千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台2-10-7

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2017年12月11日

GUNNAR

mykita-s.jpg

当店が自信を持ってお勧めするドイツのブランドMYKITAの紹介です。
今回紹介するMYKITAは軽量なMYKITAの中でもさらに軽量なLITEシリーズの“GUNNAR”です。

gunnar3.jpg

GUNNAR サイズ 46□22-135 カラー 084 Navy ¥49,000(税別)

gunnar1.jpg

GUNNARは軽量のマイキータの中でも更に軽量化されたLITEシリーズのモデルです。
流行りのボストンタイプですが、若干ティアドロップのように外側が垂れているデザインです。

gunnar5.jpg
gunnar6.jpg

リムの太さはとても細いので、ボストンタイプに挑戦したいけどセルフレームだとインパクトが強過ぎるなと思っている方に是非掛けていただきたいです。
少し垂れ気味のボストンタイプなので、温和で知的なイメージになれます。
007を演じているダニエル・クレイグ主演で話題になった「ドラゴンタトゥーの女」という映画でダニエル・クレイグが掛けている眼鏡はMYKITAのHELMUTというセルフレームなんですが、そのHELMUTもGUNNARのように垂れてるボストンタイプなんです。
残念ながらHELMUTはすでに廃盤のモデルなんですが、まぁ日本人が掛けるには鼻当ての問題がありハードルの高いモデルだったんです。
しかしGUNNARはノーズもアジアンフィット出来ますし、自信を持ってお勧め出来るので安心して下さい。
グンナーなんて名前を聞くとアイスランドの格闘家グンナー・ネルソンしか浮かんでこないんですが、この眼鏡はグンナー・ネルソンに掛けさせたら似合うだろうなと思います。
posted by オリオンマン at 13:29| MYKITA

2017年12月10日

JD-737 G59

mdtokyo.jpg

MicedrawTokyoから新作や新色が入荷しましたので、毎度のことながら小出しに紹介していきたいと思います。
今回もお馴染みのJDシリーズの紹介です。

jd-737 g59-1.jpg

JD-737 サイズ 48□19-145 カラー G59 ¥19,000(税別)

jd-737 g59-2.jpg

JD-736はかなりクッキリハッキリのウェリントン型です。
リムの太さはMicedrawTokyoの中でもかなり太い方ですね。

jd-737 g59-3.jpg

カラーはブラウンデミです。

jd-737 g59-4.jpg
jd-737 g59-5.jpg
jd-737 g59-6.jpg
jd-737 g59-7.jpg

黒いセルフレームに飽きている方にお勧めのブラウンデミです。
丸みを帯びているので柔らかい印象になれます。
丸みを帯びたウェリントン型のJD-737 G59でした。

MicedrawTokyoのセルフレームはデザインは勿論のこと、カシメ蝶番という手間はかかるけど熱やガタツキに強い伝統的な製法で作られたり、合金の芯を使うことが殆どのセルフレームと違い、軽量でバネ製のあるβチタンの芯を使うことによってしなやかさで軽い掛け心地も大きな魅力です。
これぞMade in Japanという製品ですので、ありふれたMade in ChinaやMade in Koreaの眼鏡に飽きてきた方は是非!!
posted by オリオンマン at 15:29| Micedraw Tokyo

2017年12月06日

JD-737 B311A

mdtokyo.jpg

MicedrawTokyoから新作や新色が入荷しましたので、毎度のことながら小出しに紹介していきたいと思います。
今回もお馴染みのJDシリーズの紹介です。

jd-737 b311-1.jpg

JD-737 サイズ 48□19-145 カラー B311A ¥19,000(税別)

jd-737 b311-2.jpg

JD-736はかなりクッキリハッキリのウェリントン型です。
リムの太さはMicedrawTokyoの中でもかなり太い方ですね。

jd-737 b311-3.jpg

フロントのカラーはBlackで、テンプルはBlackとClearの縞模様です。

jd-737 b311-4.jpg
jd-737 b311-5.jpg
jd-737 b311-6.jpg
jd-737 b311-7.jpg

太目のウェリントン型でカラーもBlackなので眼鏡を印象付けたい方にお勧めです。
丸みを帯びているので柔らかい印象になれます。
丸みを帯びたウェリントン型のJD-737 B311Aでした。

MicedrawTokyoのセルフレームはデザインは勿論のこと、カシメ蝶番という手間はかかるけど熱やガタツキに強い伝統的な製法で作られたり、合金の芯を使うことが殆どのセルフレームと違い、軽量でバネ製のあるβチタンの芯を使うことによってしなやかさで軽い掛け心地も大きな魅力です。
これぞMade in Japanという製品ですので、ありふれたMade in ChinaやMade in Koreaの眼鏡に飽きてきた方は是非!!
posted by オリオンマン at 11:00| Micedraw Tokyo

2017年12月04日

JD-736 G140

mdtokyo.jpg

MicedrawTokyoから新作や新色が入荷しましたので、毎度のことながら小出しに紹介していきたいと思います。
今回もお馴染みのJDシリーズの紹介です。

jd-736 g140-1.jpg

JD-736 サイズ 48□19-145 カラー G140 ¥19,000(税別)

jd-736 g140-2.jpg

JD-736は最近大人気のボストンタイプです。
丸は欲しいけどラウンドタイプと言われる完全な丸はちょっと…という方に是非掛けていただきたい形です。

jd-736 g140-3.jpg

カラーはダークブラウンのデミカラーです。

jd-736 g140-4.jpg
jd-736 g140-5.jpg
jd-736 g140-6.jpg
jd-736 g140-7.jpg

ボストンタイプは程よく知的で柔らかい印象に見えますので、男女問わずお勧めです。
カラーもフロントのブラウンは肌馴染みが良く掛けやすいカラーです。
丸い眼鏡を掛けてみたいなという方に是非お勧めなJD-736 G140でした。

MicedrawTokyoのセルフレームはデザインは勿論のこと、カシメ蝶番という手間はかかるけど熱やガタツキに強い伝統的な製法で作られたり、合金の芯を使うことが殆どのセルフレームと違い、軽量でバネ製のあるβチタンの芯を使うことによってしなやかさで軽い掛け心地も大きな魅力です。
これぞMade in Japanという製品ですので、ありふれたMade in ChinaやMade in Koreaの眼鏡に飽きてきた方は是非!!
posted by オリオンマン at 13:17| Micedraw Tokyo

2017年12月03日

JD-736 B312B

mdtokyo.jpg

MicedrawTokyoから新作や新色が入荷しましたので、毎度のことながら小出しに紹介していきたいと思います。
今回もお馴染みのJDシリーズの紹介です。

jd-736 b312b-1.jpg

JD-736 サイズ 48□19-145 カラー B312B ¥19,000(税別)

jd-736 b312b-2.jpg

JD-736は最近大人気のボストンタイプです。
丸は欲しいけどラウンドタイプと言われる完全な丸はちょっと…という方に是非掛けていただきたい形です。

jd-736 b312b-3.jpg

カラーはフロントがクリアブラウンで、テンプルはブランデミです。

jd-736 b312b-4.jpg
jd-736 b312b-5.jpg
jd-736 b312b-6.jpg
jd-736 b312b-7.jpg

ボストンタイプは程よく知的で柔らかい印象に見えますので、男女問わずお勧めです。
カラーもフロントのクリアブラウンは肌馴染みが良く掛けやすいカラーです。
丸い眼鏡を掛けてみたいなという方に是非お勧めなJD-736 B312Bでした。

MicedrawTokyoのセルフレームはデザインは勿論のこと、カシメ蝶番という手間はかかるけど熱やガタツキに強い伝統的な製法で作られたり、合金の芯を使うことが殆どのセルフレームと違い、軽量でバネ製のあるβチタンの芯を使うことによってしなやかさで軽い掛け心地も大きな魅力です。
これぞMade in Japanという製品ですので、ありふれたMade in ChinaやMade in Koreaの眼鏡に飽きてきた方は是非!!
posted by オリオンマン at 14:24| Micedraw Tokyo

2017年12月02日

STYLUS JAPAN SOFT SHIELD RH851S.54 J SS

rh+logo.jpg

今回もrh+の看板商品である“STYLUS”のSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDを紹介します。
NXTソフトというレンズなのに柔らかいという、いい意味で非常識なレンズを装備したスティルスです。

rh851s54-j-ss-1.jpg

STYLUS JAPAN SOFT SHIELD RH851S.54 J SS サイズ 71□11-130 フレームカラー シルバー レンズ NXT(ソフト)可視光線クリアグレー調光 ¥28,000(税別)

rh851s54-j-ss-2.jpg

rh+の代名詞とも言える“STYLUS”は言わずと知れたブランド史上最高の名品です。
発売から10年以上経過しながらも、そのデザインは一切変更がありません。
スティルスにはスモールというレンズシェイプもありますが、NXT SOFTが採用されているのはスタンダードなサイズのみとなります。

rh851s54-j-ss-3.jpg

シルバーなので何色の自転車にも合わせやすいカラーです。

nxtsoft.jpg

指でつまんでもグニュっとなるほどの柔らかさです。
どれくらい柔らかいかをいいますと、厚めの透明なテーブルクロスと同じくらいです。
まぁ柔らかいからといってグニュグニュしているとコーティングが痛みますので、店頭ではテストレンズを用意しておりますので、そちらをグニュグニュして下さいませ。

最も割れにくいレンズ素材NXTの中でもさらにSOFTタイプを使用することで、万一のアクシデントでも眼と顔へのダメージを最小限に抑えます。
まさに眼のエアバックと言われるわけですね。
また最も人気のある、クリアグレー調光レンズにより、夜間から日中まで、全てのシーンをカバーできるオールマイティーレンズです。
しかもこのNXT SOFTの調光レンズは可視光線調光レンズなので、紫外線だけではなく光の強さでもレンズカラーが変化します。
つまり普通の調光レンズでは変化しないUVカットされた車内でも、可視光線調光レンズは濃く変化するのです。
屋外で紫外線を浴びたほど濃くはなりませんが、色は変化します。
透過率が78%〜22%なので夜間運転は適合です。

rh851s54-j-ss-4.jpg

フロントからテンプルへと流れるようなデザインが特徴の一つです。
美しいデザインだけでなく、フレームのテンションを利用して力を分散します。
その効果でこめかみと耳への締め付けを抑え、長時間快適に使用する事が出来ます。

rh851s51-j-ss-5.jpg
ケースはこういう形です。

rh851s54-j-ss-5.jpg
rh851s54-j-ss-6.jpg

紫外線の当たっていない室内や夜間の時は透過率78%の状態です。
写真を撮り忘れたので紫外線を浴びた状態の紹介が出来ませんでしたが、ご想像下さい。

高性能の調光レンズは割れる心配も要りませんから、自転車通勤の方に是非お勧めです。
SOFTレンズは転んで顔にぶつかっても刃物させ通さないテーブルクロスを目の周りに付けているようなものなので、眼だけは守れると思います。
朝には眩しい光をカットするために濃くなり、夜はクリアーレンズで風よけや虫よけなど防具として活躍します。
車の跳ねた飛び石や転んだ時の衝撃からも眼を守れるツールとして、是非掛けていただきたいサングラスです。

今回紹介したSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDは残念ながら度付には対応しておりません。
度付対応はハードレンズであればが可能です。
勿論レンズのカラーを変えたりミラーを追加してお作りすることも可能ですので、これから度付で作ろうという方はもちろん、すでにSTYLUSをお持ちの方で度付にしたいとお考えの方も是非ご相談お待ちしております。
posted by オリオンマン at 12:14| rh+

2017年12月01日

STYLUS JAPAN SOFT-SHIELD RH851S.53 J SS

rh+logo.jpg

今回もrh+の看板商品である“STYLUS”のSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDを紹介します。
NXTソフトというレンズなのに柔らかいという、いい意味で非常識なレンズを装備したスティルスです。

rh851s53-j-ss-1.jpg

STYLUS JAPAN SOFT SHIELD RH851S.53 J SS サイズ 71□11-130 フレームカラー タートイズ レンズ NXT(ソフト)可視光線クリアグレー調光 ¥28,000(税別)

rh851s53-j-ss-2.jpg

rh+の代名詞とも言える“STYLUS”は言わずと知れたブランド史上最高の名品です。
発売から10年以上経過しながらも、そのデザインは一切変更がありません。
スティルスにはスモールというレンズシェイプもありますが、NXT SOFTが採用されているのはスタンダードなサイズのみとなります。

rh851s53-j-ss-3.jpg

スポーツサングラスとは思えない程上品で落ち着いたカラーのタートイズです。

nxtsoft.jpg

指でつまんでもグニュっとなるほどの柔らかさです。
どれくらい柔らかいかをいいますと、厚めの透明なテーブルクロスと同じくらいです。
まぁ柔らかいからといってグニュグニュしているとコーティングが痛みますので、店頭ではテストレンズを用意しておりますので、そちらをグニュグニュして下さいませ。

最も割れにくいレンズ素材NXTの中でもさらにSOFTタイプを使用することで、万一のアクシデントでも眼と顔へのダメージを最小限に抑えます。
まさに眼のエアバックと言われるわけですね。
また最も人気のある、クリアグレー調光レンズにより、夜間から日中まで、全てのシーンをカバーできるオールマイティーレンズです。
しかもこのNXT SOFTの調光レンズは可視光線調光レンズなので、紫外線だけではなく光の強さでもレンズカラーが変化します。
つまり普通の調光レンズでは変化しないUVカットされた車内でも、可視光線調光レンズは濃く変化するのです。
屋外で紫外線を浴びたほど濃くはなりませんが、色は変化します。
透過率が78%〜22%なので夜間運転は適合です。

rh851s53-j-ss-4.jpg

フロントからテンプルへと流れるようなデザインが特徴の一つです。
美しいデザインだけでなく、フレームのテンションを利用して力を分散します。
その効果でこめかみと耳への締め付けを抑え、長時間快適に使用する事が出来ます。

rh851s51-j-ss-5.jpg
ケースはこういう形です。

rh851s53-j-ss-5.jpg
rh851s53-j-ss-6.jpg
紫外線の当たっていない室内や夜間の時は透過率78%の状態です。
写真を撮り忘れたので紫外線を浴びた状態の紹介が出来ませんでしたが、ご想像下さい。

高性能の調光レンズは割れる心配も要りませんから、自転車通勤の方に是非お勧めです。
SOFTレンズは転んで顔にぶつかっても刃物させ通さないテーブルクロスを目の周りに付けているようなものなので、眼だけは守れると思います。
朝には眩しい光をカットするために濃くなり、夜はクリアーレンズで風よけや虫よけなど防具として活躍します。
車の跳ねた飛び石や転んだ時の衝撃からも眼を守れるツールとして、是非掛けていただきたいサングラスです。

今回紹介したSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDは残念ながら度付には対応しておりません。
度付対応はハードレンズであればが可能です。
勿論レンズのカラーを変えたりミラーを追加してお作りすることも可能ですので、これから度付で作ろうという方はもちろん、すでにSTYLUSをお持ちの方で度付にしたいとお考えの方も是非ご相談お待ちしております。
次回もSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDの色違いを紹介させていただく予定です。
posted by オリオンマン at 11:03| rh+

2017年11月28日

STYLUS JAPAN SOFT-SHIELD RH851S.51 J SS

rh+logo.jpg

以前rh+の“STYLUS”を紹介しましたが、以前紹介したのはNXTハードという普通の硬さのレンズでしたが、今回入荷したのはNXTソフトというレンズなのに柔らかいという、いい意味で非常識なレンズを装備したスティルスです。

rh851s51-j-ss-1.jpg

STYLUS JAPAN SOFT SHIELD RH851S.51 J SS サイズ 71□11-130 フレームカラー マットブラック レンズ NXT(ソフト)可視光線クリアグレー調光 ¥28,000(税別)

rh851s51-j-ss-2.jpg

rh+の代名詞とも言える“STYLUS”は言わずと知れたブランド史上最高の名品です。
発売から10年以上経過しながらも、そのデザインは一切変更がありません。
スティルスにはスモールというレンズシェイプもありますが、NXT SOFTが採用されているのはスタンダードなサイズのみとなります。

rh851s51-j-ss-3.jpg

ブラックのフレームにレッド/ホワイトのロゴが映えますね。

nxtsoft.jpg

指でつまんでもグニュっとなるほどの柔らかさです。
どれくらい柔らかいかをいいますと、厚めの透明なテーブルクロスと同じくらいです。
まぁ柔らかいからといってグニュグニュしているとコーティングが痛みますので、店頭ではテストレンズを用意しておりますので、そちらをグニュグニュして下さいませ。

最も割れにくいレンズ素材NXTの中でもさらにSOFTタイプを使用することで、万一のアクシデントでも眼と顔へのダメージを最小限に抑えます。
まさに眼のエアバックと言われるわけですね。
また最も人気のある、クリアグレー調光レンズにより、夜間から日中まで、全てのシーンをカバーできるオールマイティーレンズです。
しかもこのNXT SOFTの調光レンズは可視光線調光レンズなので、紫外線だけではなく光の強さでもレンズカラーが変化します。
つまり普通の調光レンズでは変化しないUVカットされた車内でも、可視光線調光レンズは濃く変化するのです。
屋外で紫外線を浴びたほど濃くはなりませんが、色は変化します。
透過率が78%〜22%なので夜間運転は適合です。

rh851s51-j-ss-4.jpg

フロントからテンプルへと流れるようなデザインが特徴の一つです。
美しいデザインだけでなく、フレームのテンションを利用して力を分散します。
その効果でこめかみと耳への締め付けを抑え、長時間快適に使用する事が出来ます。

rh851s51-j-ss-5.jpg
ケースはこういう形です。

rh851s51-j-ss-6.jpg
rh851s51-j-ss-7.jpg
紫外線の当たっていない室内や夜間の時は透過率78%の状態です。

rh851s02-js-7.jpg
rh851s02-js-8.jpg
紫外線に当たると透過率22%の濃いサングラスに変化します。(写真を撮り忘れたのでレンズシェイプがSMALLですがご了承ください。)

高性能の調光レンズは割れる心配も要りませんから、自転車通勤の方に是非お勧めです。
SOFTレンズは転んで顔にぶつかっても刃物させ通さないテーブルクロスを目の周りに付けているようなものなので、眼だけは守れると思います。
朝には眩しい光をカットするために濃くなり、夜はクリアーレンズで風よけや虫よけなど防具として活躍します。
車の跳ねた飛び石や転んだ時の衝撃からも眼を守れるツールとして、是非掛けていただきたいサングラスです。

今回紹介したSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDは残念ながら度付には対応しておりません。
度付対応はハードレンズであればが可能です。
勿論レンズのカラーを変えたりミラーを追加してお作りすることも可能ですので、これから度付で作ろうという方はもちろん、すでにSTYLUSをお持ちの方で度付にしたいとお考えの方も是非ご相談お待ちしております。
次回はSTYLUS JAPAN SOFT-SHIELDの色違いを紹介させていただく予定です。
posted by オリオンマン at 11:10| rh+

2017年11月27日

peggy l. shiny bronze

ic! logo.jpg

今回もネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回は当店では色々なカラーで大人気のpeggy l.の新カラーが入荷したので紹介させていただきます。

Peggy_L_72dpi_web.jpg

peggy l.-10.jpg

peggy l. サイズ 52□17-145 カラー shiny bronze ¥46,000(税別)

peggy l.-9.jpg

線が細くバランスの良いデザインが魅力のpeggy l.です。
一番クセがなく、ic! berlinを掛けてみたいけど仕事でそれほど主張なく掛けたいんだけど…という方には是非お勧めです。
天地幅も十分あるので遠近両用でお使いいただけます。
baseカーブが4カーブなので、非球面のレンズを使ってもそれほど出来上がりのイメージが変わらないのもいいですね。

peggy l.-12.jpg

新色のシャイニーブロンズですが、ピカピカしたブロンズです。
ゴールドっぽくも見えますが、ic! berlinが昔から使っているピカピカゴールドほど黄色くありません。
どちらかと言えばchromeに近いかなという印象です。

peggy l.-13.jpg
peggy l.-14.jpg

光の反射で色が紹介しにくいのですが、これがなんとなく実物の印象に近いように見えます。

peggy l.-15.jpg
peggy l.-16.jpg

男性が掛けても嫌みなく掛けられるピカピカカラーです。
chromeだとピカピカし過ぎてちょっと抵抗があるなと思っていた方でも、シャイニーブロンズなら肌に色が近いので比較的掛けやすいと思います。
ic! berlinは最近新色が続々と登場しているので楽しみですね。
posted by オリオンマン at 13:47| ic!berlin

2017年11月26日

“ic! berlin young” friedrich wilhelm

ic! logo.jpg

今回もネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回紹介するfriedrich wilhelmも前回同様“ic! berlin young”のモデルです。
ic! berlinのデザインチームが長年にわたり、子供や親そしてオプティシャンと緊密に協力して、青年の顔やライフスタイルのニーズに合わせて開発したのが“ic! berlin young”です。
完成されていない成長の過程にある若い彼らの顔が必要とするプロポーションに設計。
超軽量な0.5mm厚のステンレスシートメタルフレームと低アレルギー性ゴムで覆われたフレームは、座られたり、踏みつけられたり、スクールバッグに放り込まれたりと「イマドキの若者」の青春のライフシーンをタフにサポートしてくれます。

Anna_wears_Friedrich_Wilhelm_black.jpg

friedrich wilhelm-2.jpg

friedrich wilhelm サイズ 47□20-135 カラー dark red / chrome ¥42,000(税別)

friedrich wilhelm-1.jpg

friedrich wilhelmもいわゆるヤング向けですが、顔が小さければ立派な大人の方にもお勧め出来るサイズです。
形はウェリントン型でこれまた掛けやすいデザインですね。
friedrich wilhelmはステンレスに柔軟性のあるゴムを組み合わせたシリーズのヤング向けです。

ラバーコレクションと呼ばれるこのシリーズは作り方もなかなか凄いんです。
細かい穴が多数空けられたステンレスに、高温で溶かされた液状のTPE-Uが射出形成され、冷やされて固まることで弾性のあるゴムのように変化します。
TPE-Uというのは熱可塑性エラストマーという素材で、プラスチックとゴムの中間のような素材みたいです。
細かい穴にTPE-Uが通って流れることでフレームと一体化するので、耐久性も抜群です。
熱や傷にも強く、ゴムっぽいけど天然のゴムを使っているわけではないので、ゴムアレルギーを持つ人にも安心なんです。

friedrich wilhelm-4.jpg

テンプルは少し珍しい8mm幅のタイプですが、135mmと少し短めです。

friedrich wilhelm-5.jpg

ゴム(厳密にいうとゴムではない)で覆われているので、分解してレンズを入れることは出来ません。
どうやってレンズを入れ替えるのかというと、角の隙間を使ってはめ込むという結構強引な手法なんです。

friedrich wilhelm-6.jpg

ノーズパッドは新型です。

friedrich wilhelm-7.jpg
friedrich wilhelm-8.jpg

戸塚君が掛けても何の違和感もないサイズ感です。
カラーは新色のdark redです。
メタルでもこのカラーは登場しますので、是非お楽しみに。
posted by オリオンマン at 12:26| ic!berlin