千葉県我孫子市にある眼鏡店

Silhouette(シルエット)ic! berlin(アイシー・ベルリン)MYKITA(マイキータ)Micedraw Tokyo(マイスドロートーキョー)MonkeyFlip(モンキーフリップ)OAKLEY(オークリー)WILEY X(ワイリーエックス)ESS(イーエスエス)など県内では取扱店の少ない希少なメガネを取り扱っております。

営業時間 AM9:30〜PM7:30

定休日 木曜日

住所
 〒270-1143
 千葉県我孫子市天王台1-1-30天王台ロイヤルマンション1F

п@04-7184-8391

E-mail info@orionmegane.com

http://www.orionmegane.com

2019年03月16日

木製A3書類ケース

01f2eb1fa34e29cb1404d61eca38bc8338ce759da1.jpg

プレオープンから数日経ち、その後も色々な手直しや配置の見直しなどを進めてほぼ思っていた通りの完成形に近づいてきました。
その中でも眼鏡をしまっておくタンスのような物がようやく完成したので、完成までの過程も見ていただければと思います。

 メガネを入れておく引き出しの付いた什器というのは、既製品として売られているものはほとんどなく、ほぼオーダーメイドで注文する物なのです。
しかしオーダーするというのはとてもお値段もかかりますし、お手頃価格でどうにかならないものかというのは、この移転を考えてからの難題でした。

 そもそも今までのお店は広かったので、眼鏡のストックをしまうことなく全てお店で並べていられたのです。
しかし今回の移転先は狭くなるので全てのストックをお見せすることはほぼ無理な状況でしたし、そもそも全てお見せしておくスタイルが好きかと言われればそうでもなかったのです。
狭い場所に敷き詰められた眼鏡から自分の気になる一本を見つけていただくという、ドン・キホーテのような量販店スタイルではなく、お客様と対話することで提案したり要望に沿った眼鏡をご覧いただいて選んでいただくスタイルの方が狭い当店には合っていることは明らかですし、そうでありたいと思っていました。

 丁度いい什器が見つかったのは偶然でした。
ヤフオクでたまたま木製書類ケースというのを見つけたのです。
カントリースタイルの書類ケースと書かれていましたが、詳しく見てみるとサイズも色々あり徳島県南産杉でハンドメイドで作られているとのこと。
私は両親が徳島県出身ですし私も徳島県生まれなのでとても親近感がわくと同時に、運命的なものも感じました。
サイズは眼鏡を並べた時に一番丁度いいサイズがA3だったこともありA3の3段という物をまずは購入してみることに。
2週間ほどで届いたA3の木製書類ケースは杉のいい香りがする可愛い物でした。
早速眼鏡を並べてみると思っていた本数の眼鏡が置けましたが、引き出しを開け閉めするとフレーム同士がぶつかってしまいますし、中に仕切りが必要だということは明白です。
100円ショップで工作用紙とフエルトを買ってきて、カッターを使って折り線をつけて試作してみましたが、どうにか形にはなると思い、店の商品が全て入りきる計算をして10段の書類ケースが4つ必要とわかりオーダーしました。
結局オーダーじゃないか!と思うかもしれませんが、普通に眼鏡用の什器を買う4分の1位の価格なんです。
結局10段の書類ケースが4つ届いたのは前のお店を閉店してからの納入で、中の仕切りはまだ一つも完成していませんでした。
中の仕切りをちゃんと作り始めたのは3月に入ってからで、それからは家に帰ってからも内職のように嫁さんに手伝ってもらいながら夜にTVを観ながら作業を続けました。

010214e5e197e21b898b5708f0ffb77b9ee30ad2d0.jpg
色も杉の色そのままだと少し和風な感じで会わなかったので、内装を仕上げて下さった大工さんお勧めのワトコオイルというのを塗って色も変えました。

 ここで作り方を説明していきます。
結果的に言うとこんな面倒くさいこと2度とやりたくないです。
なので個人的に眼鏡用の引き出しで一つ作ってみようかなぁという人の為になればいいと思うの1割で、残りの9割はこんなにつらい思いして作りました!という私の苦労自慢です。

0185f3ff3adb6c90c559dbae7223373d4a4eaa37c5.jpg
1. まず工作用紙(ダイソーで5枚100円)に折り目を付ける作業です。
  折り目は山折り谷折りが続くので、カッターでは不向きだなと思っていたところ、
  母がルレットという洋裁に使う歯車の付いたのが使えるんじゃない?
  とのことで使ってみると谷折りも山折りも自由自在に使えて便利でしたので、
  ルレットでしっかりと折り目を付けていきます。
  20mmの所にまず折り目を、そして50mm、25mm、25mm、50mmと付けていきます。
  25mmは山の部分になり、50mmは眼鏡の置く所です。
  3回目の50mmが終わり、次の25mmの所でカットします。
  これを2つ作り、カットした部分同士をセロハンテープなどで簡単につなぎ合わせます。

2. 工作用紙を裏にして、ノリを塗ってフエルトを貼ります。
  ノリは何でもいいと思いますが、私はお馴染みのアラビックヤマトを使いました。
  端が余りますが、1cm位残して切り取ります。
  切り取った部分は最後の仕切りに使いますので大切に残しておきます。

3. 1cm位残しておいた部分に両面テープを張って表に出てこないようにします。
  最初は留めずにやっていたのですが作業していて折っていくときにとても邪魔だったので、
  両面テープで留めておくことをお勧めします。

014b2d98c62d0da94293b87ce56411559e4e51a4f8.jpg
4. 山折り谷折りと地道に折っていきます。
  最初は堅い物を使ってしっかりと折り目を付けて作っていましたが、
  手で簡単に折り目を付けた物と比べてもそんなに変わらなかったので簡単でいいと思います。
  しかし手で簡単に折るといってもとてもつらい作業で握力がなくなってきます。

5. 引き出しに入れていきます。
  が、最初はぼよーんとバネが効いたみたいに飛び出してきますので、
  上に雑誌かなんかを置いた方がいいと思います。

01a4ce48f82a4071bfa73684db98e678338cb966fe.jpg
6. 最後に仕切りをはめ込みます。
  仕切りは作り方説明するのを忘れていたのでこんな感じで作って下さい。
  そしてハメ込めば完成です!

010d373f75f312b1ff5d7bfbe25324f04bd24827fe.jpg
最後に眼鏡を入れればもう手作りとか気にならない感じにはなります。
1段あたり200円足らずで出来ますので、1段くらい作ろうという方にはお勧めです。
が、それを40段も作るのは正気の沙汰ではないのでお勧めしません。
しかしフエルトの中で暖かく眠っているみたいなお蚕さんのような眼鏡は可愛いもんです。

ということで今回は頑張って夜な夜な内職して作った眼鏡の引き出しを紹介させていただきました。
お店にご来店の際には飾っている眼鏡だけでなく是非A3木製書類ケースもご覧下さい!!
posted by オリオンマン at 15:43| 日記

2019年03月10日

実はプレオープンしてます。

前回のブログから一ヶ月以上経ってしまいましたが移転作業は思っていた以上に大変なものでした。
移転先を真剣に検討したのが昨年の10月で、その後店舗内の配置を以前自宅マンションのリフォーム時に買ったパソコンソフトでシュミレーションして、それを基に数社の施工業者に見積もりをしていただき、最終的に一社に決めたが1月に入ってからで、1月の末から内装工事が始まり2月20日頃には大体の内装が終わり、23日(土)までの閉店セール終了と同時に移転作業が始まりました。
25年近く同じ店で商売をしていると不必要な物が本当に多くあり、コンマリメソッドのようにときめくかときめかないかで仕分けしていきました。
眼鏡屋ならではの機械類や棚や机など大きな物は、いつもお世話になっているSilhouetteの営業さんと卸屋さんの力も借りて、数十年の付き合いがあるお客様であり友人に借りた大きな台車や電動リフトの付いたハイエースで半日かけて運びました。
そして2月28日まで毎日撤去する棚を破壊したり丸ノコで細かくしたりと、解体工事と引越し作業を並行していきました。
3月に入ってからも新しいお店で使う棚や机の組み立てや棚の設置など、ほぼトンカチとネジ回しを手にする作業が続き、3月2日のオープンを目標にしていましたが、3月3日(日)に目標を変更して、3月3日にはプレオープンという形で何とか眼鏡屋業務が出来るところまで行きました。
が、思っていたような完全な形になるにはまだ時間がかかるなという感じです。
どこに何があるか手探りな状態で日々過ごしており、眼鏡をしまっておく引き出しの仕切りもまだ半分も作れていない状態です。
そんなこんなでブログも全然更新できず今に至っております。
紹介したい眼鏡も色々ありますけど、今回は移転後初ということもあるので、これまでのことを書いておこうと思い、こういう形になりました。
お店の中の写真はちゃんとしてから撮って紹介したいと思っていますので、とりあえず今回は外観や看板、そしてパソコンソフトでの店内図を載せておきますので、こんな感じなんだなと思っていただければと思います。

まずは外観です。
genkann .jpg
写真を撮ろうと思うと雨ばかりで夜の写真しかありませんがこんな感じです。
マンションの1F部分のテナントで、隣は映っておりませんがアビニヨンさんという人気洋菓子店です。

012c6395a8bd6422e19ed7dd389f56bf863d023e96.jpg
入口の上には眼鏡の絵を描いてもらいました。
よく見るとテンプル部分がorionと書かれています。
これを描いて下さったNさん自身も描いて気に入って下さっていましたが、ありがちな眼鏡の絵にしたくなかったので本当に満足しております。

続いて看板です
01d6564b888889ddbf592b914fc90f279f094914ea.jpg
外観がヨーロッパの街中にありそうな雰囲気だったので極力カタカナを入れたくないなということでしたが、ご年配の方や小さい子にもわかるように看板だけはわかりやすくしようとなり、無骨な感じの角看板をシンプルにブラックで白文字でオリオンメガネと作っていただきました。
このフォント後で思ったんですがマツモトキヨシっぽいフォントですね。
まぁ私は松戸市民なのでマツモトキヨシっぽいフォントも何かの縁を感じます。

最後に店内図です
tennnai.jpg
大体こんな感じでとパソコンソフト上で作ったものですが、大体こんな感じに出来上がってはいます。
ちゃんとしたらまた店内写真でも撮って紹介できればと思っておりますのでどうぞお楽しみに!
まだまだしっかり完成している訳ではありませんがご来店お待ちしております!!
posted by オリオンマン at 19:47| 日記

2019年02月08日

店舗移転のお知らせ

閉店.jpg
いつもブログをご覧いただき有難うございます。
当店は今月末で今の場所を離れることになりました。
この場所で23年間にわたりお店を営業してきましたが、来月移転させていただきます。
移転というとどこか別の遠くの場所へ行ってしまうのかと思われがちなんですが、
距離で言うと150mほど移動するだけなんです。
お店の広さは横幅が細くなってしまうので狭くはなりますが、眼鏡屋をやるには十分な広さです。
これまでのように持っている商品を全て並べてどうぞ全部見て下さい!というスタイルではなく、お客様と接客しながら商品を紹介するスタイルに少し変わるとは思いますが、全部見たい!という方には全てお見せすることも全く問題ありませんのでどうぞよろしくお願いします。
最近ブログが滞りがちなのは新しいお店を作るのに色々決めないといけないことや考えないといけないことがあり過ぎて、ほとんど週刊オリオンメガネ状態になっていましたが、来月移転して落ち着いたころには週に2、3日はブログで新しい眼鏡を紹介していけると思います。
一応3月にはオープンするつもりで動いておりますが、20年以上も同じ場所で商売をしていると本当に物が多すぎて、今月末の引っ越しはとんでもなく時間と労力が必要になると思います。
今週から移転のための閉店セールをさせていただいておりますので、是非この機会にお立ち寄りいただければと思っております。
posted by オリオンマン at 12:08| 日記

2019年02月03日

the lone wolf

ic! logo.jpg

lone_wolf.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回紹介する the lone wolfはThe Cinematik Collectionとして発表された一本で、一匹狼というモデルです。

the lone wolf-3.jpg

the lone wolf サイズ 51□19-145 カラー teak ¥49,000(税別)

the lone wolf-1.jpg

映画でよくある一匹狼というキャラクターは、請け負った仕事を無口にプロフェッショナルに成し遂げるというどこか無骨な感じのする男って感じのキャラクターですが、このthe lone wolfにはそんな無骨なキャラクターに合う感じがします。

toru n-4.jpg

テンプルは6mm幅の細いタイプですがテンプルのエラストマーは新型です。

the lone wolf-5.jpg
the lone wolf-6.jpg

戸塚君が掛けると真面目な事務職員っぽい雰囲気になりますが、顔にシワが刻まれた無口な感じの方が掛けると男の哀愁が漂うような雰囲気が出るんでしょう。…きっと。
我こそは一匹狼という方には是非お勧めですが、普通に真面目そうな眼鏡を探している方にもお勧めのthe lone wolfの紹介でした。
posted by オリオンマン at 14:49| ic!berlin

2019年01月28日

oroshi

ic! logo.jpg

Oroshi-7.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回紹介するoroshiは全く新しい構造のic! berlin silkのモデルです。
わずか3.5mmの細さのテンプルは、これまでのどのic! berlinよりも上品で軽やかなアイウェアです。

oroshi-3.jpg

oroshi サイズ 48□21-145 カラー graphite ¥49,000(税別)

oroshi-1.jpg

流行りというよりも定番化した感じのあるラウンド型です。
しかしsilkということもあり物凄く繊細で物凄く軽いです。
風の強い日は用心しないと飛ばされる危険を感じるほど軽いです。

oroshi-4.jpg

テンプルは極細3.5mm幅の全く新しい構造です。

oroshi-5.jpg
oroshi-6.jpg

ラウンド型はリムが太いとコミカルになりがちですが、このoroshiであればラウンド型が醸し出す知的な部分のみが主張されるので、誰もが知的な印象になれると思います。
次回もic! berlin silkではありませんがic! berlinの紹介をさせていただく予定ですのでお楽しみに!
posted by オリオンマン at 10:30| ic!berlin

2019年01月20日

RH323V03

rh+logo.jpg

POP_Hilex_304V_Squear.jpg

昨年色違いを紹介すると言っておきながら年を越して紹介し忘れていたrh+のフィールドメガネを紹介します。

rh323v03-1.jpg

RH323V LEGERO サイズ 54□17-140 フレームカラー タートイズ×ブルー ¥27,000(税別)

rh323v03-2.jpg

RH323Vはレジェロの中でも一番日本人好みでデザインで、男女問わず掛けられるモデルだと思います。
程よい天地幅もありますから遠近両用でお使いいただくことも出来ます。

フレームに軽く強靭な素材HILEX(ハイレックス)を採用しています。
HILEXとは航空宇宙工学で開発された最新素材です。
物理的な強靭性に加え、耐薬品性にも優れ、また-30℃〜-165℃などの温度変化でも素材の変化や劣化が極めて少ない特殊素材です。

rh323v03-3.jpg

テンプルにはrh+のロゴマークがグレーでプリントされています。
テンプルエンドには滑り難い青いラバーパーツが埋め込まれています。

rh323v03-4.jpg

頭部に沿って巻きこむようにしっかりフィットする形をしています。

rh323v03-5.jpg

日本人用に3mmのノーズ加工がされています。
クッション性のあるノーズパッドは鼻へのストレスも軽減します。

rh323v03-6.jpg
rh323v03-7.jpg

rh+の作り出す眼鏡はとにかく軽くで丈夫です。
フィッティングはフリーなのでそのまま掛けていただくことになりますが、頭部を軽く適度な力加減で包み込んでくれるので耳の長さに関わらずズレる心配も要らないと思います。
柔らかいのはテンプルの部分のみで全体がフニャフニャ頼りないような掛け心地ではありませんので、一度掛けて軽さとフィット感を体験していただきたい眼鏡です。
posted by オリオンマン at 15:00| rh+

2019年01月09日

toru n.

ic! logo.jpg

ネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回紹介するtoru n.は天地幅に比べて横幅がかなりある珍しいタイプのモデルです。

toru n-3.jpg

toru n. サイズ 57□17-145 カラー teak ¥49,000(税別)

toru n-1.jpg

最近は天地幅も横幅も大きなモデルが多かったのですが、今回紹介するtoru n.は横幅だけがあるモデルです。
顔の幅が大きい方が自分の顔に合ったサイズを選ぶと、天地幅も大きないわゆるオジサン眼鏡しか選択肢がないことが多々ありましたが、このtoru n.であれば横幅も丁度良く、天地幅は狭めに見えるので、スッキリとした印象になります。

toru n-4.jpg

テンプルは6mm幅の細いタイプですがテンプルのエラストマーは新型です。

toru n-5.jpg
toru n-6.jpg

戸塚君にとっては少しブカブカな感じがありますが、こめかみにフレームが食い込んだりしている方にとってはお勧めです。
こういうモデルを待っていた!という方は是非ご来店お待ちしております!
posted by オリオンマン at 11:24| ic!berlin

2019年01月07日

dahlitz c.

ic! logo.jpg

dahlitz c..jpg

新年一発目はネジも溶接もない全く新しい眼鏡を作り上げたic! berlinの紹介です。
今回紹介するdahlitzは以前紹介したfriedrich wilhelmと同様に、超軽量な0.5mm厚のステンレスシートメタルフレームと低アレルギー性ゴムで覆ったフレームです。

dahlitz c-3.jpg

dahlitz c. サイズ 53□19-145 カラー black / black ¥53,000(税別)

dahlitz c-1.jpg

ウェリントン型の掛けやすいdahlitz c.ですが、ラバーコレクションと呼ばれるこのシリーズは作り方が凄いんです。
細かい穴が多数空けられたステンレスに、高温で溶かされた液状のTPE-Uが射出形成され、冷やされて固まることで弾性のあるゴムのように変化します。
TPE-Uというのは熱可塑性エラストマーという素材で、プラスチックとゴムの中間のような素材みたいです。
細かい穴にTPE-Uが通って流れることでフレームと一体化するので、耐久性も抜群です。
熱や傷にも強く、ゴムっぽいけど天然のゴムを使っているわけではないので、ゴムアレルギーを持つ人にも安心なんです。

dahlitz c-4.jpg

テンプルは6mm幅の細いタイプですがテンプルのエラストマーは新型です。

dahlitz c-5.jpg

前回のコレクションでは全体がゴム(厳密にいうとゴムではない)で覆われていたのですが、今回のはちゃんと分解できる仕様になっています。

dahlitz c-6.jpg
dahlitz c-7.jpg

見た目以上に軽く、傷も付きにくい新しいシリーズとしてこれからも新しいコレクションで登場し続けるといいなと思うこのラバーコレクション。
色々なカラーで作ることも簡単だと思うので、これからもますます楽しみなic! berlinでした。
posted by オリオンマン at 13:35| ic!berlin

2019年01月05日

2019年今年もよろしくお願いします。

20190105.jpg

2019年も始まり1月4日から営業しておりますが、今年も宜しくお願いします。
私の年末年始は毎年のように行っていた格闘技観戦が今年も出来ずに、家で大人しく年を越しました。
格闘技イベント“RIZIN”は家での観戦でしたが、女子のタイトル戦を闘った浅倉カンナ選手には息子が柔術を教わっていたこともあり、TVの前で応援しました。
残念ながらカンナ選手は負けてしまいましたが、これまでRIZINの女子格を背負うような活躍をしてきたので、いつか対戦相手の浜崎選手にリベンジできるようこれからも頑張って強くなって欲しいなと思いました。
RIZINのメインイベントでは去年サイン入りグローブを頂いた那須川天心選手が50戦無敗の王者フロイド・メイウェザーと戦いました。
体重差だとかボクシングを舐めてるとか試合前から試合後まで色々言われていましたが、メイウェザーを日本のリングに上げることが出来たのはとんでもないことですし、那須川選手以外にそれが務まる選手が居ないので、私としてはいい意味でも悪い意味でもこれだけ論争が起きるということはそれだけで凄いことを成し遂げたのですから、胸を張ってもらいたいと思います。
体重差から来るメイウェザーのパンチでダウンを取られた後も、あの圧力を掛けて来る相手に守りを固めて怖がるのではなく向かっていく那須川選手はやはり凄いと思いますし、メイウェザーも流石だなと思いました。
メイウェザーは全く練習している素振りも見せず、ニヤニヤ遊びに来たみたいに振舞っていましたが、ボクシングのプロが見ると明らかに那須川選手の対策をして来たのがわかるそうです。
那須川選手を挑発しながらもにじり寄って動く方向をふさぐように脚を留めさせ、体格差を利用して…と色々素人にはわからないことをやっていたそうです。
まぁ結果はどうあれイベントとしては盛り上がりましたし、やはり現地観戦したかったなぁと。
本当は行きたかったのですが、去年まではチケットが売り切れるなんて想像もつかなかったので、発売されてもそのうち買おうかなとぼやぼやしているうちに完売してしまい、行けないという情けないことに。
結構席が余っている頃に現地観戦していた自分としてはこの完売するほど盛り上がっている状況が凄く嬉しいんです。
嬉しいんですけど一番盛り上がってきている状況なのにそこへ参加出来ていないという…まぁそんなもんですよね。
なので正月早々ですが、今年最後の行事は大晦日さいたまスーパーアリーナで過ごす!ということを宣言したいと思います。

ちなみに写真のうりぼうウリ坊は私の母が作ったちりめん細工です。
一昨年の酉、去年の戌と同様、一年間ずっとこのポーズでお客様をお待ちしております。
では本年も宜しくお願い申し上げます。
posted by オリオンマン at 14:41| 日記

2018年12月29日

RH323V02

rh+logo.jpg

POP_Hilex_304V_Squear.jpg

rh+からフィールドメガネというフレーム素材全てにHILEXを使用した、タフで軽いメガネフレームの紹介です。

rh323v02-1.jpg

RH323V LEGERO サイズ 54□17-140 フレームカラー マットブルー×オレンジ ¥27,000(税別)

rh323v02-2.jpg

RH323Vはレジェロの中でも一番日本人好みでデザインで、男女問わず掛けられるモデルだと思います。
程よい天地幅もありますから遠近両用でお使いいただくことも出来ます。

フレームに軽く強靭な素材HILEX(ハイレックス)を採用しています。
HILEXとは航空宇宙工学で開発された最新素材です。
物理的な強靭性に加え、耐薬品性にも優れ、また-30℃〜-165℃などの温度変化でも素材の変化や劣化が極めて少ない特殊素材です。

rh323v02-3.jpg

テンプルにはrh+のロゴマークがグレーでプリントされています。
テンプルエンドには滑り難い赤いラバーパーツが埋め込まれています。

rh323v02-4.jpg

頭部に沿って巻きこむようにしっかりフィットする形をしています。

rh323v02-5.jpg

日本人用に3mmのノーズ加工がされています。
クッション性のあるノーズパッドは鼻へのストレスも軽減します。

rh323v01-6.jpg
rh323v02-7.jpg

rh+の作り出す眼鏡はとにかく軽くで丈夫です。
フィッティングはフリーなのでそのまま掛けていただくことになりますが、頭部を軽く適度な力加減で包み込んでくれるので耳の長さに関わらずズレる心配も要らないと思います。
柔らかいのはテンプルの部分のみで全体がフニャフニャ頼りないような掛け心地ではありませんので、一度掛けて軽さとフィット感を体験していただきたい眼鏡です。
次回も色違いを紹介する予定です。
posted by オリオンマン at 10:32| rh+