千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2017年04月01日

CROSSRANGE R(Asia Fit) OO9369-0157

oakley.jpg

OAKLEYからテンプルと鼻パッドを交換できるというOAKLEYらしいコレクションが入荷しましたので紹介します。

OO9369-0157-57-17-137-4.jpg
↑ライフスタイル向け
OO9369-0157-57-17-137-1.jpg
↑パフォーマンス向け

CROSSRANGE R(Asia Fit) OO9369-0157 サイズ 57□17-137 カラー ポリッシュド ブラック レンズカラー Grey ¥22,000(税別)

OO9369-0157-57-17-137-2.jpg

CROSSRANGEは交換することができるテンプルと鼻パッドを使用して、減速することのない人生のためのスタイルとパフォーマンスを取り入れることができます。Crossrangeは、究極の多機能性を提供することにより、あなたのライフスタイルの外観とあなたの積極的な関心のギャップを橋渡しします。

crossrange-5.jpg

クロスレンジには2種類のノーズパッドがあり、簡単に交換できます。
リラックスフィットのためのライフスタイル向けパッドと、究極のグリップのためのUnobtaniumを搭載したパフォーマンス向けパッドです。

crossrange-6.jpg
↑ライフスタイル向け

crossrange-7.jpg
↑パフォーマンス向け

crossrange-8.jpg
↑ノーズパッドを外したフロント

OO9369-0157-57-17-137-5.jpg
↑ライフスタイル向け

OO9369-0157-57-17-137-3.jpg
↑パフォーマンス向け

テンプルもカジュアルでライフスタイル向けと、Unobtaniumを搭載したフィット感を特色とするパフォーマンス向けの2種類を簡単に交換できます。

crossrange.gif

スイッチを軽く押して引っ張るだけでテンプルが抜け、交換のテンプルは差し込むだけでスイッチがロックするとても簡単な仕組みです。
(写真はOO9371-0257のものです)

crossrange-9.jpg

パフォーマンス向けのテンプルには耳に当たる部分にアンオブタニウムが装備されています。
(写真はOO9371-0257のものです)

OO9369-0157-57-17-137-6.jpg
OO9369-0157-57-17-137-7.jpg

大きめの玉型ですがカーブは5カーブ程なので、度付のレンズ選択がかなり広がりますね。
前回紹介したCROSSRANGEよりもCROSSRANGE R の方が丸みを帯びたデザインです。
ポリッシュド ブラックのフレームカラーにガンメタルのアイコンカラーと、レンズもノンイリジウムのグレーという地味な黒一色というカラーですが、派手なものを好まない方にはベストの組み合わせだと思います。
テンプルやノーズパッドを交換できるといういかにもOAKLEYらしい新作(A)CROSSRANGE Rの紹介でした。
posted by オリオンマン at 16:06| OAKLEY

2017年03月25日

CROSSRANGE(Asia Fit) OO9371-0257

oakley.jpg

OAKLEYからテンプルと鼻パッドを交換できるというOAKLEYらしいコレクションが入荷しましたので紹介します。

crossrange-4.jpg
↑ライフスタイル向け
crossrange-1.jpg
↑パフォーマンス向け

CROSSRANGE(Asia Fit) OO9371-0257 サイズ 57□17-137 カラー ポリッシュド ブラック レンズカラー Black Iridium ¥24,000(税別)

crossrange-2.jpg

CROSSRANGEは交換することができるテンプルと鼻パッドを使用して、減速することのない人生のためのスタイルとパフォーマンスを取り入れることができます。Crossrangeは、究極の多機能性を提供することにより、あなたのライフスタイルの外観とあなたの積極的な関心のギャップを橋渡しします。

crossrange-5.jpg

クロスレンジには2種類のノーズパッドがあり、簡単に交換できます。
リラックスフィットのためのライフスタイル向けパッドと、究極のグリップのためのUnobtaniumを搭載したパフォーマンス向けパッドです。

crossrange-6.jpg
↑ライフスタイル向け

crossrange-7.jpg
↑パフォーマンス向け

crossrange-8.jpg
↑ノーズパッドを外したフロント

crossrange-3.jpg
crossrange-12.jpg

テンプルもカジュアルでライフスタイル向けと、Unobtaniumを搭載したフィット感を特色とするパフォーマンス向けの2種類を簡単に交換できます。

crossrange.gif

スイッチを軽く押して引っ張るだけでテンプルが抜け、交換のテンプルは差し込むだけでスイッチがロックするとても簡単な仕組みです。

crossrange-9.jpg

パフォーマンス向けのテンプルには耳に当たる部分にアンオブタニウムが装備されています。

crossrange-10.jpg
crossrange-11.jpg

大きめの玉型ですがカーブは5カーブ程なので、度付のレンズ選択がかなり広がりますね。
ポリッシュド ブラックのフレームカラーにホワイトのアイコンやアンオブタニウムなどのカラーがアクセントとなっていますが派手な感じはありませんので、幅広い世代の方に掛けていただけると思います。
テンプルやノーズパッドを交換できるといういかにもOAKLEYらしい新作(A)CROSSRANGEの紹介でした。
posted by オリオンマン at 12:53| OAKLEY

2017年03月24日

STRAIGHTLINK(Asia Fit) OO9336-05L OTD EDGEU度付き紹介

oakley.jpg

前回に引き続き最近納期が落ち着いてきたOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったPITBULLの実質後継モデルとして期待されているSTRAIGHTLINKの度付き紹介です。

straightlink-1.jpg

STRAIGHTLINK(Asia Fit) OO9336-05L サイズ 61□17-132 カラー マットブラック レンズカラー Emerald Iridium Polarized

straightlink-2.jpg

ストレートリンクは、しっかりとグリップするUnobtainiumのイヤーソックと人気のレンズシェイプで OAKLEYらしいスタイルに仕上がった至高のアクティブパフォーマンスアイウェアです。
今回の度付はマットブラックのフレームにジェイドイリジウムというカラーの組み合わせで、マットブラックのフレームはアイコンがグリーンとガンメタルの2種類から選べるのですが、レンズカラーのエメラルドグリーンと同じくアイコンもグリーンでご注文いただきました。

straightlink-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

straightlink-4.jpg

下から見るとフレームの厚みよりも若干飛び出しているのがわかります。

straightlink-5.jpg

今回のお客様は近視がS-3.25以上強かったので、OTD EDGEUというテクノロジーが施されています。
以前はOTD EDGEというとサイドの厚みを削ったところをレーザーで模様を付けてフロスト加工していたのですが、2016年の夏からはいかにも自然に見えるようにOTD EDGE Uとしてアップデートされました。

straightlink-6.jpg
straightlink-7.jpg

エメラルド イリジウムはジェイド イリジウムと並びグリーンのカラーでとても人気のあるカラーで、アイコンのグリーンと合ってますね。
勿論カラーは豊富にありますので、色々な組み合わせも楽しめるOAKLEYの度付サングラスに興味のある方は是非お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 12:45| OAKLEY

2017年03月18日

FLAK2.0 OO9271-03L度付紹介 その参

oakley.jpg

最近納期が落ち着いてきたOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20170318-1.jpg

OO9271-03L サイズ 61□12-133 カラー マットグレースモーク レンズカラー Tungsten Iridium Polarized

20170318-2.jpg

マットグレースモークのフレームにタングステン イリジウム ポラライズドの組み合わせです。
タングステン イリジウムはベースカラーがブロンズの中ではゴールド イリジウムの次に濃いカラーで、ブロンズにシルバーのミラーを施してます。
タングステンというのはとても熱に強いことで知られる金属なのですが、タングステン イリジウムは熱に弱い普通のコーティングです。

20170318-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20170318-4.jpg

下から見るとフレームの厚みと同じくらいでレンズが納まっているのがわかります。

20170318-5.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。

20170318-6.jpg
20170318-7.jpg

私が自分で愛用しているOAKLEYのサングラスもタングステンイリジウムなのですが、青みを抑えてコントラストを出しているのに自然な見え具合なので、使い勝手の良く使っています。
FLAK2.0の市販の商品では採用されていないので、FLAK2.0とタングステン イリジウムの組み合わせは度付ならではですね。
色々な組み合わせも楽しめるOAKLEYの度付サングラスに興味のある方は是非お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 13:39| OAKLEY

2017年02月01日

FLAK2.0 OO9271-04L 度付き紹介

oakley.jpg

久しぶりにOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20170201-1.jpg

OO9271-04L サイズ 61□12-133 カラー Polished White レンズカラー Violet Iridium Polarized

20170201-2.jpg

ポリッシュド ホワイトのフレームカラーにヴァイオレット イリジウムの輝きがイイですね。
レッドラインのイヤーソックとの相性もイイです。

20170201-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20170201-4.jpg

下から見るとフレームの厚みと同じくらいでレンズが納まっているのがわかります。

20170201-5.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。

20170201-6.jpg
20170201-7.jpg

ヴァイオレット イリジウムのレンズカラーはスキーやスノーボードのゴーグルにも採用されているカラーですので、ウィンタースポーツにも大活躍が期待できるカラーです。
偏光レンズなので車の運転にも適していますし、何よりカッコいいカラーです。
OAKLEYはPRIZMというスポーツに特化したレンズに近年力を入れていますが、ウィンタースポーツ用のPRIZM SNOWというレンズは今のところ度付対応していませんので、ウィンタースポーツをされる方にはヴァイオレット イリジウムは現時点で最良の選択だと思います。
スキー場や車の運転にも大活躍間違いなしのヴァイオレット イリジウム ポラライズド FLAK2.0度付紹介でした。

さて、もう早いもので2月になってしまいました。
ブログも週に一度くらいしか更新出来ておりませんが元気です。
2月は私の誕生日月ということで、メールで誕生日月割引だなんだと来るんだろうと思いますけど、結局誕生日月サービスって使わずに終わるんですよね。

2月になり寒い時期が続いていますが、先日急にマンションの給湯器が壊れるという悲劇がおきました。
私の住んでいるマンションは古いので、給湯器を交換するにもタイプが限られていて割高というのも悲しいところでした。
急いで取り付けてもらうにも10日以上先になると言われ途方にくれていましたが、年末に忘年会で会った中学の同級生が仕事柄ガス屋さんの知り合いがいるんじゃないか?と思い出し早速電話。
やはり知り合いのガス屋さんが居たのでその方を紹介してもらうことに。
給湯器はネットで私が購入して、設置はその方に工事代金を支払うことで決定し、給湯器が届いたその日に工事をしてもらいました。
給湯器の寿命は一般的に10年程度と言われているのは知っていましたが、うちの給湯器は平成8年設置と給湯器本体に記入してあったので、約20年も使用していたことになります。
まぁ給湯器にしては大往生だったわけですね。
眼鏡のレンズもメーカーがいう対応年数は3年と短めにいっているくらいなので、給湯器メーカーがいう10年というのも短めにいっているのかもしれませんが、また20年くらい使えるといいなと思っています。
今度は壊れる前に交換した方がいいなと思いながら、結局は壊れない限りなかなか新しくしようと思わないんですよね。
なのでまた突然壊れて途方に暮れる日が来るのは間違いなさそうです。
posted by オリオンマン at 13:11| OAKLEY

2016年11月27日

FLAK2.0(Asia Fit)OO9271-15

oakley.jpg

OAKLEYの新色紹介です。
度付でも当店一番人気のFLAK2.0ですが、今回の新色はSTEEL COLLECTIONというOAKLEYの5モデルで採用されたSTEELというカラーです。
STEELというのはそのまま鋼ですが、私個人の意見ではありますが一番カッコいいカラーだと思います。

OO9271-15 6112133-1.jpg

FLAK2.0(Asia Fit)OO9271-15 カラー Steel レンズカラー PRIZM ROAD ¥23,000(税別)

OO9271-15 6112133-2.jpg

レンズカラーはPRIZM ROADというOAKLEYが誇るレンズテクノロジーのレンズです。
OAKLEYでは様々なスポーツカテゴリーのトップアスリートからの意見を元に、プレーする際に最も重要な色の研究を続けてきました。
眼のメカニズムを解明し、各スポーツにとって重要な色をプリズムレンズで補正する事で、視界がクリアになり、パフォーマンスの向上につながります。
このPRIZM ROADを使用する事で、日差し、日陰の走行でも視認性を高め、ライダーがいち早く道路状況を認識できます。

OO9271-15 6112133-3.jpg

横から見るとレンズカラーは+Red Iridiumっぽく赤紫色に見えますが、フレームカラーのSteelと相性イイですね。

OO9271-15 6112133-4.jpg

PRIZMのレンズにはPRIZMとレンズ表面に刻まれています。
Steelは近くで見ると更にいいカラーです。

OO9271-15 6112133-5.jpg
OO9271-15 6112133-6.jpg

PRIZM ROADだからといって他のスポーツや用途には使えないのかというと、決してそんなことはなく、実はPRIZM ROADのレンズでもGOLFをする時に使うとコントラストが鮮明になり、距離感や芝のコンディションを見えやすくなります。
もちろんPRIZM GOLFの方が効果は高いのですが、PRIZM ROADでも他のサングラスのカラーと比べると見えやすくなるのです。
そのスポーツ毎にレンズを交換したいという方には、FLAK2.0は交換レンズも豊富に揃えてあるので、色々揃えてご自分でレンズを交換してお使いいただくのもお勧めです。

Steelというカラーは、残念ながら度付の一式という注文がまだ出来ない商品ですので、どうしてもSteelで度付のサングラスや眼鏡を作りたいという方には、まずこのOO9271-15を購入していただき、そして度付のレンズのみ注文していただくことになりますが、それほどカッコいいカラーなので興味のある方は是非よろしくお願いします!
posted by オリオンマン at 14:49| OAKLEY

2016年11月26日

FLAK2.0 OO9271-02L OTD EDGEUPAL 度付き紹介

oakley.jpg

久しぶりにOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20161106-1.jpg

OO9271-02L サイズ 61□12-133 カラー Silver レンズカラー Jade Iridium Polarized

20161106-2.jpg

艶のないシルバーのフレームに、レンズはJade Iridium Polarizedという市販のOO9271-02と同じ組み合わせです。
レンズの度数が限界値ギリギリでしたが綺麗に収まっています。

以前ここでお知らせしましたが、OAKLEYはこの夏からレンズのラボ拠点をアメリカに集中して、日本でのレンズ加工を終了しております。
そのこともあって納期が最短3、4日で完成していたのが1ヶ月から2ヵ月かかっております。
お客様には大変ご不便をおかけすることになってしまい、取扱店としても申し訳なくつらいですが、決して悪いことばかりではありません。
特に度数が強かった方にとっては今までOTD EDGEという度数の強い方向けのレンズ加工が別料金(+¥10,000(税別))でご提供させていただいていましたが、この夏からは度数が強くてもお値段は変わらず提供させていただくことになりました。
ですから度数の強い方からすると値下げということになります。
そして裏面の反射防止コートとして提供していたOAKLEY STEALTHというコーティングも、この夏から標準装備されることになっております。
更に言うとカラーレンズと偏光レンズとの価格差が¥10,000(税別)→¥7,000(税別)と価格差が縮まり、カラーレンズとPRIZMとの差は¥5,000(税別)→¥2,000(税別)と、あまり変わらなくなってきました。
紫外線で色が濃くなる調光レンズも一組¥48,000(税別)だったのが¥45,000(税別)とかなりお求め安くなりました。

当店でいうとOAKLEYの度付は偏光レンズでご注文いただく場合が殆どですし、今回紹介させていただいておりますFLAK2.0はS-3.25からという軽中度近視の方からEDGE扱いだったので、S-3.25〜S-6.00(限界度数)の方であれば¥7,000(税別)の値下げということになります。

20161106-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20161106-5.jpg

下から見るとフレームの厚みと同じくらいでレンズが納まっているのがわかります。

20161106-4.jpg

レンズはFLAK2.0の複雑なヨロイ部分のデザインを避けるように高度な技術で削られています。

20161106-6.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。
あと、以前はOTD EDGEというとサイドの厚みを削ったところをレーザーで模様を付けてフロスト加工していたのですが、この夏からはいかにも自然に見えるようにOTD EDGE Uとしてアップデートされました。

20161106-7.jpg
20161106-8.jpg

今回ご注文していただいたお客様はサングラスでも遠くと近くが見えるようにしたいということで、遠近両用レンズをご注文していただきました。
OAKLEYの遠近両用レンズは通常の遠近両用設計のレンズと、3つのスポーツに特化したSPORTS SPECIFIC OTD PALという設計があります。
3つのスポーツというのはGOLF、Cycle、Fishでして、それぞれのスポーツに一番使いやすく特別に設計されていますので、この3つのスポーツでのご使用が特に多い方には是非お勧めです。
ただ注意が必要なのは、度数範囲がOTD EDGEという通常度数範囲を超えている時には不可となり、選べるレンズのカラーも少し限定されている点です。
勿論通常の設計でゴルフに自転車、そして釣りと全てのスポーツで使えますのでご安心ください。
posted by オリオンマン at 15:01| OAKLEY

2016年10月19日

EVZero Path(Asia Fit) OO9313-1038

oakley.jpg

OAKLEYの新色紹介です。
かつて限りなく0グラムに近いサングラスとして開発されたOAKLEY Zero シリーズが、最新テクノロジーと新たなデザインで登場しました。
今回紹介するEVZero Pathはパールホワイトとスレート イリジウムという鉄板の人気カラーです。

20161006-1.jpg

EVZero Path(Asia Fit) OO9313-1038 カラー Polished White レンズカラー Slate Iridium ¥22,000(税別)

20161006-2.jpg

EVZero Pathは、視界を遮る事の無いフレームレスのシールドレンズ仕様で、トレーニングやランニングの枠にとらわれない、究極のマルチスポーツサングラスとして開発されました。
スピードやパフォーマンスを最大限に引き出す為にオークリースポーツサングラスの中でも最軽量にデザインされたEVZeroは、最高のフィット感をも産み出しています。

20161006-3.jpg

パールホワイトとスレート イリジウムの組み合わせは前にも書きましたが、スターウォーズ エピソード5の氷の惑星ホスで使われても何の違和感も感じないカラーリングです。
フレームは爽やかなPolished Whiteで、イヤーソックもWhiteです。
アイコンはPolished Silverで、レンズカラーのSlate Iridiumのミラーと合ってますね。
レンズカラーのSlate Iridiumは晴れの日は勿論、曇りの日でも使いやすいカラーなので、日本の気候にも合っていて使い勝手の良いカラーです。

20161006-4.jpg
20161006-5.jpg

EVZero Pathが発売されてから半年ほど経ちましたが、皆さん手に取って一番驚かれるのはやはりその軽さです。
軽すぎて不安という声もたまに聞きますが、軽くてもレンズはOAKLEYがその強度に絶対の自信を持つポリカーボネイトなので、不安はないでしょう。
軽いのはイイことだ!と思っていただける方にはまず掛けていただきたいEVZero Pathの新色紹介でした。
posted by オリオンマン at 12:09| OAKLEY

2016年10月16日

TRILLBE X OO9340-06

oakley.jpg

OAKLEYの新型紹介です。
軽く快適なかけ心地で小さ目のフレームのTrillbe X(トリルビー X)柔らかく丸みを帯びたフロントにキーホール型のノーズブリッジとデザインされたテンプルは、ヴィンテージスタイルを現代風にアレンジしたアイウェアです。

20161005-1.jpg

TRILLBE X OO9340-06 カラー Polished Rootbeer レンズカラー Dark Bronze ¥16,000(税別)

20161005-2.jpg

ベースカーブが4カーブと緩めのカーブで、OAKELYにしては珍しく滑り止め素材のアンオブタニウムが装備されていません。
しかしそれで滑るわけでもなく、スリーポイントフィットで快適なかけ心地を確保できます。
やや小ぶりなモデルなので、顔の小さ目な男性や女性の方にお勧めのモデルです。

20161005-3.jpg

フレームカラーのポリッシュド ルートビアとレンズカラーのダーク ブロンズというブラウンの組み合わせに、これまたブラウンとの相性がいいゴールドのアイコンが輝いてます。

20161005-4.jpg
20161005-5.jpg

流行りのヴィンテージスタイルを手軽に楽しめるTrillbe Xです。
以前お客様に「正直アンオブタニウムは永年使っているとベタついてきたりもするから、アンオブタニウム付いてないモデルってありませんか?」と聞かれたことがありましたが、女性でも掛けられるモデルでアンオブタニウムが付いてないモデルってそんなになかったんですね。
今回紹介したTrillbe Xであれば女性にもお勧めできるサイズ感ですので、自信をもってお勧めできます。
お値段もOAKLEYの中では手頃な価格帯ですし、幅広い年齢層の方にお勧め出来るモデルです。
posted by オリオンマン at 12:44| OAKLEY

2016年10月12日

FLAK 2.0 (Asia Fit) OO9271-1661

oakley.jpg

OAKLEYの新色紹介です。
OAKLEYの屋台骨を支えていたと言って過言ではないモデルFLAK JACKETがこの秋姿を消しました。
そのFLAK JACKETをブラッシュアップしたFLAK2.0はFLAK JACKETを永年愛用してきた方にも快く受け入られて、当店でも一番人気のあるモデルです。
そして今まで無かったのが不思議なオールホワイトのカラーが新色で登場したので紹介させていただきます。

20161004-1.jpg

FLAK 2.0 (Asia Fit) OO9271-1661 カラー Polished White レンズカラー Slate Iridium ¥22,000(税別)

20161004-2.jpg

FLAK 2.0はプロゴルファーやプロ野球選手にも愛用者の多いモデルです。
フレームは爽やかなPolished Whiteで、イヤーソックもWhiteです。
アイコンはPolished Silverで、レンズカラーのSlate Iridiumのミラーと合ってますね。
レンズカラーのSlate Iridiumは晴れの日は勿論、曇りの日でも使いやすいカラーなので、日本の気候にも合っていて使い勝手の良いカラーです。

20161004-3.jpg

白で統一されたFLAK 2.0もイイですね。
スターウォーズ エピソード5の氷の惑星ホスで使われても何の違和感も感じないカラーリングです。

20161004-4.jpg
20161004-5.jpg

白いウィンドブレーカーや白いジャージ着ている方に是非お勧めです。
白は女性人気も高いのですが、男性の日焼けした黒い肌に真っ白なFLAK 2.0を合わすのもカッコいいと思います。
FLAK 2.0で白が出ればなぁと待っていた方にも是非!!

さて、私はアメリカのドラマが好きで観ているのですが、今年完結してしまったドラマが「THE MENTALIST」「WHITE COLLAR」「DAVINCI'S DEMONS」など何本かありました。
「THE MENTALIST」はシーズン7で終了。
「WHITE COLLAR」はシーズン6で終了。
「PERSON OF INTEREST」はシーズン5で終了。
「DAVINCI'S DEMONS」はシーズン3で終了しましたが、4もありそうな終わり方だったので残念。
終了するのは残念ではありますが、終了してくれるだけマシということもあります。
何故ならアメリカのドラマは途中で終了してしまうことが当たり前にあるからです。
すごく面白そうな終わり方をしたシーズン1がシーズン2を迎えずにそのまま終了して謎のまま終わってしまうドラマをもう嫌っていうほど観てきました。
「FLASHFORWARD」や「ALCATRAZ」「THE EVENT」「V(リメイク版)」などちょっと思い出すだけでも沢山出てきます。
なのでファイナルシーズンと聞くと、ガッカリ半分嬉しさ半分という感じです。
「HEROS」みたいに完結したかと思ったら「HEROS REBORN」として新たに始まることもありますが、稀な例でしょう。

私は基本的にはCSで録画したのを観てきたのですが、最近ではAmazon VideoやdTVで観ることも増えました。
録画したはいいけど観ていないドラマって案外多いんですよね。
「24」の最新シーズンも観てないし、「CRIMINAL MINDS」なんてシーズン7くらいまで全部録画しているけど観だすと止まらないのがわかっているから怖くてシーズン1の第一話を観る勇気が出ません。
「BREAKING BAD」もシーズン5まで録画してあるけど、完結しているので見始めるのであれば評価の高い「BREAKING BAD」が先でしょうね。

今まで見始める勇気がなくて録画しっぱなしだった「THE WALKING DEAD」はシーズン6まで録画してあったけど先月末から勇気を出して見始めたら、止まらない止まらないで一気に観終わってしましました。
誰かとTHE WALKING DEADの話をしたくても誰も観てない。
嫁さんはゾンビとか怖いのが大嫌いですし、子供が観たら数年後何するか分からいな子になるだろうし、友達に海外ドラマファンっていないから一人で「THE WALKING DEAD」のこと考えてモヤモヤしています。
シーズン6の最終話が凄過ぎてまだボヤーっとしているのですが、今月の10月24日21時からシーズン7が開始するのです。
あとまだ12日も待たなくてはいけないのか…という感じですが、シーズン6を半年前に観終わっている方がいることを考えると私の2週間なんて全然待ったうちに入らないでしょう。

「SUITS」「THE VAMPIRE DIARIES」「HAWAII FIVE-O」「GOTHAM」「ARROW」など今年も観てきましたが、断然続きが今観たいのは「THE WALKING DEAD」です。
本当に面白いアメリカドラマが観たいのであれば是非お勧めです!
ゾンビなんてシーズン1か2で慣れてしまいますのでご心配なく!
posted by オリオンマン at 12:42| OAKLEY

2016年10月08日

RADARLOCK (Asia Fit) OO9206-4038

oakley.jpg

OAKLEYの新色紹介です。
OAKLEYのアイコン的存在で今も変わらず人気の高いRADARLOCKから新色が登場しました。
RADARLOCKは発売から4年が経ち、この4年間の間にも数々のカラーが出てはラインナップから消えてきましたが、青系のカラーはそんなに多くはありませんでした。
RADARLOCKのSkyは以前Fingerprint CollectionでFinger Print Sky Blueというカラーがありましたが、フィンガープリントという指紋模様が入っていたので、純粋にSky Blueというと今回が初ですね。

20161003-1.jpg

RADARLOCK (Asia Fit) OO9206-4038 カラー Sky レンズカラー PRIZM ROAD ¥28,000(税別)

20161003-2.jpg

RADARLOCKはプロ野球選手から陸上競技のオリンピックアスリートに愛用されているスポーツモデルの最高峰モデルです。
フレームは鮮やかなSkyカラーで、イヤーソックやアイコンのホワイトで爽やかな印象です。
レンズカラーはPRIZM ROADというサイクル用に特化したレンズです。
路面自体のコントラストを強化することにより、素早く石や窪みなどの障害物を見つけやすくなり、自信を持った走行を可能にします。

20161003-4.jpg
20161003-5.jpg

PRIZM ROADはサイクル用に特化したレンズカラーですが、自転車以外では使えないという訳では決してなく、ランニングやゴルフなどにも普通に使えますのでご安心を。
RADARLOCKの青いカラーもいつまで生産されるかわかりませんので、RADARLOCKの青っぽいの出たら欲しいなと思っていた方は是非お早めの決断とご来店お待ちしております!
posted by オリオンマン at 17:05| OAKLEY

2016年10月07日

STRAIGHTLINK (Asia Fit) OO9336-01

oakley.jpg

OAKLEYの新作紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったSTRAIGH JACKETの後継モデルというかPIT BULLの地位を脅かす存在となるのかというモデルです。

20161002-1.jpg

STRAIGHTLINK (Asia Fit) OO9336-01 サイズ 61□12-133 カラー Gray Smoke レンズカラー Black Iridium ¥22,000(税別)

20161002-2.jpg

STRAIGHTLINK(ストレートリンク)は、しっかりとグリップするUnobtainiumのイヤーソックと人気のレンズシェイプで OAKLEYらしいスタイルに仕上がった至高のアクティブパフォーマンスアイウェアです。

20161002-3.jpg

フロントの下部からテンプルの下部につながっている滑り止め素材のアンオブタニウムが特徴です。
透け感のあるグレースモークはOAKLEYでも人気の高いカラーです。

20161002-4.jpg

テンプルエンドの所にもしっかりとアンオブタニウムが装備されています。

20161002-5.jpg
20161002-6.jpg

目の周りをしっかりと覆ってくれるのはSTRAIGHT JACKETやPIT BULLと同じ感じです。
前2モデルと比べると肉厚さというのがなくなり、スリムで軽量化されています。
デザインも丸みがなくなりエッジが効いているように思います。

バイクを乗る方にも大変人気がある2モデルと同じように、STARAIGHTLINKもバイク乗りの方にもお勧めです。
顔の少し大きめの方にも掛けやすいモデルだと思いますので、スポーツモデルのようなサングラスは少し苦手だけど、顔を覆うようなカーブの深いモデルをお探しの方にはきっと気に入っていただけると思います。

さて、10月3日(月)と4日(火)に年に2度ある大きな眼鏡の展示会に行ってきました。
当店でも人気の高いic! berlinのブースにもお邪魔して、新作や日本限定モデルなど色々と仕入れてきました。

ic! berlinのブースには毎年ケータリングのサービスがあり、毎年ここで昼ご飯を食べるというのがここ数年の恒例行事のようになっています。
他でケータリングサービスをしているブースは無いので、ic! berlinのブースでご飯食べていると羨ましそうに眺められるのも楽しみの一つです。
商談している時間よりもご飯を食べながらケータリングのシェフとお話する時間が長かったりもしますが、私にとっては展示会で一番楽しい時間となっています。
ちなみに今年ご馳走になったのはロコモコでしたが、後でカレーもご馳走になろうと思っていたのに時間が無くなり断念しました。
カレーは毎回食べていたので、あの味を味わえずに本当に残念でした( ꈨຶ ˙̫̮ ꈨຶ )

シェフはFROU FROU PREMIUM DELI(フルフルプレミアムデリ)というお店を大田区の東急池上線 石川台駅前で営業しているということなので、その辺に住んでれば間違いなく通うんだけどな。
地図見ると田園調布の近くだし、東急池上線なんて人生で乗ったことすらないし、全く縁も用事もない土地なので誰か代わりに行っていただければ羨ましいですが嬉しいです。
私もいつかは遠回りしてでも何かの用事に合わせて行きたいなと思っています。
posted by オリオンマン at 11:38| OAKLEY

2016年10月02日

STRAIGHTLINK (Asia Fit) OO9336-05

oakley.jpg

OAKLEYの新作紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったSTRAIGH JACKETの後継モデルというかPIT BULLの地位を脅かす存在となるのかというモデルです。

20161001-1.jpg

STRAIGHTLINK (Asia Fit) OO9336-05 サイズ 61□12-133 カラー Matte Black レンズカラー Jade Iridium ¥22,000(税別)

20161001-2.jpg

STRAIGHTLINK(ストレートリンク)は、しっかりとグリップするUnobtainiumのイヤーソックと人気のレンズシェイプで OAKLEYらしいスタイルに仕上がった至高のアクティブパフォーマンスアイウェアです。

20161001-3.jpg

フロントの下部からテンプルの下部につながっている滑り止め素材のアンオブタニウムが特徴です。
JADE IRIDIUMのレンズカラーと合うグリーンメタリックのアイコンがイイですね。

20161001-4.jpg

テンプルエンドの所にもしっかりとアンオブタニウムが装備されています。

20161001-5.jpg
20161001-6.jpg

目の周りをしっかりと覆ってくれるのはSTRAIGHT JACKETやPIT BULLと同じ感じです。
前2モデルと比べると肉厚さというのがなくなり、スリムで軽量化されています。
デザインも丸みがなくなりエッジが効いているように思います。

バイクを乗る方にも大変人気がある2モデルと同じように、STARAIGHTLINKもバイク乗りの方にもお勧めです。
顔の少し大きめの方にも掛けやすいモデルだと思いますので、スポーツモデルのようなサングラスは少し苦手だけど、顔を覆うようなカーブの深いモデルをお探しの方にはきっと気に入っていただけると思います。
posted by オリオンマン at 14:26| OAKLEY

2016年09月17日

FLAK2.0 OO9271-06L OTD EDGEU度付き紹介

oakley.jpg

久しぶりにOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20160917-1.jpg

OO9271-06L サイズ 61□12-133 カラー carbon fiber レンズカラー Black Iridium Polarized

20160917-2.jpg

OAKLEYではお馴染みのカーボンファイバーカラーのフレームに、レンズはBlack Iridium Polarizedの組み合わせです。
レンズの度数が限界値ギリギリでしたが綺麗に収まっています。

実はOAKLEYはこの夏からレンズのラボ拠点をアメリカに集中して、日本でのレンズ加工を終了しております。
そのこともあって納期が最短3、4日で完成していたのが1ヶ月から2ヵ月かかっております。
お客様には大変ご不便をおかけすることになってしまい、取扱店としても申し訳なくつらいですが、決して悪いことばかりではありません。
特に度数が強かった方にとっては今までOTD EDGEという度数の強い方向けのレンズ加工が別料金(+¥10,000(税別))でご提供させていただいていましたが、この夏からは度数が強くてもお値段は変わらず提供させていただくことになりました。
ですから度数の強い方からすると値下げということになります。
そして裏面の反射防止コートとして提供していたOAKLEY STEALTHというコーティングも、この夏から標準装備されることになっております。
更に言うとカラーレンズと偏光レンズとの価格差が¥10,000(税別)→¥7,000(税別)と価格差が縮まり、カラーレンズとPRIZMとの差は¥5,000(税別)→¥2,000(税別)と、あまり変わらなくなってきました。
紫外線で色が濃くなる調光レンズも一組¥48,000(税別)だったのが¥45,000(税別)とかなりお求め安くなりました。

当店でいうとOAKLEYの度付は偏光レンズでご注文いただく場合が殆どですし、今回紹介させていただいておりますFLAK2.0はS-3.25からという軽中度近視の方からEDGE扱いだったので、S-3.25〜S-6.00(限界度数)の方であれば¥7,000(税別)の値下げということになります。

20160917-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20160917-4.jpg

レンズはFLAK2.0の複雑なヨロイ部分のデザインを避けるように高度な技術で削られています。

20160917-5.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。
あと、以前はOTD EDGEというとサイドの厚みを削ったところをレーザーで模様を付けてフロスト加工していたのですが、この夏からはいかにも自然に見えるようにOTD EDGE Uとしてアップデートされました。

20160917-6.jpg
20160917-7.jpg

今回紹介しているFLAK2.0は私の小学校時代からの友達が購入してくれたのですが、買いに来てもらった日がラボの切れ変わり日当日だったので、彼の場合は前日に注文を出すよりも¥7,000(税込)安くなりました。
カーボンファイバーカラーにブラックイリジウムの偏光レンズの組み合わせは、眩しさを最低限に抑えて、派手なものは好まないけどベーシック過ぎるのはつまらないという方にはピッタリな色の組み合わせだと思います。
彼は車通勤なのでこれから毎朝のように掛けて通勤するわけですが、偏光レンズでの運転はフロントガラスへの映り込みも殆どなくなり本当に快適なので、一度使えば手放せなくなるでしょう。
ゴルフでもどれだけ日が照っていようが最小限に抑えられますし、紫外線からも目を守れますし、OAKLEYのレンズであれば万が一他のコースからボールが飛んできてもレンズが目を守ってくれます。
納期は一カ月以上かかってしまいましたが、徐々に落ち着いてくるとは思うのでしばらくは気長にお待ちいただければと思います。
posted by オリオンマン at 16:36| OAKLEY

2016年07月30日

EVZero Path Photochromic (Asia Fit) OO9313-06

oakley.jpg

かつて限りなく0グラムに近いサングラスとして開発されたOAKLEY Zero シリーズが、最新テクノロジーと新たなデザインで登場しました。
今回紹介するEVZero PathはPhotochromicという調光レンズを装備しています。

OO9313-06-1.jpg

EVZero Path Photochromic (Asia Fit) OO9313-06 カラー Matte White レンズカラー Clear Black Iridium Photochromic ¥24,000(税別)

OO9313-06-2.jpg

EVZero Pathは、視界を遮る事の無いフレームレスのシールドレンズ仕様で、トレーニングやランニングの枠にとらわれない、究極のマルチスポーツサングラスとして開発されました。
スピードやパフォーマンスを最大限に引き出す為にオークリースポーツサングラスの中でも最軽量にデザインされたEVZeroは、最高のフィット感をも産み出しています。

調光レンズなので紫外線に反応して濃い色に変わります。

OO9313-06-4.jpg

OO9313-06-5.jpg

OO9313-06-6.jpg

思った以上に室内に入ると色の退色が早くて、シャッターを押すまでに薄くなってしまいました。
調光レンズというのは濃くなるのは早いのですが、薄くなるのは結構時間がかかるものなのですが、このOAKLEYのPhotochromicは早いですね。

OO9313-06-7.jpg

左レンズ上部にはPHOTOCHROMICと刻印されています。

OO9313-06-8.jpg
OO9313-06-9.jpg

OO9313-06-10.jpg
OO9313-06-11.jpg

紫外線で色が変わるので、日中は濃くなり夜にはほぼ透明になりますので、自転車やランニングなどをされている方であれば日中はもちろんですが、夜も同じサングラスで風や虫、車が跳ね飛ばした石などから大事な目を守れます。
OAKLEYで調光レンズを採用しているモデルは本当に限られますし、税抜き¥24,000はかなりお得だと思います。
EVZeroはOAKLEYのスポーツモデルで最も軽いシールドタイプのモデルですので、軽いサングラスをお探しの方にもきっとご満足していただけると思います。

調光レンズのサングラスを掛けるととても実感するのですが、曇りの日でも色が変わります。
曇りでも紫外線は晴れの日に比べて50%〜80%は降り注いでいるのだそうです。
今日の関東地方はとてもとても暑く、日焼けすることは考えなくても分かるほどですが、曇りの日も同じように日焼け対策しないといけないんですね。
今のメガネレンズは紫外線カットのレンズが主流なので、外に出る時は眼鏡やサングラスで紫外線対策することをお勧めします。
posted by オリオンマン at 19:04| OAKLEY

2016年07月23日

FLAK2.0 OO9271-03L度付き紹介 その弐

oakley.jpg

久しぶりの更新になってしまいましたが元気です。
本日もOAKLEYの度付きを紹介します。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20160723-1.jpg

OO9271-03L サイズ 61□12-133 カラー マットグレースモーク レンズカラー Black Iridium

20160723-2.jpg

FLAK2.0の中でも人気のあるマットグレースモークカラーにレッドラインのアイコンとイヤーソックが映えるフレームに、レンズは定番のBlack Iridiumを組み合わせました。
レンズの度数が限界値でしたが綺麗に収まり、OTD EDGEの仕上げでスッキリしています。

20160723-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20160723-5.jpg

下から見るとフレームの幅と同じくらいの厚みになっているのがわかります。

20160723-4.jpg

レンズはFLAK2.0の複雑なヨロイ部分のデザインを避けるように高度な技術で削られています。

20160723-6.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。

20160723-7.jpg

あれ?前回に引き続き横顔の写真が紛失してしまいましたが、ご了承ください。
度数の強い方はFLAK2.0であれば範囲も広いのでお勧めです。
グレーとレッドのフレームにBlack Iridiumのシルバーミラーも良く合いますね。
今年こそは度付のサングラスを!とお考えの方は是非ご来店お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 13:13| OAKLEY

2016年07月03日

FLAK2.0 OO9271-03L度付き紹介

oakley.jpg

久しぶりにOAKLEYの度付きを紹介です。
長年OAKLEYで人気のあったFLAK JACKETに代わって、最近度付きでも人気のあるFLAK JACKETの後継モデルFLAK2.0の度付き紹介です。

20160610-1.jpg

OO9271-03L サイズ 61□12-133 カラー マットグレースモーク レンズカラー Jade Iridium Polarized

20160610-2.jpg

FLAK2.0の中でも人気のあるマットグレースモークカラーにレッドラインのアイコンとイヤーソックが映えるフレームに、レンズは青緑のミラーで人々を魅了するJade Iridium Polarizedの組み合わせです。
レンズの度数が限界値でしたが綺麗に収まり、OTD EDGEの仕上げでスッキリしています。

20160610-3.jpg

横から見ても厚みはほどほどに抑えられています。

20160610-4.jpg

レンズはFLAK2.0の複雑なヨロイ部分のデザインを避けるように高度な技術で削られています。

20160610-5.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。

20160610-6.jpg

あれ?横顔の写真が紛失してしまいましたが、ご了承ください。
女性のユーザー様にも掛けやすいサイズ感とデザインなので、度数の強い方はFLAK2.0であれば範囲も広いのでお勧めです。
グレーとレッドのフレームに青緑のミラーもカッコいいんですよね。
今日も関東地方は真夏という感じで日差しも強いですが、今年こそは度付のサングラスを!とお考えの方は是非ご来店お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 15:12| OAKLEY

2016年05月09日

CROSSLINK ZERO OX8080-0258

oakley.jpg

スポーツを愛するすべての人が思う存分スポーツを楽しめるようになることを願うOAKLEY。
OAKLEYの“パフォーマンスフレーム”として新たなカテゴリを確立したCROSSLINK COLLECTIONは、スポーツシーンからビジネスシーンまで、一人ひとりのライフスタイルにフレキシブルにフィットします。
そのCROSSLINK COLLECTIONに新たに加わったのがCROSSLINK ZEROです。

OX8080-0258-1.jpg

CROSSLINK ZERO OX8080-0258 サイズ 58□16-139 カラー ブラックインク ¥16,000(税別)

OX8080-0258-2.jpg

CROSSLINK ZEROはアイプロテクション性に優れた6ベースカーブ設計で、多くのCROSSLINK COLLECTIONがテンプルやフロントを交換出来る仕様になっているのとは違い、交換のパーツは付いていません。
日本人のフェイスラインに合うように設計されたアジアンフィットモデルですし、超軽量かつ耐久性に優れたO Matter製フレームで長時間の着用でも快適な掛け心地です。

OX8080-0258-3.jpg

ブラックインクという透け感のあるブラックのフレームカラーに、イヤーソックスとアイコンにはOAKLEYの人気色レティーナバーンでスポーティーさを更に高めてくれます。

OX8080-0258-4.jpg

フロントは日本人のフェイスラインには合いやすい6カーブで、一人ひとりの頭の形状に合わせてフィット調整ができるフレキシブルテンプルも魅力です。

OX8080-0258-5.jpg
OX8080-0258-6.jpg

6カーブのCROSSLINKといえばCROSSLINK SWEEPがありましたが、SWEEPの後継という位置づけがCROSSLINK ZEROだと言えます。
OAKLEYの度付きでは度が強過ぎて作れない方には、CROSSLINK ZEROで他社製ハイカーブの度付きレンズを使うことにより、快適に度付きスポーツメガネやサングラスが制作可能になります。
度が強すぎて諦めている方も是非一度ご相談いただければと思います。
値段も交換パーツがないので¥16,000(税別)とリーズナブルですしお勧めです。
posted by オリオンマン at 13:26| OAKLEY

2016年05月08日

HYPERLINK OX8051-0354

oakley.jpg

クロスリンクコレクションにインスパイアされたHYPERLINK(ハイパーリンク)は、O-Matter素材、Unobtainium製イヤーソック、アジアンノーズパッドとクロスリンクに連なる機能性を備える一方で、高さのあるスクエアレンズで、度付カラーレンズを入れてサングラスとして使ったり、手元用として累進レンズを入れたり、いわゆる遠方用のメガネ以外にも様々な用途に適した設計になっています。
カラーバリエーションも落ち着いたトーンと遊び心のきいたものがラインナップしているので、ライフスタイルに合わせて選ぶことができます。

OX8051-0354-1.jpg

HYPERLINK OX8051-0354 サイズ 54□18-140 カラー サテングレースモーク ¥16,000(税別)

OX8051-0354-2.jpg

天地幅が39mmとかなり広いHYPERLINKですが、視野を広く取られたい方にはとてもお勧めです。
見た目以上に軽いですし、掛け心地も抜群です。

OX8051-0354-3.jpg

サテングレースモークにレッドの組み合わせも程よくスポーティーさを演出出来ていいカラーですね。

OX8051-0354-4.jpg
OX8051-0354-5.jpg

顔を覆うような高カーブの設計ではないので、度の強い方にもお勧めしやすいですね。
遠近両用も非球面のレンズが大半を占めているので、HYPERLINKだとレンズ選びも選択肢が多いものイイですね。
クロスリンクのようにテンプルやフロントを交換することは出来ませんが、シンプルに使い勝手のいいモデルだと思います。
posted by オリオンマン at 10:54| OAKLEY

2016年05月07日

CROSSLINK FLOAT EX OX3220-0456

oakley.jpg

OAKLEYの大人気メガネフレームコレクションCROSSLINKからまた新たなるモデルが登場しましたので紹介させていただきます。

OX3220-0456-1.jpg

CROSSLINK FLOAT EX OX3220-0456 サイズ 56□17-143 カラー サテンブラック/レッド ¥34,000(税別)

OX3220-0456-2.jpg

CROSSLINK FLOATは日本人のフェイスラインに合うように設計されたアジアンフィットモデルで、スクウェアのEXとラウンド調のSPの2レンズシェイプで展開しています。
今回紹介しているのはEXシェイプのモデルです。
オークリー独自の超軽量 O Matter製テンプルで長時間の着用でも快適な掛け心地です。
耐久性に優れたアルミニウム製のフロントで、激しい動きに対応する強度と軽量性を実現しました。
スポーツパフォマンスサングラス「JAWBREAKER」に着想を得たレンズキャリア交換システムにより、簡単なレンズ交換を実現しています。
オークリーの特許素材Unobtainium製のイヤーソックが生み出す抜群のフィット感をもたらします。

↓ブラックの交換用テンプルを付けてみました。
OX3220-0456-4.jpg
OX3220-0456-5.jpg
OX3220-0456-6.jpg

OX3220-0456.gif
↑ノーズパッドを跳ね上げると簡単にフロントが交換できるCROSSLINKなので、普段は度付きのクリアレンズを入れて普通に眼鏡として使っていただき、もう一つのフロントに度付きのサングラスレンズを入れておけば簡単に度付きのサングラスとして使えるので一本二役の頼れる眼鏡です。

OX3220-0456-7.jpg
↑専用ケースにはテンプル一組とフロントが収納できるようになっています。

OX3220-0456-8.jpg
OX3220-0456-9.jpg
OX3220-0456-10.jpg

OAKLEYらしいアイディアに富んだ素晴らしい発想のCROSSLINK FLOATは、フロントが交換出来るので色々な使い方が出来るモデルです。
色違いのカラーを入れたレンズで作れば日差しの強い時用や、弱い時用として使い分けできますし、遠近両用レンズと遠方専門レンズと分けたり、普段用に少し弱めの度数と運転用の強めの度数と分けたりと、本当にその人それぞれで色々な使い分けの出来るモデルなので、一本の眼鏡で色々な事を済ませたいと思われている方にはお勧めです。
posted by オリオンマン at 18:06| OAKLEY