千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2017年01月21日

torsten s.

ic! logo.jpg

IMG_0238_2ndface_Torsten.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinも今年で20周年です。
今回紹介するtorsten s.今回のコレクションでも多い天地幅の広い男性向けのモデルです。

torsten-3.jpg

torsten s. サイズ 54□16-145 カラー marine blue/pearl \46,000(税別)

torsten-1.jpg

torten s.はブリッジの位置が高いウェリントン型で、天地幅も36mmとかなり広めです。
マリンブルーという新しいカラーは明るい海というよりも深い海の色ですね。
一言で言えばマリンブルーというよりも紺といった方が早いです。

torsten-4.jpg

テンプルは太目の10mm幅のタイプで、カラーはpearlです。

torsten-5.jpg
torsten-6.jpg

ブリッジの位置が非常に高いヨーロッパデザインでこれほど天地幅のあるモデルも珍しいので、インパクトありますね。
視界に遮るものがあると気になるという方には、丁度いい大きさかもしれません。
新カラーのマリンブルーもいいカラーですね。

さて、昨日は子供の授業参観だったので観に行ってきました。
2年生の長女は音楽の授業でよく見る光景ではありましたが、5年生の長男は英語の授業だったのでなかなか新鮮でした。
担任の先生も発音やアクセントに気を付けながら単語を言ったり、子供に発表させたりと楽しそうに授業を展開してました。
5年生にもなると親の参加率も少なく、2年生の教室では入るのも厳しいくらい混んでいたのに、5年生のクラスは6人くらいとガラガラでした。
先生も気を使ってか親が来ている子供に発表させてあげようとしてくれているのですが、その意図を完全に解りきった長男はあえて手を挙げないという思春期っぽい行動に出ました。
正直私も子供が手を挙げて指されて発表してという姿を観たいという希望はまるでなく、逆にあえて指されないように振舞っている長男に成長の姿を観れて良かったです。

授業参観って行ってみると本当に父親の姿って少なくて、何で父親?真面目に働いてないのか?と思われてるような雰囲気ですが、少し無理して行けるのであれば行った方がいいと個人的には思っています。
自分が子供の頃に父親が参観日に来たのは、一度くらいでしたが今でも覚えています。
まぁ私の父親のことなので、一度でも行けば生涯授業参観に行ったと言えるから証拠作りのような気持ちで行ったことは今となればわかるのですが、当時の私はそんなことを考えることなくただ単に少し嬉しかったから覚えているのだと思います。
普段来ない人が来るのはやはりインパクトがあるんですよね。
普段悪いことをしている不良が子犬を拾って可愛がっている姿を偶然見て、実はいい人なんじゃないか?と好印象を抱くというのに似ていると思います。
普段からいい人の方が絶対いい人に決まっているのにな…。
関係ない話になりましたが、授業参観って低学年高学年関係なくビックリするほど楽しいわけでもつまらないわけでもないので、教室の掲示物見たりとか雰囲気を楽しむだけですが、私はこれからも少し無理して行けるようならば授業参観に行こうと思っています。
posted by オリオンマン at 16:05| ic!berlin