千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2020年11月29日

MF-1242

masaki-logo.jpg

キーワードは「アーティスティック」「ソリッド」「フィーチャースティック」。
シャープでスタイリッシュなデザインに機能性も加味した立体的ディティールのアイウェア。
Masaki Matsushima eyesの紹介です。

MF-1242-1-1.jpg

MF-1242 サイズ 58□16-141 カラー (1)White Gold ¥38,000(税別)

MF-1242-1-2.jpg

White Goldがわかりやすくなるかなぁと思って黒いバックで写真を撮ってみましたが、思ったように行きませんね。
さて、MF-1242はフルリムのそれ程クセのないモデルです。
ヨロイ部分はシャープでスッキリと仕上がっていますが、全体的にそれ程攻撃的な印象ではありません。

MF-1242-1-3.jpg

テンプルはヨロイ部分もそうなんですが、一部をマット仕上げになっており高級感が出ています。

MF-1242-1-4.jpg

テンプルのバネ性はこの弾性に富んだエスカレーターのような部品が作り出しているのですが、とても程よいバネ性を出しています。
こういうバネの仕組みもデザインとして組み入れるのがマサキマツシマの特徴でもあります。

MF-1242-1-5.jpg
MF-1242-1-6.jpg

ビジネスでしっかりカッチリ掛けていただきたいデザインですね。
ゴールドのポリッシュしたところだけキラッと光るのもいいですね。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 16:25| Masaki Matsushima

2020年11月28日

MF-1241

masaki-logo.jpg

キーワードは「アーティスティック」「ソリッド」「フィーチャースティック」。
シャープでスタイリッシュなデザインに機能性も加味した立体的ディティールのアイウェア。
Masaki Matsushima eyesの紹介です。

MF-1241-4-1.jpg

MF-1241 サイズ 59□16-140 カラー (4)Gunmetal ¥38,000(税別)

MF-1241-4-2.jpg

ブローラインがギザギザでブリッジも張り出しが結構ある攻撃的なデザインです。
ブリッジはよく見るとマサキマツシマのMのイニシャルがデザインとして組み込まれていますね。
隠れミッキーならぬ隠れMはマサキマツシマのフレームでは結構あります。

MF-1241-4-3.jpg

テンプルには一応ショックを吸収する板バネ構造になっていますが、チタンのボリュームがあり過ぎて少し固めのバネになっています。

MF-1241-4-4.jpg

上から見ると圧巻の眺めですね。
このデザインをしっかり眼鏡として成立させるんですからマサキマツシマ凄いです。

MF-1241-4-5.jpg
MF-1241-4-6.jpg

見る角度によってはそれ程攻撃的なデザインであることがわかりませんが、斜めから見たりとかすると本当に攻撃的な一面を見せるのが面白いですね。
ヤンチャなデザインではあるんですが、スーツにもしっかり似合うように仕上がっているので、ビジネスでバシバシ掛けていただきたいと思います。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:28| Masaki Matsushima

2020年11月27日

MF-1232

masaki-logo.jpg

キーワードは「アーティスティック」「ソリッド」「フィーチャースティック」。
シャープでスタイリッシュなデザインに機能性も加味した立体的ディティールのアイウェア。
Masaki Matsushima eyesの紹介です。

MF-1232-3-1.jpg

MF-1232 サイズ 57□16-138 カラー (3)Bluish Grey、Silver ¥38,000(税別)

MF-1232-3-2.jpg

今回入荷したマサキマツシマの中では唯一のフチなし眼鏡です。
ツーポイントではなく、中央だけで留めるワンポイントです。
フチなし眼鏡でありながら物凄く主張していますね。
流れるようなブローラインにズバッとしたテンプルのラインがマサキマツシマらしさという印象です。

MF-1232-3-3.jpg

大胆な斜めのシルバーラインが綺麗です。

MF-1232-3-4.jpg

フロントのブローラインは躍動感があり、それでいて程よいバネ性があるので掛け心地も良く、フレームを広げてもレンズには干渉しないので機能性も抜群です。

MF-1232-3-5.jpg
MF-1232-3-6.jpg

立体感のあるフチなし眼鏡ですね。
ブルーグレーの艶感が立体感を引き立ててくれる印象です。
これだけ立体感があると強度の近視の方でレンズが分厚くなっても、それすらデザインとして組み込めるような感じになりますね。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:43| Masaki Matsushima

2020年11月24日

Masaki Matsushima eyes 始めました

masaki-logo.jpg
masaki-hyoushi.jpg

Masaki Matsushima eyesの取り扱いを始めました。
マサキマツシマアイズは10年以上前からアイウェア業界に登場し、数々の眼鏡フレームを世に送り出し、ボリューム感のある躍動的で立体感のあるメタルの眼鏡を「マサキマツシマみたいだね。」と言われるほどブランドのイメージを確立されるまでになりました。

松島正樹さんは日本のファッションデザイナーで、文化服装学院卒業後、「TOKIO KUMAGAI」の主任デザイナーを経て、株式会社マサキ マツシマ インターナショナル設立。
現在パリを拠点とし活動を行い、自社ブランドの他、国内外ブランドのクリエイティブディレクター、舞台衣裳、空間演出等も手がけているそうです。

キーワードは「アーティスティック」「ソリッド」「フィーチャースティック」。
シャープでスタイリッシュなデザインに機能性も加味した立体的ディティールのアイウェア。

その言葉そのものの眼鏡を私も見てきましたが、マサキマツシマの凄さというのはイメージ、デザインされた眼鏡を商品化するメーカーの力だと思っています。
ボリューム感のある立体的な眼鏡を加工しやすい金属ではないチタンを用いて作るというのは、やはりこのマサキマツシマを作り出すサンリーブという福井県鯖江市のメーカーの力が凄いんだと思います。

数年前から私も取り扱いたいと思ってはいたのですが、新規の取引先を募集していないという期間がずっと長く続いていて、正規取扱店としてこの眼鏡を取扱うことが出来ずにいましたが、今回久しぶりにその門戸を開くのでいかがでしょう?というお誘いをいただいたので、ようやく正規取扱店としてこの眼鏡を販売させていただくことになりました。

マサキマツシマにはプレミアム、スタンダード、タイプアクションという3つのコレクションがあるのですが、プレミアムは年に一度発表する各一色の特別モデルで、スタンダードはその名の通りスタンダードなコレクションで、タイプアクションはスポーティーさを前面にだしたコレクションです。

すでに多くのモデルが入荷してきましたので当店のホームページでも在庫を紹介させていただいておりますが、次回以降こちらのブログでモデルごとに紹介させていただきたいと思います。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 12:05| Masaki Matsushima

2020年11月22日

Urban 2.0

icberlin new logo.jpg

Urban2.0-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作といいますか、旧作がパワーアップして入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Urban2.0-2.jpg

Urban 2.0 サイズ 54□20-145 カラー Black ¥45,000(税別)

Urban2.0-1.jpg

urbanは10年ほど前にシルモドールという眼鏡の世界的な賞を獲ったモデルです。
当時ic! berlinに在籍していたジェレミー・タリアン氏がデザインしたモデルで、極太ラインで描き出されたリムが力強さと洗練されたモダンな印象を与えるブランドを代表するモデルです。
ジェレミー・タリアン氏は眼鏡をファッションアイテムへと昇華させた巨匠アラン・ミクリ氏を父に持つ方で、ic! berlin退社後にニューヨークのパーソンズ芸術学校で学んだ後に自身のブランドTarianを立ち上げ、今も眼鏡業界で活躍しております。
当時のurbanはフロントがblackで、テンプルがgoldという組み合わせが眩い感じがありました。
今回のUrban 2.0は今まで紹介してきた3モデルも同様なんですが、Black、Graphite、Chrome、Gun Metalの4色展開です。
Urban2.0-6.jpg
2.0となっているので、昔のsanetschそのままではなく、当時はなかったテンプルを曲げやすくする為の切れ込みが入っていたり、
Urban2.0-5.jpg
ノーズパッドが差し込みでななくボックスの形状に変わっていたり、テンプルのモダンが新型のタイプになっていたりと、ic! berlinがここ10年で進化し続けてきた過程が組み込まれたUrban 2.0となっています。
お値段も通常よりもお安い設定になっており、2020年11月現在では消費税込みで49,500円と5万円以内の価格に収まっております。
まぁurbanが最初にリリースされた時のお値段はそれよりも安い価格だったので、今までよりも値段が上がっているじゃないか!と言われればそれまでなんですが、その値段分進化してきているのでご了承くださいという感じです。

Urban2.0-4.jpg

テンプルは10mm幅のタイプで、長さは145mmと標準タイプです。

Urban2.0-7.jpg
Urban2.0-8.jpg

Urban 2.0はカーブが4カーブなんですが、リリース当時は6カーブくらいあったのかな?その後urban flatとして一度復刻した時に4カーブになったのですが、今回の2.0も4カーブでのリリースとなりました。

Urban 2.0はカクカクした印象ですが、玉型自体は丸みを帯びているのでキツイ印象になり難く、掛けてみると意外にもイイじゃない!となるメガネです。
是非一度試しに掛けていただきたい一本です。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:50| ic!berlin

2020年11月21日

Hira 2.0

icberlin new logo.jpg

Hira2.0-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作といいますか、旧作がパワーアップして入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Hira2.0-2.jpg

Hira 2.0 サイズ 59□13-145 カラー Graphite ¥45,000(税別)

Hira2.0-1.jpg

hiraは10年ほど前に当店がic! berlin導入時に入荷したモデルで、人気のあったモデルです。
59mmという横に広いサイズで、6カーブのヨーロピアンデザインが顔を包み込むように掛けられるデザインがカッコよく、私の苗字も平田であり高校生の時にクラスの女子にヒラと呼ばれていたので掛けてみましたが、全然似合わなくて断念した思い出のあるモデルでもあります。
10年経ったし2.0にもなったことで平田2.0として掛けてみましたが、やはり似合わなくて今回も断念することにしました(涙)。

2.0となっているので、昔のsanetschそのままではなく、当時はなかったテンプルを曲げやすくする為の切れ込みが入っていたり、
ノーズパッドが差し込みでななくボックスの形状に変わっていたり、テンプルのモダンが新型のタイプになっていたりと、ic! berlinがここ10年で進化し続けてきた過程が組み込まれたHira 2.0となっています。
お値段も通常よりもお安い設定になっており、2020年11月現在では消費税込みで49,500円と5万円以内の価格に収まっております。
まぁhiraが最初にリリースされた時のお値段はそれよりも安い価格だったので、今までよりも値段が上がっているじゃないか!と言われればそれまでなんですが、その値段分進化してきているのでご了承くださいという感じです。

Hira2.0-4.jpg

テンプルは10mm幅のタイプで、長さは145mmと標準タイプです。

Hira2.0-5.jpg

6カーブあると顔を包み込むようになるんですよね。

Hira2.0-6.jpg
Hira2.0-7.jpg

10年以上前はこういうハイカーブのレンズはレンズメーカーも取り扱いが少なく、折角のこのデザインを活かしきれないことがありました。
しかし最近では普通に遠近両用のレンズなんかでもこういう6カーブで作ることが普通に出来るように普及したのに、今度はic! berlin自体がこういうハイカーブの眼鏡を作らなくなってしまい残念に感じていました。
私自身ハイカーブのic! berlinを使っていて、視野の広さや見やすさ、紫外線対策という意味でもとても満足して使っているので、ic! berlinの新作が出る度に今回はハイカーブの新作ないかな?と思っていたのですが、ここに来てarneやsanetschの復活というニュースに心躍りました。
次回はシルモドールという眼鏡のアカデミー賞?を獲ったモデル Urban 2.0を紹介させていただきます。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:23| ic!berlin

2020年11月20日

Sanetsch 2.0

icberlin new logo.jpg

Sanetch2.0-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作といいますか、旧作がパワーアップして入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Sanetch2.0-2.jpg

Sanetsch 2.0 サイズ 58□16-145 カラー Gun metal ¥45,000(税別)

Sanetch2.0-1.jpg

sanetschは10年ほど前にSWISS COLLECTIONとして発売されて人気のあったモデルです。
ツーブリッジと呼んでいいのかブリッジに少し隙間が空いているのが特徴ですが、今もなおスタイリッシュな雰囲気がカッコいいです。
そのsanetschがSanetsch 2.0と生まれ変わって帰って来ました。
Sanetch2.0-5.jpg
2.0となっているので、昔のsanetschそのままではなく、当時はなかったテンプルを曲げやすくする為の切れ込みが入っていたり、
Sanetch2.0-6.jpg
ノーズパッドが差し込みでななくボックスの形状に変わっていたり、テンプルのモダンが新型のタイプになっていたりと、ic! berlinがここ10年で進化し続けてきた過程が組み込まれたSanetsch 2.0となっています。
お値段も通常よりもお安い設定になっており、2020年11月現在では消費税込みで49,500円と5万円以内の価格に収まっております。
まぁSanetschが最初にリリースされた時のお値段はそれよりも安い価格だったので、今までよりも値段が上がっているじゃないか!と言われればそれまでなんですが、その値段分進化してきているのでご了承くださいという感じです。

Sanetch2.0-4.jpg

テンプルは10mm幅のタイプで、長さは145mmと標準タイプです。

Sanetch2.0-7.jpg
Sanetch2.0-8.jpg

前回紹介したArne 2.0と同じく大きめですが、カーブは4カーブとarneに比べると強くはありませんが、それなりのカーブが楽しめるモデルです。
10年以上前はこういう4カーブのレンズもレンズメーカーの取り扱いが少なく、折角のこのデザインを活かしきれないことがありました。
しかし最近では普通に遠近両用のレンズなんかでもこういう4カーブで作ることが普通に出来るように普及したのに、今度はic! berlin自体がこういうハイカーブの眼鏡を作らなくなってしまい残念に感じていました。
私自身ハイカーブのic! berlinを使っていて、視野の広さや見やすさ、紫外線対策という意味でもとても満足して使っているので、ic! berlinの新作が出る度に今回はハイカーブの新作ないかな?と思っていたのですが、ここに来てarneやsanetschの復活というニュースに心躍りました。
次回はArne 2.0と同じハイカーブで大きめのHira 2.0を紹介させていただきます。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:41| ic!berlin

2020年11月18日

Arne 2.0

icberlin new logo.jpg

Arne2.0-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作といいますか、旧作がパワーアップして入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Arne2.0-2.jpg

Arne 2.0 サイズ 57□16-145 カラー Black ¥45,000(税別)

Arne2.0-1.jpg

arneは当店がic! berlinを取扱い始めた時に入荷した数十本の中の一本でした。
多角形で大ぶりなハイカーブの眼鏡フレームに、当時の国産メーカーにはない衝撃を受けたモデルでした。
そのarneがArne 2.0と生まれ変わって帰って来ました。
2.0となっているので、昔のarneそのままではなく、当時はなかったテンプルを曲げやすくする為の切れ込みが入っていたり、ノーズパッドが差し込みでななくボックスの形状に変わっていたり、テンプルのモダンが新型のタイプになっていたりと、ic! berlinがここ10年で進化し続けてきた過程が組み込まれたarne 2.0となっています。
お値段も通常よりもお安い設定になっており、2020年11月現在では消費税込みで49,500円と5万円以内の価格に収まっております。
まぁarneが最初にリリースされた時のお値段はそれよりも安い価格だったので、今までよりも値段が上がっているじゃないか!と言われればそれまでなんですが、その値段分進化してきているのでご了承くださいという感じです。

Arne2.0-4.jpg

テンプルは10mm幅のタイプで、長さは145mmと標準タイプです。

Arne2.0-5.jpg
Arne2.0-6.jpg

大きめでハイカーブ、エッジの効いたデザインは10年以上前にリリースされた時そのままなんですが、全然古臭くなく未だに近未来的な感じすらします。
10年以上前はこういうハイカーブのレンズはレンズメーカーも取り扱いが少なく、折角のこのデザインを活かしきれないことがありました。
しかし最近では普通に遠近両用のレンズなんかでもハイカーブで作ることが普通に出来るように普及したのに、今度はic! berlin自体がこういうハイカーブの眼鏡を作らなくなってしまい残念に感じていました。
私自身ハイカーブのic! berlinを使っていて、視野の広さや見やすさ、紫外線対策という意味でもとても満足して使っているので、ic! berlinの新作が出る度に今回はハイカーブの新作ないかな?と思っていたのですが、ここに来てarneの復活というニュースに心躍りました。
しかも今回はarneだけではなく、sanetsch、hira、urbanの4モデルがLegacy Collectionという名のもとに復刻しました。
過去の名作を是非体験していただければと思います。
次回はSanetsch 2.0を紹介する予定です。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:21| ic!berlin

2020年11月16日

Seonjin

icberlin new logo.jpg

Seonjin-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作が入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Seonjin-2.jpg

Seonjin サイズ 48□21-145 カラー Teak ¥52,000(税別)

Seonjin-1.jpg

ボストンタイプなのかラウンドタイプなのか、その中間みたいな形ですが、真ん丸のラウンドタイプには少し抵抗がある方にお勧めしたい形です。

Seonjin-4.jpg

テンプルは6mm幅のタイプで、長さは145mmと標準タイプです。
ノーズも少し高さの出せるアジアンフィットタイプです。

Seonjin-5.jpg
Seonjin-6.jpg
Seonjin-7.jpg
Seonjin-8.jpg

男女問わずに掛けやすいサイズ感です。
丸い眼鏡かけてみたいなという方には是非!とお勧めしたいモデルです。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:48| ic!berlin

2020年11月14日

Junhee J.

icberlin new logo.jpg

Junhee J.-3.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今年は眼鏡の展示会もこじんまりしてしまい、新型コロナウィルスの影響をやはり感じたところです。
ic! berlinの新作が入荷して来ましたので、紹介させていただきます。

Junhee J.-2.jpg

Junhee J. サイズ 47□21-135 カラー Teak ¥52,000(税別)

Junhee J.-1.jpg

ありそうでなかなかないオーバルのモデルです。
定番化しそうなベーシックなデザインですが、ブリッジの形状やヨロイ部分も少し変わっています。

Junhee J.-4.jpg

テンプルは6mm幅のタイプで、長さは135mmと短いタイプです。

Junhee J.-5.jpg

ノーズも少し高さの出せるアジアンフィットタイプです。

Junhee J.-6.jpg
Junhee J.-7.jpg
Junhee J.8.jpg
Junhee J.9.jpg

男女問わずに掛けやすいオーバルです。
今までもオーバルのモデルはありましたが、ここまで細いラインで作られたのも珍しいかもしれませんね。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 10:49| ic!berlin

2020年11月09日

RAY-BAN純正レンズとRX5344D

rayban.jpg

当店ではRAY-BANの眼鏡フレームを取扱っているのですが、RAY-BANはメガネフレームだけではなく、レンズもRAY-BAN純正レンズというのを始めております。
今回はそのRAY-BAN純正レンズで作ったRX5344D(ASIAN FIT)を紹介したいと思います。

20201109-1.jpg

RX5344D(ASIA FIT) サイズ 55□16-145 カラー 2000 Black ¥19,600(税別)

20201109-2.jpg

ビジネスシーンからタウンユースまで、掛けるシーンを問わずスタイルに合わせやすいスクエアシェイプは、顔のイメージを引き締めてくれる定番フレームです。
アジアンフィットモデルなので、日本人にもフィットしやすいお勧めモデル。

20201109-3.jpg

レイバンって感じの横顔です。

20201109-4.jpg
純正レンズは写真だと逆ですが、右レンズの右上にサングラスではお馴染みのRayBanの文字が刻まれています。

20201109-5.jpg
ピンぼけしてますが左レンズの端にはRBのイニシャルが刻まれています。

20201109-6.jpg
20201109-7.jpg

純正レンズの価格は一組¥18,000(税別)〜¥46,000(税別)です。
レンズのコーティングはPremium ARとBlue Light Filterの2種類からお選びいただけます。
メガネフレームの場合はサングラスのカラーと組み合わせることは出来ませんが、調光レンズをお選びいただくことは可能です。
遠近両用レンズもあり、価格は一組¥40,000(税別)〜¥99,000(税別)です。
レンズの屈折率も1.60、1.67、1.74とありますので、度数が強い方でもレンズの厚みを考えながらお選びいただけるようになっております。
勿論RAY-BANの純正レンズではなく、他社さんのレンズでお作りすることも出来ますが、純正レンズという物があることも知っていただければということで、今回紹介させていただきました。
納期も発注から一週間かからずに届きましたので、それほどお待たせすることもないはずです。
RAY-BAN好きの方に是非お勧めしたい純正レンズとRX5344Dの紹介でした。
posted by オリオンマン at 11:03| 日記

2020年11月02日

FLAK2.0 OO9271-06 度付き紹介

oakley.jpg

久しぶりの紹介ですが当店ではOAKLEYの度付で一番人気のFLAK2.0度付紹介です。

20201102-1.jpg

FLAK2.0(A) OO9271-06 サイズ 61□12-133 フレームカラー Carbon Fiber レンズカラー Jade Iridium Polarized

20201102-2.jpg

フレームカラーはカーボン模様のCarbon Fiberです。
ご注文いただいたお客様は釣りをされるので、釣り竿のカーボンと同じということで選んでいただきました。
レンズはJade Iridium Polarizedで、カーボン模様との相性もとても良いですね。

20201102-3.jpg

横から見てもスッキリと仕上がっております。

20201102-4.jpg
20201102-5.jpg

レンズカラーのJade Iridiumはカーボンファイバー以外にもブラックやホワイト、ブルーやグリーンは勿論、イエローなどの派手なカラーとも相性がいいので、本当に使いやすいレンズカラーです。
コントラストを上げるPRIZM Jade Iridiumもありますので、お好みに応じてお選びいただけます。


オリオンメガネではTwitterやFacebook、Instagramもやっております。

是非フォローお願いします!
Instagramでのみデッドストックの商品紹介をしております。

Twitter→https://twitter.com/orionmegane
Facebook→https://www.facebook.com/orionmegane
Instagram→https://www.instagram.com/orionmegane
posted by オリオンマン at 11:37| OAKLEY