千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2018年02月26日

Radar EV Path (Asia Fit) OO9275-2035

oakley.jpg

先日OAKLEYの展示会があり、注文した商品がドドドッと届いたので紹介していきたいと思います。
度付でも大人気のFLAK2.0(A)ですが、ようやく日本にもXLが発売開始されたのでご紹介します。

OO9275-2035-1.jpg

Radar EV Path (Asia Fit) OO9275-2035 カラー Polished White レンズカラー Prizm Low Light ¥26,000(税別)

OO9275-2035-2.jpg

今回の目玉カラーと言えるPRIZM Low Lightを装備したRADAR EV PAHT(A)です。
PRIZM Low Lightはほんのりピンクがかった透明度の高いカラーです。
可視透過率は76%ということで、何と夜間の運転時にも使用可能なんです。

PRIZM Low Lightが採用されているモデルは今回紹介しているRADAR EV PATH(A)以外に、JAWBREAKER、EV ZERO PATH(A)があります。
どれもスポーツモデルで採用されていることから、夜間やトンネルでは使用が危険な自転車乗り向けという意味合いが強いかなと思います。
自転車に乗らなくても、ただ単に薄い色のスポーツサングラスが欲しいなと考えている方にもピッタリのカラーでもありますから、是非掛けていただきたいです。

OO9275-2035-3.jpg

カラーはポリッシュドホワイトとホワイトの滑り止め素材アンオブタニウムで統一した何とも涼しすぎる組み合わせです。

OO9275-2035-4.jpg

夜間に使えるカラーというのがOAKLEYはクリアとハイ・イエローというカラーがありましたが、最近ハイ・イエローも廃盤になってからずっとクリアのみでした。
ようやく夜間の運転時にも使えるカラーが登場して嬉しい限りです。

OO9275-2035-5.jpg
OO9275-2035-6.jpg

柏原さんの眼もハッキリと見える薄いカラーです。
透過率76%というのは、普通に眼鏡を作るときに色入れようかしら?と入れる濃さでもありますので、全然怪しい感じになりません。
眩しさ避けという考えであれば濃ければ濃いほど効果はあります。
たまに間違えて紫外線をカットしているのだから眩しさもカットされているんだと言う方に会いますが、残念ながら紫外線を100%カットしたところで眩しさは変わりません。
眩しさをカットしたいのであれば濃い色のサングラスを掛ける方が断然効果的です。
今回のPRIZM Low Lightというカラーは、コントラストを上げることでモノをハッキリと見えるようにしたうえで、夜間の運転でも使用できるというギリギリの濃さでチューニングされたレンズカラーなのです。
こういうレンズカラーを待っていた!という方に是非お勧めのRADAR EV PATH(A)の紹介でした。
posted by オリオンマン at 14:54| OAKLEY