千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2017年12月22日

一眼風偏光度付JAWBREAKER

20171216-6.jpg


以前OAKLEYのRADARやRADARLOCK、そしてRADAR EVを一眼レンズのように度付きすることが出来るという画期的なシステムを紹介しましたが、今回はロードバイクはもちろん、ランナーにも愛用者が多いOAKLEYの人気モデルJAWBREAKERの度付紹介です。
タフエイトというレンズで、素材はOAKLEYと同じくポリカーボネートなので強度も安心です。

t82.jpg

レンズカラーはクリアレンズと、カラーレンズが5色。
そしてミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、ピンクの4色です。

20171216-1.jpg

JAWBREAKER(Asian Fit)OO9270-03 カラー Redline レンズカラー SMK ピンクミラー

20171216-2.jpg

SMKとピンクミラーの組み合わせは当店では一番人気の組み合わせです。
レッドラインのフレームカラーとも相性抜群なカラーですね。

20171216-3.jpg

ピンクミラーという割には横から見るとOAKLEYのFire Iridiumみたいにゴールドに輝いて見えます。

20171216-5.jpg

片方の近視が強かったのですが、下から見るとそれほどレンズの厚みも気になりません。

20171216-4.jpg

右と左の外側に注目していただくと、レンズの厚みの違いがよくわかります。
内側ではこれほど厚みの違いがあるのにも関わらず、外側から見ていただくと、とてもそんな風に見えない程自然です。

20171216-7.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20171216-8.jpg
20171216-9.jpg

特に接着等はしておりませんのが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
JAWBREAKERのベンチレーションという空気穴もしっかり再現しています。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボでも偏光レンズで作ることは出来ないシールドタイプのモデルも、タフエイトが可能にしましたので、JAWBREAKERに限らずRADARシリーズなどで度付偏光レンズを夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 09:50| 日記