千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2010年04月03日

美しいネズミ達

4.2-1.jpg

今日はオリオンメガネで新たに扱うこととなった新ブランドを紹介します。
Micedrew Tokyo(マイスドロー・トーキョー)というブランドです。

2008年ねずみ年にスタートした新しいブランドです。
最初のコレクションではベーシックなカラーばかりだったのですが、今回のコレクションではガラーズ(柄×カラー)ということで、とても鮮やかなカラーや柄が揃いました。
このマイスドロー・トーキョーのセルは、最近CMでよくやっている軽いだけで実に安っぽいフレームや、フレームにスプレーで色を塗ってグラデーションを売りにしているフレームとは次元が違います。

4.3-1.jpg

余分な物を全て削ぎ落とし、厚さ3,5mmという限界の薄さで、しかもフロントのラインが上から見るとよくわかるのですが、フラットなんです。
フラットなセルはとても新鮮で、我がオリオンメガネのセルを全て見ましたが、ic! berlinのPLASTIC!シリーズのみフラットで、後のセルは全てブリッジの部分がポコッと盛り上がっていました。

4.2-7.jpg

このセルフレームの特徴として、テンプルの芯金にβチタンという弾力性のある軽量チタン合金が特徴として挙げられますが、さらにこのヨロイとテンプルに打ち込まれたリベットの蝶番がスゴイのです。
多くのセルフレームは埋め込み蝶番なのですが、こちらはカシメ蝶番という方法で作られています。
カシメ蝶番は埋め込みと比べて頑丈でガタつきにくく、熱にも強いというのが特徴です。
芯金がβチタンのカシメ蝶番は技術的にとても難しいらしく、製造しているメーカー(五十嵐眼鏡さん)の技術力が光ります。

見た目もスペックも素晴らしいこのマイスドロー・トーキョーのフレームですが、3.5mmのフロントとβチタンの芯金を持つテンプルが実に心地よい柔軟性と軽さを実現しているので、掛け心地は最高にイイです。

4.3-2.jpg

鼻あての部分も日本人の鼻に面で当たるように作られていますから、鼻の低い私でもしっかりフィットしています。

4.2-6.jpg

JD-701 G5 ¥19950
ジョジョの奇妙な冒険でいえば花京院のハイエロファントグリーン(法王の緑)になると思います。

4.2-3.jpg

JD-701 G9 ¥19950
とても綺麗な紫パールの格子柄です。

4.2-4.jpg

JD-701 G17 ¥19950
ブルーとグリーンが揺らめき交じり合っている美しい柄になっています。
綺麗なビー玉やおはじきを思い出しました。

4.2-5.jpg

JD-711 G23 ¥19950
赤紫と表現するには勿体無さ過ぎるほど綺麗なカラーです。
イレギュラーにクリアーが斜めに入っているので、同じ柄を作ることは不可能ですが、この一本は奇跡的に綺麗です。
とても薄く微量ですがラメも入っていて、ホント綺麗な生地です。

また残りのガラーズも入荷次第ご紹介します。
posted by オリオンマン at 16:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Micedraw Tokyo
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36847519
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック