千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2021年01月09日

WXJ-CHSAI01ALT度付紹介その弐

WXWileyx_APP_2014-BLackBG_Redtag.jpg

WILEY Xからジャパンフィットが入荷以来とても大きな反響をいただいております。
その中でも唯一のハーフリムタイプであるWX SAINT ALTの度付紹介をさせていただきます。
セイントは映画「アメリカンスナイパー」で主人公が掛けていたサングラスとして有名になりましたが、ジャパンフィットのセイント オルタナティブはレンズのシェイプも変わっており、度付でもそのシェイプを再現しております。

20210109-1.jpg

WXJ-CHSAI01ALT サイズ 69□14-130 フレームカラー Black Ops レンズ ICRX NXT レンズカラー SKYCLEAR

20210109-2.jpg

標準サイズであるWX SAINTの機能をそのままに、より日本人の顔にフィットするようフレーム幅を広く設計したオルタナティヴ・モデルです。
光学性能、耐衝撃性能に差はありません。
映画「アメリカンスナイパー」で主演のブラッドリー・クーパーが戦場で掛けていたサングラスで一躍有名になったセイントですが、日本人だと鼻が私のように低いと頬骨直撃でカッコよく掛けるのは結構ハードルが高いモデルでした。
そのセイントのアジアンフィットモデルということで私も試してみましたが、文句なしに掛けやすく頬骨にも当たらず、しっかりと鼻で掛けているという体験が出来ました。
レンズ下部が独特のカットしたデザインになっていますが、この部分が削られていることにより絶妙に頬の肉を避けているのも素晴らしいです。

20210109-3.jpg

以前のSAINT同様にノンスリップ・ラバーを施したデザイン性も優れたテンプルです。
レンズはオリジナルの8カーブそのままです。

20210109-4.jpg

レンズの厚みは度数範囲ギリギリということもありそれなりにありますが、綺麗にカットされています。

20210109-5.jpg

複雑な加工がされていますが、NXTのレンズはすこぶる丈夫なので安心です。

20210109-6.jpg
20210109-7.jpg

度数が強いこともあり顔の凹みはやはり出ますね。
今回は紫外線を当てて写真を撮っておりませんでしたが、SKYCLEARという調光レンズですので、紫外線に反応して透過率18%まで濃いレンズカラーに変わります。


WILEY Xご持参の方で度付レンズのみのご注文でも喜んでお受けいたしますので、お気軽にご相談いただければと思います!


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:51| WILEY X