千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2018年03月28日

一眼風偏光度付RADARLOCK OO9206-06

20180328-1.jpg

当店でOAKLEY以外の度付で一番人気のRADARLOCKの一眼風度付です。
レンズはタフエイトというレンズで、素材はOAKLEYと同じくポリカーボネートなので強度も安心です。
OAKLEY純正では偏光レンズの注文はお受けできませんが、今回紹介するタフエイトであれば偏光レンズで度付が出来るのも魅力です。

t82.jpg

レンズカラーはクリアレンズと、カラーレンズが5色。
そしてミラーはシルバー、ゴールド、ブルー、ピンクの4色です。

20180328-2.jpg

OO9206-06 RADARLOCK PATH(ASIAN FIT) カラー Matte Black Ink レンズカラー SMK ピンクミラー

20180328-3.jpg

SMKとピンクミラーの組み合わせは当店では一番人気の組み合わせです。
マットブラックインクとも相性抜群なカラーですね。

20180328-4.jpg

ピンクミラーという割には横から見るとOAKLEYのFire Iridiumみたいにゴールドに輝いて見えます。

20180328-5.jpg

中度の近視だった為レンズの厚みも気になりません。

20180328-6.jpg

レンズはこのような複雑な凹凸にカットされます。
残念ながら店舗ではこのように加工できませんので、業者さんにお願いしております。

20180328-7.jpg
20180328-8.jpg

特に接着等はしておりませんのが、しっかりと留まっています。
まさか度付だとは全然気付かれることはないほど自然な仕上がりです。
レンズの形は眼尻の方が少し変わりますが、違和感はありませんし本当に自然な仕上がりです。

OAKLEYのラボでも偏光レンズで作ることは出来ないシールドタイプのモデルも、タフエイトが可能にしましたので、RADARシリーズに限らずJAWBREAKERなどで度付偏光レンズを夢見ていた方は是非ご来店いただくか、お気軽に電話やメールでご相談いただければと思います。
posted by オリオンマン at 11:04| 日記

2018年03月24日

FLAK2.0 OO9271-06L OTD EDGEU 度付き紹介

oakley.jpg

当店ではOAKLEYの度付で一番人気のFLAK2.0です。
今回は紫外線を浴びると色が変わる調光レンズを装備したFLAK2.0(A)の度付紹介です。

20180324-1.jpg
20180324-4.jpg

OO9271-06L サイズ 61□12-133 カラー カーボンファイバー レンズカラー オークリー・トランジションズ・クリア・ブラックイリジウム

20180324-2.jpg
20180324-5.jpg

今回は紫外線で色が変化するので、上が変化前、下が変化後という感じで写真を載せています。
ご覧の通り、カラーがかなり変わりますね。
紫外線を浴びていない状態であれば透過率60%とそれなりに薄く、紫外線を浴びると22%と濃くなります。
透過率60%とはいえ、見た目も掛けた感じも60%とは思えない程薄く感じます。
オーソドックスな調光レンズであればミラーはありませんが、今回のオークリー・トランジションズ・クリア・ブラックイリジウムはブラックイリジウムというミラー加工がされているので、調光レンズでもかなり珍しいレンズだと思います。


20180324-3.jpg
20180324-6.jpg

カーボンファイバーの模様とブラックイリジウムに光るレンズとの相性は色が変わっても変わらなくても抜群ですね。

20180324-7.jpg

かなり近視の強いお客様だったのでレンズはOAKLEY TRUE DIGITAL EDGEUという強度用に開発されたレンズテクノロジーで作らせていただきました。
以前はEDGEUになるとお値段が少し上がっていましたが、今は同じ価格で選べるようになりましたし、今回選んでいただいた調光のレンズでは以前の強度用で使われたEDGEでは選択できませんでした。
EDGEUになりレンズの厚くなる外側部分をシームレスで加工できるようになったからこそ、調光レンズを選ぶことが可能になので、日々の進歩で選択肢が広がっているというのは素晴らしいことだと思います。

20180324-8.jpg

レンズのみだと複雑な加工がよくわかりますね。

20180324-9.jpg
20180324-11.jpg
20180324-10.jpg
20180324-12.jpg

カメラがいつも使っていたのとは違うので戸塚君の感じも少し違いますが、カラーの違いはよくわかると思います。
ミラーのない調光レンズであれば透過率は90%以上あるので本当にクリアレンズに近いのですが、今回はブラックイリジウムが施されているので、紫外線のないじょうたいでも反射があり、物凄くカッコいいです。
掛けた感じもまるで暗く感じませんから、室内のスポーツでも安心して使えます。
紫外線を浴びないとカラーが変わらないので、車でのご使用をお考えの方にはそれほどお勧めしませんが、バイクや自転車に乗る方にはとてもお勧めのレンズです。
トンネルに入って急にレンズの色が薄くなるわけではありませんが、徐々にでも薄くなっていくのはやはり便利ですし安心できますね。
調光レンズの度付に興味のある方も、度付サングラスに興味のある方も是非ご来店お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 14:41| OAKLEY

2018年03月18日

FLAK2.0(A) OCE その参

oakley.jpg

OAKLEYではOCEというカラーをカスタムオーダー出来るサービスがあります。
モデルはかなり限られていますが、自分だけのオリジナルのカラーでOAKLEYの製品が買えるので、結構人気なんです。
今回もそのカラーオーダーしたFLAK2.0(A)を紹介させていただきます。

20180318-1.jpg

FLAK2.0(Asia Fit) サイズ 61□12-133 カラー Sky Blue レンズカラー Sapphire Iridium Polarized ¥32,000(税別)

20180318-2.jpg

FLAK 2.0 Asia Fit はFlak Jacketにくらべレンズの天地幅が広がり、High Definition Opticsレンズがより広範囲をカバーすることで眼を確実に守ります。
またAsia Fitとしてさらにセンターフレームの形状や、レンズシェイプ・角度を改良、より快適なフィット感を得られる設計となっています。
耐久性と軽さが両立したフレームは、あなたのパフォーマンスとスタイルを次のレベルへと押し上げます。

20180318-3.jpg

今回はブルーに拘ってオーダーしてみたFLAK2.0(A)です。
Sky BlueのフレームカラーにElectric Blueのアイコンとイヤーソックという組み合わせです。
レンズは勿論サファイア・イリジウムの偏光レンズです。

20180318-4.jpg
20180318-5.jpg

濃いエレクトリックブルーと薄いスカイブルーの組み合わせで真っ青なFLAK2.0(A)が出来上がりました。
OAKLEYのホームページを見ると2018年3月16日(金)現在、FLAK2.0(A)のカラーオーダーをOAKLEYのホームページ上では出来ませんが、正規取扱店であれば可能ですし、ウェブ上よりも選べるカラーが多いこともありますので、興味のある方は是非ご来店お待ちしております。

3度にわたり紹介して来ましたFLAK2.0(A)のOCEですが、またオリジナルのカラーで発注することもあると思いますから、その時はまた紹介したいと思います。
ちなみに納期は約一ヵ月ほどかかりますので、オーダーをお考えの方は余裕を持ってオーダーしていただければと思います。
posted by オリオンマン at 13:37| OAKLEY

2018年03月17日

FLAK2.0(A) OCE その弐

oakley.jpg

OAKLEYではOCEというカラーをカスタムオーダー出来るサービスがあります。
モデルはかなり限られていますが、自分だけのオリジナルのカラーでOAKLEYの製品が買えるので、結構人気なんです。
今回もそのカラーオーダーしたFLAK2.0(A)を紹介させていただきます。

20180317-1.jpg

FLAK2.0(Asia Fit) サイズ 61□12-133 カラー Orange Flare レンズカラー Fire Iridium Polarized ¥32,000(税別)

20180317-2.jpg

FLAK 2.0 Asia Fit はFlak Jacketにくらべレンズの天地幅が広がり、High Definition Opticsレンズがより広範囲をカバーすることで眼を確実に守ります。
またAsia Fitとしてさらにセンターフレームの形状や、レンズシェイプ・角度を改良、より快適なフィット感を得られる設計となっています。
耐久性と軽さが両立したフレームは、あなたのパフォーマンスとスタイルを次のレベルへと押し上げます。

20180317-3.jpg

オレンジのカラーって派手なのが好きな方には人気のカラーなんですが、ラインナップとしてOAKLEYが発売することって最近ないんですよね。
ですからオレンジのFLAK2.0を作ってみました。
オレンジベースで派手というとレンズカラーは文句なしにFire Iridium Polarizedを選択し、イヤーソックとアイコンはYellowというビタミンカラーの組み合わせです。

20180317-4.jpg
20180317-5.jpg

戸塚君も元気で、少しチャラチャラしたようにも見えますが、肌が白いのでそこまでのチャラチャラ感はありませんね。
OAKLEYのホームページを見ると2018年3月16日(金)現在、FLAK2.0(A)のカラーオーダーをOAKLEYのホームページ上では出来ませんが、正規取扱店であれば可能ですし、ウェブ上よりも選べるカラーが多いこともありますので、興味のある方は是非ご来店お待ちしております。
次回もFLAK2.0(A)のカラーオーダーを紹介します。
posted by オリオンマン at 12:28| OAKLEY

2018年03月16日

FLAK2.0(A) OCE その壱

oakley.jpg

OAKLEYではOCEというカラーをカスタムオーダー出来るサービスがあります。
モデルはかなり限られていますが、自分だけのオリジナルのカラーでOAKLEYの製品が買えるので、結構人気なんです。
今回はそのカラーオーダーしたFLAK2.0(A)を紹介させていただきます。

20180316-1.jpg

FLAK2.0(Asia Fit) サイズ 61□12-133 カラー Redline レンズカラー Black Iridium Polarized ¥32,000(税別)

20180316-2.jpg

FLAK 2.0 Asia Fit はFlak Jacketにくらべレンズの天地幅が広がり、High Definition Opticsレンズがより広範囲をカバーすることで眼を確実に守ります。
またAsia Fitとしてさらにセンターフレームの形状や、レンズシェイプ・角度を改良、より快適なフィット感を得られる設計となっています。
耐久性と軽さが両立したフレームは、あなたのパフォーマンスとスタイルを次のレベルへと押し上げます。

20180316-3.jpg

赤いFLAK2.0(A)を作ってみようと思い、フレームとイヤーソックはRedlineを選び、アイコンはPolished Chrome、レンズは偏光レンズに赤いカラーがなかったのでBlack Iridium Polarizedを選びました。
出来てみると間違いなく広島カープファンでしょというカラーリング。
うん、でもカッコいいと思いますし赤が好きな人なら気に入ってくれると思います。
20180316-3.jpg

アイコンのPolished Chromeがアクセントになっていいですね。

20180316-4.jpg
20180316-5.jpg

アイコンにInfrared、レンズを+Red Iridiumを選んで全部真っ赤にすることは出来ましたが、偏光レンズに拘って作りたかったので、今回のオーダーになりました。
OAKLEYのホームページを見ると2018年3月16日(金)現在、FLAK2.0(A)のカラーオーダーをOAKLEYのホームページ上では出来ませんが、正規取扱店であれば可能ですし、ウェブ上よりも選べるカラーが多いこともありますので、興味のある方は是非ご来店お待ちしております。
次回もFLAK2.0(A)のカラーオーダーを紹介します。
posted by オリオンマン at 12:44| OAKLEY

2018年03月04日

OP-J44

6.21-8.jpg

「Out and Exposed」=さらされる個性掛ける人の個性が美しくさらされ、それを見る人の目を惹きつけるようにデザインすることを基本テーマとしている“O&X NEWYORK”が入荷してきたので紹介します。

op-j44-1.jpg

OP-J44 サイズ 52□16-140 カラー 06 ¥22,000(税別)

op-j44-2.jpg

茶色と水色が綺麗に混ざったセルフレームです。
特に水色の美しさが印象的ですね。

op-j44-3.jpg

テンプルはしっかりとした板バネ式で、掛け具合も程よいバネ性があり良いですね

op-j44-4.jpg

テンプルとフロントのアセテート生地は設置していないので、アセテートが経年変化で縮んでしまっても、テンプルが広がったりとかし難いです。

op-j44-5.jpg

ノーズは可動式のパッドが付いているタイプなので、鼻が低くてこういうのは無理ですと思われている方にもお勧めです。

op-j44-6.jpg
op-j44-7.jpg

天地幅も割とありますので、遠近両用でも十分使えます。
リフトアップ効果も高いデザインなので、少し顔をスッキリしたい方にもお勧めです。
茶色と水色という正直あまり見ない組み合わせですが、掛けてみると茶色は肌色に馴染むので、水色が際立ちます。
ただ見るのと掛けて見るのと全然印象の違うOP-J44の紹介でした。
posted by オリオンマン at 14:29| O&X