケープパッドを貼ればノーズグリップが向上しますので、私のような鼻の低い人間でもしっかり掛けることが出来ますのでご安心を。

別売りですがWX VALOR用の交換レンズが Smoke Grey、Clear、Light Rust、FILTER8 Smoke Grey(偏光)、FILTER8 Crimson Mirror(偏光)と5色ありますので、用途によってご自分で簡単に交換が可能です。

WX VALORは度付も可能なモデルですが度数の限界などがありますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。
次回もWX VALORの色違いを紹介予定です。
posted by オリオンマン at 11:56| WILEY X

2017年07月04日

WX SAINT WXJ-CHSAI001S

WXWileyx_APP_2014-BLackBG_Redtag.jpg

さて、記念すべきWILEY Xの最初に紹介するモデルは、クリント・イーストウッドがメガホンを取り、第87回アカデミー賞作品賞にノミネートされた「アメリカン・スナイパー」で、主演男優賞にもノミネートされたブラッドリー・クーパーが掛けていたモデルの“WX SAINT”です。

wxj-chsai001s-1.jpg

WX SAINT WXJ-CHSAI001S サイズ 68□16-114 フレームカラー Gloss Black レンズカラー Smoke Grey ¥12,000(税別)

wxj-chsai001s-2.jpg

WX SAINTは軍用アイウェアとは思えない美しいスタイリングです。

その使用目的と低コスト重視の大量生産がゆえに、軍用アイウェアは無骨で繊細さに欠け、チープであると言われるがWX SAINTを見た者は考えを改めざるをえないでしょう。
繊細にも見える美しいスタイリングにはミルスペックMIL-PRF-32432(GL)規格に準拠した軍用アイウェアの性能を潜ませています。
従来型の軍用アイウェアであれば、ミルスペックに準拠するためにフルリム・フレームで最低レンズ厚2.2mm以上、ハーフリム・フレームでれば最低レンズ厚は2.4mm以上の極厚レンズを使用しているため、プリズムによる視界の歪み等による光学性能の低さとアイウェア自体の重量増加による大きなデメリットがありました。
WX SAINTは高性能光学SELENITEトレードマーク(TM)レンズによって、レンズ厚を2.0mmに抑え、しかも軽量なハーフリム・フレームでミルスペックをクリアする驚異的な性能を実現しています。

レンズカラーのSmoke Greyは色彩を歪めずに不快なグレア光を最大限に減少させるスタンダード仕様です。

wxj-chsai001s-3.jpg

Gloss BlackのフレームカラーにクロームのWXアイコンが輝きます。
ノーズとテンプルの部分はノンスリップ・ラバーが配置されていますので、ズレ難くなっております。

wxj-chsai001s-6.jpg

ワイリーエックス全般に言えることですが、付属品がしっかり充実しております。
WX SAINTの場合収納ケース、リーシュコード、WXクリーニングクロスが付属しております。
リーシュコードはラバーグリップにテンプルの先を差し込んで首に引っ掛けることにより脱落防止出来る便利なアクセサリーです。

wxj-chsai001s-4.jpg
wxj-chval01j-6.jpg

正直言って今回入荷したワイリーエックスの中でも今回紹介しているダブルエックス・セイントが個人的に1番目か2番目にカッコいいモデルだと思ってます。
ただ、ノーズパッドは特別アジアンフィットになっているわけではないので、鼻の低い私にはこのままでは掛けられないわけではありませんが、掛けにくいモデルになっております。
しかし私のように鼻の低い人の為、ワイリーエックスはエスケープパッドというシリコンのノーズパッドを用意しております。
このエスケープパッドを貼ればノーズグリップが向上しますので、私のような鼻の低い人間でもしっかり掛けることが出来ますのでご安心を。

もう少しダブルエックス・セイントの話をしますと、元々このGloss BlackとSmoke Greyの組み合わせは市販されてなく、映画「アメリカン・スナイパー」用に用意された物でした。
今でも本国アメリカではこの組み合わせでの販売はないのですが、日本ではこの組み合わせの人気が高かったことから、日本限定でこの組み合わせを販売しています。

別売りですがWX SAINT用の交換レンズが Smoke Grey、Clear、Light Rust、FILTER8 Smoke Green(偏光)、FILTER8 Blue Mirror(偏光)と5色ありますので、用途によってご自分で簡単に交換が可能です。

WX SAINTは度付も可能なモデルですが度数の限界などがありますので、興味のある方はお気軽にご相談ください。
posted by オリオンマン at 13:13| WILEY X

2017年07月03日

WILEY X はじめました

WXWileyx_APP_2014-BLackBG_Redtag.jpg

wx-disp.jpg

久しぶりの更新ですがお知らせがあります。
この春から新たにadidasやESSというブランドの取り扱いを始めてきましたが、予定していた第3弾が入荷して来ましたので紹介したいと思います。
ブランド名はWILEY X(ワイリーエックス)といい、サバイバルゲームをしている方であればよくご存じのブランドです。

ブランドの簡単な紹介をWILEY Xのホームページからですが転記させていただきます。

Cam-2_-415-1.jpg
 1987年、WILEY Xはアメリカ合衆国カリフォルニア州に軍・法執行機関・民間のためにアイ・プロテクションの研究開発のために設立されました。
米軍エリート特殊部隊と比類なき関係によって戦場で生まれたWILEY Xアイウェアは民間におけるスポーツハンティングや射撃、オートバイ、釣り、アウトドア、サイクリングなどの様々な市場で求められる光学性能とアイ・プロテクション性能を満たしており、これら市場にも参入することでWILEY X社は急速にそのシェアを拡大しました。
 WILEY Xアイウェアはすべての製品において、光学性能と耐衝撃性能を満たしたANSI Z87.1規格認証品でありながらも先進的なデザインを取り入れた高性能光学アイウェアとなっています。

 この高性能光学アイウェアは戦場でも着用できるとともに民間人が一般生活においても活用することができる機能性とファッション性も高次元で融合させています。

 また、WILEY Xアイウェアの魅力は世界的に有名なモータースポーツNASCARのトップレーサー達やB.A.S.Sバスマスタークラシックのチャンピオン、オリンピック選手のメダリスト、様々な射撃スポーツの世界チャンピオン達も愛用し、WILEY Xアイウェアを支持しています。
081206-WXAZ-141432-1.jpg
 そして、WILEY Xアイウェアの性能・品質・安全性は、各業界のトップメーカーにも認められており、モーターサイクル大手「ハーレーダビッドソン」、世界トップシェアの農機具メーカー「ジョン・ディア」、アメリカの大手銃器メーカー「レミントン」などの各業界のトップブランドとのパートナーシップを結んだオフィシャル・アイウェアもWILEY X社が手掛けています。

 このようにWILEY Xは、名実ともに世界的で認められている高性能光学アイウェアを製造する唯一のプレミアム・アイウェア・メーカーです。


さて、
WILEY X認定眼鏡店として我がオリオンメガネで取り扱うのですから、WILEY Xで発売されているほとんどのモデルで度付が可能です。
用途に応じてレンズの種類も選べますので、是非ご相談下さい。

強いカーブのあるサングラスだと今お使いのメガネと同じ度数で製作しても見え具合が変わってしまうので、特別な作業が必要になります。
当店ではHi-Curve Power Correction Systemを使いお客様の度数とフレームのカーブを計測してカーブ用の度数を導き出し、HOSOKI式検眼枠を使って実際に体験していただいた上で製作します。
実際に体験していただくことで完成時の見え具合にに限りなく近づけられますので安心です。
4.6-7.jpg
↑HOSOKI式検眼枠

WILEY Xのモデルは次回から毎度のことながら一本ずつ紹介していきますが、今回は WILEY Xはじめました ということのお知らせでした。
posted by オリオンマン at 12:55| WILEY X