千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2018年02月19日

FLAK2.0 Black Camo Collection (Asia Fit) OO9271-2761

oakley.jpg

先日OAKLEYの展示会があり、注文した商品がドドドッと届いたので紹介していきたいと思います。

今日は昨日の冬季オリンピックの女子スピードスケート500mで金メダルを獲った小平奈緒選手も度付で掛けていたFLAK2.0の新カラー紹介です。

OO9271-2761-1.jpg

FLAK2.0 Black Camo Collection (Asia Fit) OO9271-2761 サイズ 61□12-133 カラー black camo レンズカラー prizm ruby ¥30,000(税別)

OO9271-2761-2.jpg

FLAK 2.0 Asia Fit はFlak Jacketにくらべレンズの天地幅が広がり、High Definition Opticsレンズがより広範囲をカバーすることで眼を確実に守ります。
またAsia Fitとしてさらにセンターフレームの形状や、レンズシェイプ・角度を改良、より快適なフィット感を得られる設計となっています。
耐久性と軽さが両立したフレームは、あなたのパフォーマンスとスタイルを次のレベルへと押し上げます。

OO9271-2761-3.jpg

新カラーのブラック・カモはマットブラックのカモフラージュ柄で、個人的にはOAKLEY史上一番好きなカラーです。
ブラック・カモは今回のFLAK2.0以外にもFROGSKINSとTWOFACE、HOLBROOKで採用されましたが、他のモデルでもレギュラー採用して欲しいくらいです。
昨日の小平奈緒選手もフレームカラーはこの新色ブラック・カモのFLAK2.0を掛けてました。
テンプルの滑り止め素材であるアンオブタニウムはBlackでしたが、小平選手のFLAK2.0はNavyかな?と思います。
アイコンのカラーはSatin Silverですが、小平選手のはPolished Goldだと思います。
小平選手のオリジナルカラーで特注したものだと思いますが、今現在ブラック・カモはカラーオーダーのカラーではないので、小平選手と同じ組み合わせは作れなそうですね。

OO9271-2761-4.jpg

ブラック・カモ!カッコいいです。

OO9271-2761-5.jpg
OO9271-2761-6.jpg

ブラック・カモの話ばかりでしたが、PRIZM RUBYとの組み合わせもカッコいいですね。

さて、昨日の小平選手ですが、今回紹介しているFLAK2.0(A)の度付を着用して、見事金メダルを獲得しました。
今回の冬季オリンピックで個人的に一番金メダルを獲って欲しい選手だったので、もう後のオリンピックはいい意味で気の抜けた感じで見られそうです。
欲を言えば男子ノルディック複合ラージヒルの渡部選手にも金メダルを獲得して欲しいなと思いますが、今回のジャンプ台では実力者でも失敗することを考えると難しいのかな?と思ったりもします。
ちなみに渡部選手もOAKLEYのJAWBREAKERというモデルを使用しています。
今日もジャンプ・ラージヒル団体があるので、それなりに楽しみにしています。
posted by オリオンマン at 12:38| OAKLEY

2018年02月18日

Targetline (Asia Fit) OO9398-0658

oakley.jpg

先日OAKLEYの展示会があり、注文した商品がドドドッと届いたので紹介していきたいと思います。

まずは新作の紹介です。

OO92398-0658-1.jpg

Targetline (Asia Fit) OO9398-0658 サイズ 58□16-138 カラー polished black レンズカラー prizm black polarized ¥30,000(税別)

OO92398-0658-2.jpg

ターゲットラインはスポーツパフォーマンスを念頭に置いて、帽子の下にうまく収まるように、鋭いブローラインと滑らかなテンプルをデザインされています。
一体化されたサイドシールドは裏側のグレアと戦うのに役立ちます。
天地幅のある高いレンズは、ゴルフでスイングしている場合でも、障害物を通っている場合でも、下向きの視界を確保します。
より平らなレンズベースは、より多くのライフスタイルを提供し、より広い範囲の対処を可能にします。

OO92398-0658-3.jpg

テンプルは防止の隙間に入って邪魔にならないように設計されています。
滑り止め素材のアンオブタニウムはしようされていませんが、テンプルエンド部分はテクスチャー加工が施され、滑り難い工夫がみられます。

OO92398-0658-4.jpg

ノーズ部分はアンオブタニウムが使われ、滑り難くフィット感も抜群です。

OO92398-0658-5.jpg
OO92398-0658-6.jpg

ターゲットラインは運転やゴルフをメインに考えている方にピッタリのモデルです。
スポーツモデルのように深いカーブはありませんが、レンズが大きく、サイドにも厚みがありますので横からの光にも対応できますし、普通に街歩きなどでも使えますので、一本で活躍の場はとても広がります。
今回紹介しているPRIZM偏光レンズはコントラストを鮮明にする特徴を持ち、眩光を防ぎながら視界を確保出来ます。
アメリカのプロゴルファーであるバッバ・ワトソン選手もこのTARGETLINEを使用しているらしいので、もしPGAツアーなどTVやネットで見る機会がありましたら、サングラスにも注目していただければと思います。

さて、今は冬季オリンピックの真っ最中で、昨日は男子フィギュアスケートで見事日本人の2人が金銀のメダルを獲得するなど、最高潮に盛り上がっている感じです。
フィギュアスケートではサングラスを掛けることはありませんが、スピードスケートをはじめ、ノルディックのスキー選手なんかもOAKLEYのサングラスを付けているのが目に留まります。
私が特に注目しているのはOAKLEYのFLAK2.0を度付で掛けている、女子スピードスケートの小平奈緒選手です。
おそらくFLAK2.0が発売されてからほぼずっと試合で掛けている小平選手ですが、注目はやはり度付レンズを使用している点です。
クリアの度付レンズで競技に挑んでいるのですが、度付レンズのオリンピアンというのはやはり珍しいというか、冬季五輪のトップ選手で他に度付の方を見かけないので、気になっています。
1000mでは惜しくもオランダの選手が良すぎて銀メダルに終わりましたが、今夜行われる500mはよほどのことがない限り金メダルを獲得できると思います。
500mのことが気になったので少し調べると、長野オリンピックの時には2回滑った合計タイムの少ない順でしたが、今回のオリンピックから一発勝負に変わったというか戻ったそうです。
1000mの時に話題になったINスタートかOUTスタートですが、今回はINスタートのようです。
でも1000mだとINスタートが有利とは聞いていましたが、500mはどうなんでしょう?わかりませんがまぁ実力を出し切ってゴールしてくれるでしょう。
次回はその小平選手が度付で使用しているFLAK2.0の新カラーの紹介です。
posted by オリオンマン at 15:37| OAKLEY

2018年02月10日

OT-8060J

6.21-8.jpg

「Out and Exposed」=さらされる個性掛ける人の個性が美しくさらされ、それを見る人の目を惹きつけるようにデザインすることを基本テーマとしている“O&X NEWYORK”が入荷してきたので紹介します。

20180208-1.jpg

OT-8060J サイズ 52□16-135 カラー 03 ¥27,000(税別)

20180208-2.jpg

O&Xではお馴染みのグルグルシリーズです。
2回転していますが、斜めのグルグルは以前よりも大人しい印象です。

20180208-3.jpg

オレンジでババーンと主張したグルグルテンプルです。

20180208-4.jpg

テンプルはβチタンの弾力性で程よいフィット感を発揮出来るように、少し内側を向いています。

20180208-5.jpg

これくらいの派手さで眼鏡ライフを楽しんでもイイと思います。

20180208-6.jpg
20180208-7.jpg

真正面から見ると大人しめのエンジカラーですが、少し横を向くとオレンジの元気なカラーがババーンと出ますね。
程よく髪の毛で隠れるので、是非試しに掛けていただきたいです。
思っているよりも大人しくなったり、派手になったり、眼鏡は髪型でも全然印象が変わります。
OT-8060Jは52サイズというレンズのサイズの割には横がタイトな作りなので、顔が細めの方でないとグルグルがこめかみに当たってしまうので、「私顔細いです!」という方に是非お勧めです。
posted by オリオンマン at 12:12| O&X

2018年02月07日

KP-J26 その弐

KY_Logo.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。
KIO YAMATOは純粋さ、清らかさ、日本ならではの心の”機微”をデザインの中に活かすことを意味する「KIO」と鉄器類等の高度な文明を持ち、著しい技術革新を成し遂げた「大和王朝」に思いを馳せる「YAMATO」。
EYEWEARの品質と加工技術を追求することをテーマとしています。

20180207-1.jpg

KP-J26 サイズ 54□17-145 カラー 4 ¥26,000(税別)

20180207-2.jpg

KP-J26はウェリントン型のオーソドックスなセルフレームです。
最大の特徴はフレームの上部2mmだけ別の生地を張り合わせていることです。
これは技術的にも手間暇的にもかなり難しいことをしていると思います。

20180207-3.jpg

オレンジっぽい縞のカラーが上部2mmの所にビシッと貼られています。
テンプルは板バネという方法でバネ性があるので、掛け心地も柔らかく、広がり難い良さがあります。

20180207-4.jpg

ノーズ部分もセルフレームにありがちな鼻盛りタイプではなく、調整のしやすいアームの付いたタイプになっています。
セルフレームは鼻が合わないから…と敬遠していた方にもお勧めです。

20180207-6.jpg
20180207-5.jpg

20180207-7.jpg
20180207-8.jpg

男女問わずお勧め出来るKP-J26です。
正直かなり派手な感じです。
ありきたりなセルフレームに飽きている方にお勧めの、パンチの効いたアクセントが特徴の4番カラーです。
posted by オリオンマン at 13:51| KIO YAMATO

2018年02月05日

KP-J26 その壱

KY_Logo.jpg

今日は久しぶりにKIO YAMATOの紹介です。
KIO YAMATOは純粋さ、清らかさ、日本ならではの心の”機微”をデザインの中に活かすことを意味する「KIO」と鉄器類等の高度な文明を持ち、著しい技術革新を成し遂げた「大和王朝」に思いを馳せる「YAMATO」。
EYEWEARの品質と加工技術を追求することをテーマとしています。

20180205-1.jpg

KP-J26 サイズ 54□17-145 カラー 2 ¥26,000(税別)

20180205-2.jpg

KP-J26はウェリントン型のオーソドックスなセルフレームです。
最大の特徴はフレームの上部2mmだけ別の生地を張り合わせていることです。
これは技術的にも手間暇的にもかなり難しいことをしていると思います。

20180205-3.jpg

横から見ると生地の美しさがよくわかりますね。
フロントも分かりにくいですが同じように透明度のある美しい生地が上に重なっています。
テンプルは板バネという方法でバネ性があるので、掛け心地も柔らかく、広がり難い良さがあります。

20180205-4.jpg

ノーズ部分もセルフレームにありがちな鼻盛りタイプではなく、調整のしやすいアームの付いたタイプになっています。
セルフレームは鼻が合わないから…と敬遠していた方にもお勧めです。

20180205-5.jpg
20180205-6.jpg

20180205-7.jpg
20180205-8.jpg

男女問わずお勧め出来るKP-J26です。
フロントは格子模様の濃いパープルですが、男性の方でも無理なく掛けられると思います。
KIO YAMATOらしい生地の合わせや手間暇掛けているのがよくわかるKP-J26の紹介でした。
次回はKP-J26の別カラーを紹介する予定です。
posted by オリオンマン at 12:42| KIO YAMATO