千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2011年04月16日

2011.4.16.jpg

先日Slit2011という眼鏡の展示会へ行ってきました。
ic! berlinとMYKITAを見に行くのが目的でした。

渋谷で献血をしてから歩いて青山の方まで行ったら少し貧血気味になりましたが何とか到着。
風が気持ち良かったので外でNEW MODELを見せてもらうことになりました。

写真を撮るのをすっかり忘れましたが、ic! berlinもMYKITAも素晴らしいNEW MODELばかりでした。

トップの写真はic! berlinでもらったお土産のマグカップです。
他にもこんな可愛い物ももらいました。↓

2011.4.16-1.jpg
2011.4.16-2.jpg

兎年にちなんで作られた交換用テンプル。
兎という漢字が兔となっていますが、こっちも うさぎ で変換されるのOKでしょう。

さて、取り付けてic! berlin Japanのスタッフにも評判の戸塚君に掛けさせるとこんな感じです。↓

2011.4.16-3.jpg

ちなみにこのテンプルはウネウネした形になっていて、こうやって曲げることも可能です。
これからのモデルは基本的にこのウネウネテンプルになるとのことです。
入荷次第詳細はお知らせしますが、ic! berlinのホームページにはすでに全モデルをご覧いただけます。
中でもryotaシリーズというのはic! berlin Japanのryotaさんがデザインしたモデルで、モデルの名前も近藤勇、坂本龍馬、沖田総司、岡田以蔵モデルがあります。
それぞれ家紋があるのですが歴史の都合上、岡田以蔵だけは家紋がありません。
あとは折り畳み出来るモデルが今回も登場し、サングラスだけではなくリーディング用のモデルも登場しました。
前回少しケースが小さ過ぎて出し入れに苦労がありましたが、今回は修正して少しケースも大きくなりましたので、出し入れに関しての苦労はなくなったところも素晴らしいです。

MYKITAの方は新カラーが登場し、前回に引き続きMINT Collectionというアジア向けのモデルも発表され、そのデザインの素晴らしさには感嘆するばかりでした。
MYKITAの方も入荷次第詳しく紹介させていただきます。

今回は原発の影響もあり、私が行った最終日にはもうヨーロッパから来日したブランドの顔とも言える人達は帰ってしまった後でした。
まぁそれでもこのSlit2011が開催されたのは良かったと思います。
次は秋にあるIOFTまでヨーロッパブランドの展示会はないので、それまでに原発の問題もしっかり目処が立ち、安心できる環境で行われるといいなと思います。
posted by オリオンマン at 19:14| ic!berlin